皐月賞【予想と見解】

NO IMAGE

皆さんお疲れ様です。

本日は皐月賞の予想となります。

先週の桜花賞に続き連続的中できるよう頑張っていこうと思います。

 

1.予想と見解

◎ 12サートゥルナーリア
能力や適性面見ても頭1つ抜けている評価をしています。
前走は同じ中山2000mを先行して上がり最速を使えているところを見ると、

ここの適性も高いです。
前走馬体+12は成長分ですし、G1を難なく勝ち切れたことは評価せざるを得ません。

例年通り行くと高速馬場が予想され、

この馬が高速決着に対応できるか未知ではありますが、

個人的には能力と適正面でこなせると思います。

もしも当日が雨で馬場が荒れた場合でも、

2走前の萩Sは4週目で雨の影響もあり、少し時計の掛かる馬場でしたが、

難なくこなしていたので問題ないでしょう。

調教も動けているのでここは本命です。


〇 11ラストドラフト

京成杯では長く良い脚を使い粘り強く、

このコースの適性はあると思います。

前走弥生賞で2番人気7着と大敗し、

ここで人気を落とすなら積極的に狙っていきたいと思います。

 

前走は馬場が原因だったと個人的には思っているので、

今回は馬場や枠的にも問題ありません。

雨が降って馬場が荒れない限り、

ここは2番手評価でいきたいと思います。


▲ 1アドマイヤマーズ
前走はスローの上がり勝負となり、

直線でダノンキングリーにキレ負けしましたが後続は離していましたし、
スタートで接触しロスがあったことを考えると、

直線長い東京でハナを切って二着は個人的に十分な内容でした。
今回のコースはキレよりも持続力が重要で高速馬場が想定されるので、

適正面からダノンキングリーとの逆転まで期待しています。

 

不安点は1つだけ。枠です。

先週や土曜競馬を見てても内馬場が荒れ、外差しが目立ちます。

枠の不利で飛ぶ可能性まで考慮したほうが良いですが、

抑えておくべき馬だとは思います。


△ 7ヴェロックス

長く良い脚を使えるという点で

このコースの適性は高いと評価しています。

東スポ杯で4着に敗れるものの、

直線不利を受けながらもしっかり伸びていたので、

重賞実績がなくとも評価したい1頭です。


△ 4ダノンキングリー
前走は圧巻でした。
上がり32.9秒でアドマイヤマーズに0.2秒差。

内容的に今回も能力上位馬間違いないです。
問題は適正面です。

ひいらぎ賞で勝ててるとはいえ、やはりベストは東京です。

 

皐月賞の舞台で必要なのはキレより持続力やパワー。
となると馬格がなく、斤量も増えるこの馬にとって

今回は厳しい競馬になると思います。
当日の天気や馬場状態は非常に重要なので、

そこを見て最終的に印を打ちます。

当日の状態やオッズ次第では切ることまで考えています。


☆ 5ランスオブプラーナ

逃げて上がりが使えますし、重賞実績もあります。

ペースが重要なので展開次第にはなりそうですが、

他に逃げたい馬はラストドラフトくらいだと思うので、

枠的にも楽に前に出れるはずです。

皐月賞での逃げ馬成績はイマイチですが、

中山2000mは逃げ馬の回収率は高いですので

配当妙味も考え面白い一頭だと思います。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG