回顧【マーメイドS+不利馬チェック】

NO IMAGE

1.マーメイドS

(36.1-35.3)
12.6 11.1 12.4 12.4 12.3 12.3 12.0 11.7 11.6 12.0
スローからの持続力戦。スローで中間も緩み、トラックバイアスも向いたことでイン前バイアスが強くなった。

トラックバイアス
土曜渋った馬場は乾き速い時計が出る馬場状態。バイアスはイン前に強め。

1着 シャムロックヒル
楽に端を叩いて後傾0.8秒のスローペース逃げ。中間も12秒台中盤近くまで緩み、イン前有利のトラックバイアス+斤量の恩恵で逃げ切れたのだろう。能力面の評価はここだけでは少々難しいところ。

2着 クラヴェル
残り500m付近まで脚を溜め、4角外回して差し切り2着。斤量有利とはいえ前有利の展開をよく追い込んだ馬の能力は評価していい。直線なかなか手前が変わらなった辺り、4角回した遠心力的負荷はあっただろうが、末の質は堅実で若干余し気味の追い込み。内容としては一番よかった。

3着 シャドウディーヴァ
インの好位で立ち回り4角~直線もスムーズに追い出せたが着差0.1秒及ばず。この辺りは斤量55キロ、1.2着馬と4.5キロ差が響いた形だったが、自力上位だったことは間違いない。今後も狙える舞台で。

その他不利馬
アンドラステ:折り合い

ホウオウエミーズ:直線壁。スムーズならアブレイズは交わせていたか

 

 

2.不利馬チェック

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG