回顧【札幌記念+北九州記念+不利馬チェック】

NO IMAGE

1.札幌記念

(34.9-35.4)
12.5 10.9 11.5 12.5 12.5 12.4 11.8 11.8 11.7 11.9
前傾ラップの中間中弛みで先行馬の負荷は大きく差し決着だがトラックバイアスは稍内。当日は直線強い追い風が吹いていたので外差しも目立ったが、ソダシは負荷の大きい競馬で内を通っての好走なので、トラックバイアスは内にあったと思う。

1着 ソダシ
前傾質からの中間中弛みで差し有利の展開を、道中ブラストワンピースに被されながらペースアップし早め先頭から押し切った内容は、斤量52とはいえメンバーレベルを考慮しても強いの一言。折り合い問題なく、秋華賞も有力候補。

2着 ラヴズオンリーユー
マイナス体重で若干細いように映ったが、それでも最低限格好は付けた形。ラスト1Fで加速を見せているので、やはり持続戦に適性あり。

3着 ペルシアンナイト
淡々と流れて脚が溜まらない状況にならなかった点で展開は向いた。この馬は脚を溜めてこそだと思うので、今後も脚を溜められる条件で。また、馬齢による適性変化はあるも劣化は感じない。イメージとしては馬齢により基礎スピードとトップスピードが若干落ち、マイル→中距離路線にシフトしたようなイメージ。

その他
ブラストワンピース:4角逆手前

 

 

2.北九州記念

(33.2-35.0)
11.7 10.6 10.9 11.2 11.7 12.1
モズスーパーフレアのハイペース逃げだが、3番手で約33.7~8秒ほどと後続スローの前残り決着。トラックバイアスは外>内。

1着 ヨカヨカ
外の3番手追走と、ポジションやトラックバイアスに大きく恵まれた形。斤量51も効いていたと思うと、高い評価までは難しい。やはり1400m辺りがベターか。

2着 ファストフォース
ヨカヨカ同様、外先行3番手からの前残り。基礎スピードや持続力はCBC賞で証明済みなので、今回のバイアスなら残せても不思議ではない。

3着 モズスーパーフレア
直前に雨も降り時計の掛かる条件で内が荒れている中、前半33.2秒で入って終始内ラチを56.5キロを背負って残せたのは自力の高さ。高速馬場になればパフォーマンスは2.3段階上がるだろうし、スプリンターズSでは巻き返す可能性十分。

その他不利馬
レッドアンシェル:予想通りラスト1Fで甘くなる。使える脚はやはり短いか。

 

 

2.不利馬チェック

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG