スプリングS 2021【全頭診断+適性チャート】

この度は記事をご購入頂きありがとうございます。
この記事ではスプリングSを適性チャートを使用して全頭診断していきます。
よろしくお願いします。

 

1.コース解説・ラップ分析

スプリングS 過去5年の平均ラップ
前後半3F(36.3
-35.8)
12.6 11.6 12.0 12.4 12.1 12.0 12.1 11.7 12.1

坂スタートの為前半スローで流れやすいコースだが、ドスロー競馬にはなりずらいく、同舞台の中山牝馬Sや中山記念の過去5年の前半3FよりスプリングSの方が速く出ている。

2020年はドスローで流れた為、普段と問われた適性が大きく変わったが、基本的にスロー~ミドルからL5で速くなり、そのままロンスパ戦になるので、持続力、機動力、前半速くなる影響でタフさが求めらる。

この適性は皐月賞とマッチしており、弥生賞組よりスプリングS組から好走が多いのは、こういった要因が働いていると思う。

メンバー次第では、昨年のようにドスロー瞬発力勝負になる可能性もあると思ったが、当日は相当雨が降るようなので、瞬発力的な要素は問われず、タフさや道悪適性が問われるだろう。

求められる適性
①持続力
②機動力
③タフさ

 

 

2.全頭診断

※枠順や追い切りの評価なしで、馬の適性をフラットに表した物ですので参考程度までに。

チャートや一致率はあくまで目安でお考え下さい。ベースは見解です。

除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アールバロン

※サンプル不足でチャート化不可
前走は道中アップダウンがあり、ロスにはなったが、前半ドスロー+トラックバイアスイン前の恩恵の方が大きかった3着だろう。
新馬戦は快勝だったが、流石に相手関係が楽だったし、スロー番手競馬の展開有利も働いた。
道悪がどう出るかだが、現状自力不足と考えている。
適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

アサマノイタズラ

※サンプル不足でチャート化不可
前走は内で包まれそれまでとなったが、スムーズなら十分勝ち負けだっただろう。
ただし過去3戦を中山で走っているが、すべてラップが緩んでおり、流れた展開でも2走前のようなパフォーマンスが発揮できるか。といったところ。
急坂に関しては苦にならず、掻き込み系の走法をしているので、良馬場のスピード比べより道悪の方が誤魔化せる可能性はある。
新馬戦でボーデンに完敗しているが、道悪ならチャンスはあるかもしれない。
適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

イルーシヴパンサー

前走はレインフロムヘヴンに完敗したが、休み明けで+24キロと増やしてきているので、メイチはここだろう。
叩いた上積みはあるし、後述する勝馬レインフロムヘヴンとエフフォーリアの関係からこちらも能力の裏付けはある程度できる。
評価したいのは2走前。
ドゥラモンドに完敗したように見えるが、ラップ的にコーナー外の不利はなくスムーズに加速できた機動力タイプのドゥラモンドには向いた展開。
一方イルーシヴパンサーは、インで詰まりながら、直線外へ出してからの伸びで着差0.1秒と、ドゥラモンドより強い競馬をしている。
ドゥラモンドはその後結果が出ていないが、小回りでタフなレースを好むので近2走は適性外。
前走完敗しているが、折り合いを欠いた消耗が大きく理由は付く。
また、道悪に関してはピッチ走法で熟せるイメージは強いし、前走太目残りからの叩き2戦目で上積みが見込める今回は面白い存在だと思う。
適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

オンザライン

※サンプル不足でチャート化不可
前走はパワーのいる中山ダートでの勝利だが、相手関係が弱い。
自力不足と見ている。
適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

セルジュ

※サンプル不足でチャート化不可

ここは自力不足だろう。
2走前の中山道悪も6着と着は詰めたが、インで走っていただけで特に強調材料がない。
適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

ニシノオイカゼ

※サンプル不足でチャート化不可

新馬戦はドスロー逃げでそのまま残し勝ったが、4角回った順で決着しており、ここでは能力も適性も何とも言えない。
とりあえずここは様子見。
適性評価:?
能力評価:?
総合評価:?

ボーデン

ストライドが大きく持続性能に長けているタイプかと思う。
それの証明になったのが前走未勝利戦の圧勝劇だろう。
このレースで後続は持続性能が問われ、ボーデンは4角から押し上げスピードに乗ってからほぼ衰えず突き抜けた。
このパフォーマンスを演出できたのは、ストライドの大ききからくる持続性能があってこそだろう。
ただストライドが広い分、内回りや道悪に関しは疑問が付くし、新馬戦では急坂での加速性能に劣っていた。
ベストは持続性能が活かせる広いコースの中距離で、良馬場条件という印象。
適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

ランドオブリバティ

ホープフルSはコーナー手前変換不良で外へ吹っ飛び競争中止。
原因は様々あると思うが、3走前も4角+直線入り口で手前を何度も変えており、まだ幼さを感じる。
前走のきさらぎ賞は、出遅れ大外からの差しで3着まで。
直線入り口手前変換で外にヨレ、ラストも脚が残っていなかった。
9番手から追い込んだヨーホーレイクと上がりタイムで0.4秒差はスピードと持続性能で負けたものと思われる。
前走の内容だと、距離短縮は良いと思うし、スピードよりもパワー型で掻き込みの強いピッチが特徴。
となると合うのは中山で、道悪は走法からある程度熟せる可能性がある。
あとは手前含め、馬の成長分次第だろう。
適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

レインフロムヘヴン

前向きな気性で、前走、2走前とテンション高く発汗して行きたい素振りを見せていた。
ただそれでも前走は、ラスト少し足を使っただけのようなレース内容で、まだ底は見せていないような走り。
過去4走全て東京を使っているが、持続性能やしぶとさを踏まえると中山も熟せるイメージはある。
2走前エフフォーリアに次ぐ2着だが、3,4角捲ってそのまま持続力で押切を計るような走りで、稍詰まりながらも溜めの効いたエフフォーリアの方が使った脚は短い。
ただそれでも上がりタイム0.3秒差、着差0.2秒なら十分能力の裏付けにはなったと思う。
トップスピードよりもタフな持続性能が長所だと思うので、中山なら先行粘り込みという形で通用してもおかしくない。
気性的は課題だが、短縮+道悪で誤魔化せる可能性はある。
適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

ロードトゥフェイム

※サンプル不足でチャート化不可
とにかく上がりの掛かる条件を好むタフなスタミナタイプだろう。
道悪も熟してきているし、ピッチ走法なことからも道悪適性は頷ける。
中山の条件は合うだろうし、当日の雨も味方するだろう。
あとは当日のバイアスと自力が足りるか。
適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

ワールドリバイバル

※サンプル不足でチャート化不可
まず道悪はマイナス材料だろう。
この産駒はダートや道悪などパワーのいる条件はあまり走らない。
4走前に稍重で勝ちはしているが、この時は時計が出ており、道悪といえるレベルではなかったため無視。
前走小回りで勝利したが、後傾2.1秒、1000m通過61.9のドスロー競馬の逃げ残り。
評価としては難しい。
適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

ヴィクティファルス

ピッチ走法で機動力に長けているタイプかと思う。
内回りや小回り経験はないが、先行して小足を使って抜け出すような競馬がベストなイメージ。
また前走共同通信杯を2着に粘った内容からも、トップスピードは高くないが粘り込める持続力や底力的なタフな要素も評価できた。
先行できれば、前目から機動力と持続性能で粘り込めるチャンスはあるはずなので、舞台としては合うと思う。
それとこれまで小頭数しか経験できていないので、できればスムーズな競馬が理想。となるとやはり先行ベスト。
適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

ヴィゴーレ

ホープフルSは4角出口で前が塞がりブレーキを掛ける形となったが、それにしても負けすぎている。
恐らく溜めた方が弾けるような馬で、前走つばき賞では、前が崩れる展開の中、インの後方でしっかり脚を溜めることができ、ラストの脚に繋がったのかと思う。
ただ溜めてからのトップスピードが武器な馬だけあって、道悪ではその長所が活かせない。
道悪時はラップのアップダウンがなくなるため、ワンペースで走れるような馬にラップ的な適性が向くためだ。
素質のある馬だが、道悪という点でも割引と考え別の機会に狙いたい。
適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

ヴェイルネビュラ

前走で中山を熟せたという見方もできるが、外回りでコーナーラップ(12.7-12.3)と明らかに緩んでおり、ストライド寄りの走法で楽に外を回しコーナー加速できた為、このレース内容だけで中山適性を判断するのは少し難しい。
2走前は3F瞬発戦となり完全なキレ負け。
となるとトップスピード戦×瞬発力戦にならない、持続性能を活かせる舞台に適性があるのだろう。
今回トップスピードが誤魔化せる舞台ではあるが、内回り適性と道悪適性には疑問が付く。
適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

3.展開と馬場

日曜は強い雨で重不良まで渋るだろう。

前日のバイアスは使えない。

馬場はタフになり、当日は強い追い風7mも吹くので、バイアス的には外差しと想定する。

 

 

4.最終予想

◎ 11イルーシヴパンサー

〇 1ランドオブリバティ

▲ 14ヴィクティファルス

☆ 6アサマノイタズラ

抑 5.9.10

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG