回顧【関屋記念+小倉記念+不利馬チェック】

NO IMAGE

1.関屋記念

(35.0-34.6)
12.7 11.0 11.3 11.6 11.5 11.4 11.2 12.0
当日良馬場に回復。路盤が良い関係で時計の出も良く、例年通り中間緩まない14質系のレースになり、前半の基礎スピードと持続力が問われた内容での前有利展開。

1着 ロータスランド
インの番手でそのままインを通した形でロスのない完璧な立ち回り。もともと消耗戦を前で受けれるスタミナや持続力のある馬で、先行前受けが叶った形だった。とはいえ相手がカラテとソングラインであれば自力は評価。今後も持続力展開でチャンスあり。

2着 カラテ
東京新聞杯では11.4~5秒程度の脚をラスト持続させていたので、現在の馬の調子ならここを好走できたのも不思議ではない。適性と実力通り。

3着 ソングライン
スタート後接触の不利を受け、ポジションが取れず稍折り合いを欠き気味での追走が後半に影響したのだろう。当日馬場が回復した点は大幅プラスだったと思う。古馬相手にスムーズなら勝ちまで考えられる自力の高さは証明したので、今後も大きい舞台で楽しみな馬。

その他
ソッサスブレイ・ブランノワール:スタート後寄られ接触の不利

サトノアーサー・クリスティ:折り合い

 

 

2.小倉記念

(36.4-35.6)
12.8 11.5 12.1 12.7 12.3 11.3 11.4 11.5 12.2 11.9
スローからのロングスパート戦。L5から一気に速くなった関係で先行馬不利の展開で差し決着。馬場は稍重まで回復し、時計は平均~稍掛かる程度に回復した。

1着 モズナガレボシ
とにかくタフなレースを好むスタミナ型なので好走も納得。展開はハマったが、ヒュミドールに勝ち切れたのは評価していい。

2着 ヒュミドール
小回り適性を伺える内容で、3.4角大外を回した分のロスがラストに響いたか。ポジション差なく同斤量なら結果は変わっていたい可能性はある。

3着 スーパーフェザー
後方で溜めて空いた内を差してきての3着。僅差3着もダブルシャープが4角で詰まりコーナー加速が行えなかったことを踏まえると、自力の上下関係はここでは付かない。今後も機動力舞台で。

その他不利馬
先行馬:先行負荷大

ダブルシャープ:4角詰まりコーナー加速十分に行えず

 

 

2.不利馬チェック

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG