回顧【宝塚記念+不利馬チェック】

NO IMAGE

1.宝塚記念

(35.1-34.7)
12.3 11.2 11.6 12.4 12.5 12.4 12.3 11.5 11.5 11.5 11.7
後傾0.3秒だが、阪神2200にしてはスローペース。中間も緩み4F戦で、3.4角外を回された馬は遠心力的負荷あり。前の残るラップで後方はノーチャンスのラップ。今年は大阪杯と宝塚記念が例年と真逆な展開になってしまった。

トラックバイアス
内外フラットで展開依存のような形。今回はスローだったことによりイン前が強くなった。

1着 クロノジェネシス
スタート決め道中は前に馬を置いて折り合い、直線一瞬離されかけるも、鞭が入ってからの加速は他馬と違かった。掲示板確保した馬でL2加速ラップを踏んだ馬はこの馬だけで(11.5-11.3-11.6)程度。自力で2枚上だった。

2着 ユニコーンライオン
レイパパレに競りかけられることなく単騎逃げ。スローで中間も緩ませ楽な運びからのL4持続ラップ。鳴尾記念の再現をしたような運びだった。特に言うことなし。

3着 レイパパレ
控える形となり折り合いを欠いた分、ラストユニコーンライオンをかわせない形となったのだろう。それでも馬場と展開が向きすぎた。例年通り流れていたらまず差されていただろう。気性的にも基礎スピード的にもマイル~2000mで。

その他不利馬
後方馬:展開不利

アリストテレス:道中被され揉まれ弱さを見せた

カレンブーケドール:L4からコーナー外をモズベッロと位置を上げながらの競馬でコーナー外の負荷大。特にカレンは馬郡で溜めたい馬だけに厳しい流れだった。それでも4着は評価しないといけない。

キセキ:折り合い

 

 

2.不利馬チェック

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG