金鯱賞2019【予想と見解】

NO IMAGE

こんにちは、馬ノスケです。

金鯱賞の見解と予想になります。

今回はG1級の馬が前哨戦として集まったので、かんり見ごたえがある一戦です。

それではよろしくお願いします。

 

1.厳選馬8頭の各見解

1 ダノンプレミアム

9ヶ月半の長期休養明けとなります。

ここは勝負気配ではないですし、今回はメンバーも揃います。

長期明けでこの相手関係なので今回は軽視する方向で行きます。

ただ能力はありますし、川田騎手継続騎乗なので紐までには抑えておくべきかもしれません。

今回の出来としてはまだ上がある様子なので、

ここで好走するなら今後が楽しみです。


5 タニノフランケル

穴馬として狙いたい1頭です。

馬場が荒れても大丈夫な馬ですし、逃げて馬場と展開が見方すれば

十分馬券内は考えられます。


6 ペルシアンナイト

明け初戦は走らない馬なので今回は軽視する方向で考えています。

大阪杯の前哨戦ということで、ここでは無理に力を出してこないはずです。

また左回りはあまり得意ではないことも不安要素の一つです。

狙うなら次走だと個人的に思ってます。

ただ状態面は結構良いようなので完全無視とはいきません。


7 ギベオン

左回りや中京での実績を考えると無視できない1頭だと思います。

重賞成績だけ見ればかなり好成績ですが、

相手関係を考えると上位陣よりかは劣る印象ですが、

コース適正を考えると抑えるべき一頭だと思います。


8 エアウィンザー

 一気に本格化した馬なので、

この相手関係で通用するのか楽しみな一頭です。

明け初戦でも走れますし状態面が非常にいいので、

G1馬が前哨戦なのを考慮すると馬券内は十分に期待できる一頭です。

あとは左回りと中京が合うかどうか。

ここで好走するのであれば次走の大阪杯が非常に楽しみです。


9 ムイトオブリガード

長距離向きの馬なので、適性面では評価が落ちますが

開催週ということもあり、前に出れれば馬券になる可能性も出てくると思います。

ただ当日雨が降ったら厳しいですね。


10 アルアイン

先行勢では1番有力視をしています。

ベストは右回りですし、初の中京ですが坂適性はあるので、

そこまでコースが合わないといったことはないのかなと思っています。

今回初のブリンカー着用と陣営側の期待値も高いです。

しがらき帰りの成績も3‐2‐1‐1と好成績ですし、

休み明けでも京都記念でレイデオロに先着するなど好材料です。

騎手が急遽乗り替わりとなりましたが、ここはぶれずに軸で考えます。


11 リスグラシュー

香港ヴァーズが非常に強かったので能力は評価したほうが良さそうです。

休み明けの前哨戦ですが、厩舎の特徴とは反対に明けは走れる馬ですし

外厩帰りの休み明け好走が目立つのが今の競馬ですので、

ここは外せない1頭だと考えています。

雨が降っても問題ない馬なのも好材料です。

不安材料は騎手乗り替わりですかね。


2.予想印

 10アルアイン

〇 11リスグラシュー

 8エアウィンザー

△ 7ギベオン

 5タニノフランケル

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG