回顧【ダービー、目黒記念+不利馬チェック】

NO IMAGE

1.ダービー

(35.0-33.9)
12.2 10.6 12.2 13.0 12.3 12.4 12.8 11.7 11.4 11.5 10.8 11.6
後傾1.1秒のスロー戦となったが、3.4角ルメールの捲りが入り5F戦に。その影響で前の馬には厳しい展開で差し決着となる。とにかく長く脚を使える馬が上位入選するようなレース質であった。

トラックバイアス
高速馬場の外差しバイアス。変則開催やエアレーションの有無、雨天が多かったなどが原因だろう。

1着 シャフリヤール
道中ロスなく回る福永の好騎乗もあったが、スローからの5F戦になったのが功を奏した形だろう。このようなラップだと道中の消耗は少なく後半マイラー質寄りのスピードが求められてしまう。持続性能に関しては文句なしだったので、ラップを見て好走したのも頷ける内容だ。予想でも書いたが、毎日杯のラップはマイル質よりのものだったで、このラップを勝ち切るとなるとベストは1600~2000のように思える。

2着 エフフォーリア
先行馬群で揉まれながら折り合いも少々欠き気味。ルメールが3.4角で外から捲ったことにより先行勢には厳しい展開となり、上位馬で一番負荷のあった馬はこの馬だろうし、4角で少々ポジションを落としたのも追い出しを早めた原因にもなるので、一番負荷の掛かる競馬をしている。負けはしたが内容的にはポテンシャルはこちらの方が上だろう。

3着 ステラヴェローチェ
5F戦+外差し馬場になったことが好走要因見て良いだろう。個別ラップをとっても(11.3-11.1-11.0)と上位陣ではこの馬以外失速していないので持続性能は相当高い。折り合いも問題なく中距離路線では今後も問題ない。マイルだと少々忙しくなるし、皐月賞でも少々差し遅れ気味だったことを踏まえても、マイル質中距離なら道悪。良馬場なら中距離~中長距離路線がベストなように思えるので、この条件なら今後も重たい印を打っていきたい。

その他不利馬
先行馬:展開不利(中でもタイトルホルダーの6着は立派。見解で述べたように菊花賞で大きく狙いたい)

グレートマジシャン:折り合い欠く。その消耗がラストに影響した形だろう。今後の成長も踏まえ一度馬郡で競馬をしてほしい。そこで折り合えるようになれば。

タイムトゥヘヴン:4角逆手前

ラーゴム:折り合い欠く

ヨーホーレイク:直線壁

 

2.目黒記念

(37.8-32.8)(63.9-58.0)※3番手(65.0-57.0)
7.3 11.4 12.5 13.3 13.2 12.4 11.9 12.8 12.7 12.5 11.1 10.6 11.1
後傾5.0秒の超ドスロー。ルメールがレース後コメントで「騎手がみんな寝てた」と発言していたが、まさにその通りの展開。重賞ではなかなか見ないラップ構成。恐らく外差しバイアスが騎手心理を動かしたことが原因だろう。ちなみに前2頭が離れた逃げ先行をして、3番手はかなり離れた。3番手換算の5Fタイムは上記の通り後傾8秒で、流石にこんな展開は読めないイレギュラーである。

トラックバイアス
高速馬場の外差しバイアス。変則開催やエアレーションの有無、雨天が多かったなどが原因だろう。ただし展開が新馬戦並み。いやそれ以上の超ドスローだったので前が残った形。

1着 ウインキートス
あの展開で番手なら勝って不思議ではない。収穫なし。正直これ以外に書くことがないです。。。

2着 ヒートオンビート
この馬の先行力が活きた形。ウインキートスと上がりタイムでも詰められなかったのはトップスピード不足が原因と見て良いだろう。上がりタイムは32.4秒だが、流石に高速超超ドスローなのでタイムは参考にならない。

3着 アドマイヤアルバ
前にいたから残ったとしか言いようがない。今後改めて能力など精査します。

その他不利馬
後方馬:展開不利

適性不利:ゴールドギア・グロンディオーズ・アイスバブルなど(展開的に届かないがL3であんなに速いラップを出されたら、それを出せるだけのトップスピードはない)

3.不利馬チェック

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG