回顧【ローズS,セントライト記念+不利馬チェック】

NO IMAGE

1.ローズS

(36.3-34.6)
13.1 10.9 12.3 12.7 12.2 12.0 12.2 11.6 11.3 11.7
前哨戦の中京2000mらしくペース上がらずスローからの瞬発力勝負。隊列縦長で前有利の展開で後方差し馬は物理的に不可。前日の重馬場から回復し時計の出る良馬場に。

1着 アンドヴァラナウト
これまで前で受ける競馬で好走を続けていたが、今回は中団からの差し競馬で上がり最速。万能性があり総合力が高いタイプかと思う。

3着 アールドヴィーヴル
3.4角でタガノディアーナに被され馬群に押し込まれポジション落とす。ストライド走法でギアチェンジ性能には欠けるが、長く脚を使っての3着。大箱向き。

その他
ストゥーティ:折り合い。短縮ローテで稍時計の掛かる馬場の方が良い。

プリュムドール:直線壁

タガノディアーナ:3.4角コーナー大外から位置を上げる差し競馬で遠心力負荷を受け、長く脚を使った関係でラスト脚が止まる。大箱向き。

2.セントライト記念

(36.3-35.4)
12.3 11.8 12.2 12.2 12.0 12.2 12.2 12.0 11.5 11.7 12.2
前後半のタイムだけ見たらスローからの持続力勝負だが、1.2角のコーナー+上りで緩みやすい舞台でも、ワールドリバイバルが主張したために緩まず流れ、結果的にタフなレース質となった為先行負荷強く、加えて4角団子で差し有利の展開。

1着 アサマノイタズラ
後方有利で展開は向いたが機動力は良いものを見せた。高速寄りの馬場で好走できたのは収穫。

2着 ソーヴァリアント
折り合いを稍欠き気味で、道中は中団に構え早め先頭から押し切りを計るも、後方で脚を溜めた馬が有利となったので実質一番強い競馬をした。持続力高く今後も期待。

その他
ルペルカーリア:息の入らないタフなラップを道中押し上げ番手で運んだのが敗因。かなり厳しい競馬となったが着差0.7秒7着は自力を見せた。今後に期待できる内容。

タイトルホルダー:先行負荷を受け直線壁。直線は殆ど追わず着順は度外視していい。

タイムトゥヘヴン:直線壁で殆ど追えていない。

2.不利馬チェック

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG