回顧【七夕賞+不利馬チェック】

NO IMAGE

1.七夕賞

(35.8-37.1)
12.4 11.7 11.7 12.6 12.4 12.3 12.0 12.1 12.2 12.8
前傾1.3秒、稍重で1000m通過1:00:8であれば平均ペース。隊列縦長で4角出口で差し勢が詰められていないことからも展開的に前有利。

トラックバイアス
当日急な豪雨があるも発表は稍重だが、重馬場レベルで時計が掛かっていた。ただし内の馬場がまだ使える状況でバイアスはフラット。展開も合わさり内を通った馬でも好走可能となった。

1着 トーラスジェミニ
展開利と適性の高さを証明した。レースに関して特に言うことはないが、消耗戦>ロンスパ>ロングスプリントを熟せるため適性範囲が広く、速い馬場も熟せるが、タフな馬場でもパフォーマンスを上げてくる馬というのは覚えておいていい。

2着 ロザムール
スタート決めてすんなり端へ。トーラスも譲ってくれる形で、折り合いは若干欠き気味だったが展開的にも向いた形で好走。とはいえ七夕賞の舞台で牝馬で好走したのは素直に自力を評価していいだろう。

5着 プレシャスブルー
後方コーナー外で最先着と力を見せた。叩き良化型なので叩いてからの臨戦で、トップスピード戦だと足りなくなるので、前崩れの4F戦や消耗戦で今後も出番はあるだろう。

その他不利馬
後方外差しの馬:展開不利、コーナー外不利

ワンダープチュック:直線挟まれ壁

 

 

2.不利馬チェック

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG