回顧【福島牝馬S・マイラーズC】

NO IMAGE

1.福島牝馬S

(35.8-34.2)
12.6 11.3 11.9 12.4 12.4 12.1 11.2 10.9 12.1
端を切ったディアンドルが後傾1.6秒のスローペースで逃げ切り勝ち。L4地点で12.1とペース上がらず、直線の瞬発力比べとなった。

トラックバイアス
見た目荒れていて時計の掛る馬場であったが、イン前が残るバイアス。福島牝馬でもペースが遅かったこともありイン前に強いバイアスが向いた。

1着 ディアンドル
スローで端を叩いて単騎逃げと、バイアス的にもかなり恵まれた形となった。L4(12.1 11.2 10.9 12.1)と溜めれたこともありハマった感のある内容。

2着 ドナアトラエンテ
荒れたタフ馬場>高速馬場の馬にとって条件的にはバイアス含め向いた形。とはいえ、これまで消耗戦で粘り込んできた馬が、好位から上がり33.7秒で追い込めたのは能力の表れだろう。内容としては悪くない。

3着 サンクテュエール
予想文引用「本質的にはアルテミスSの通り瞬発力タイプかと思う。シンザン記念は上がりは掛っているが、個別だと2Fギアチェンで押し切るような形で、稍ピッチ寄りの走法からくる瞬発寄りなタイプかと思う」と、展開が瞬発戦になったのと、バイアスが向いたのが好走要因だろうが、個人的にはノーマークであった。改めて能力や適性値の修正をしたい。パワーよりか?課題とする。

その他不利馬
ムジカ:直線接触+ラチ柵に挟まれ減速。不利なければ勝ち負け。

ミスニューヨーク:直線壁+適性不利。やはり上がりの掛かる条件でないとスピード不足。

パッシングスルー:出遅れ、馬郡×なので外枠替わりで狙いたい

アブレイズ:適性違い、後半時計の掛かる消耗戦で出番

 

 

2.マイラーズC

ラップ
(33.3-35.6)

12.5 10.2 10.6 11.2 11.3 11.2 12.3 12.1
前傾2.2秒の超ハイペース。スプリント戦のようなラップだが大逃げのラップであり、後続は14質マイル並みだろう。

トラックバイアス
高速馬場で展開次第で差しまで。タフではないので後方過ぎると届かないような状態。

1着 ケイデンスコール
ペースが流れたことによりギアチェンジ質のレースにはならず、加えて直線スムーズに追い出せたことが好走要因だろう。特に言うことはないが、本格化とみて間違いない。崩れるとしたら内回り内枠で詰まるような不利がある場合。

2着 アルジャンナ
直線加速部で詰まる不利。ストライドが広いのでこの不利は致命的だが、減速するほどの不利でなかったのは不幸中の幸い。一度ギアを落とすと再加速までに時間が掛かるタイプなので、今後もそのことは頭に入れておきながら予想をしたい。とはいえ、不利がなければ勝ち切っていた可能性は高い。

3着 カイザーミノル
前半ベステンダンクが行き切ると、すぐさま控えたのはジョッキーの好判断。そこで抑えられなかったボンセルヴィーソは直線早々とガス欠したことを踏まえても好騎乗だったといえるだろう。14質になったことにより、この馬向きのレース質になり、ポジション的にも一番有利を受けた形となった。キャスでも話した通り14質的な持続性能はかなり高く、狙うなら短縮ローテ。

その他不利馬
・ダイワギャグニー:3.4角逆手前。左回りで。

・ルフトシュトローム:3角逆手前、追走力不足。延長ローテで。

・ザイツィンガー:折り合い欠く

・エアスピネル:直線壁だが、もともとピッチ走法で詰まる不利はそこまでパフォーマンスに影響しない。L1進路は空いていたし、やはりスピード不足か。

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG