日本ダービー2019【予想と見解】

NO IMAGE

皆さんお疲れ様です。

いよいよダービーですね!

 

本命はブレずにサートゥルですが、

ここに逆転できる馬がいるかという視点で見解も書きました。

参考になれば幸いです。

 

1.予想と見解

◎ 6サートゥルナーリア
前走の皐月賞は7割程度の仕上げ、叩き台にしてあの走り。正直強いです。
ヴェロックスやダノンキングリーと着差こそないですが、

ロスなく立ち回り前で競馬した2頭と比べ、

中団後ろから大外を回すロスがありつつも勝利したのは能力が1つ上でした。
上がりタイムを見ても34.1のサートゥルナーリアに対して、

上がり2位のヴェロックスが34.4を踏まえても、

位置的不利を直線短く急坂のある中山で差し切った内容は高評価です。
この馬に勝つとしたら、東京替わりが向くダノンキングリーくらいでしょう。

 

個人的にはヴェロックスよりダノンキングリーだと思いますが、

それでもサートゥルナーリアが一枚上です。
サートゥルナーリアは切れる末脚を持っているので、

東京の直線は向くと思いますし、

初の左回りとなりますが能力が明らかに高いので特に不安視はしていません。
枠も3枠偶数番で有力馬は全てこの馬より外という絶好枠。
そしてメイチ仕上げで追い切りも抜群の内容。

勝つ確率は非常に高いと思います。


〇 7ダノンキングリー
前走皐月賞では内を突いて伸び、着差なしの3着でしたが、

個人的にこの馬は皐月賞で飛ぶと思っていたので正直びっくりでした。
確かに皐月賞は仕上がっていましたし、
能力も共同通信杯で証明できています。

 

飛ぶと思った理由はパワーやスタミナが問われる中山への適性と馬格です。
瞬発力勝負となりやすい東京こそ向く馬だと予想していたので、

皐月賞では狙わずダービーで狙おうと思っていました。

そういった予想をしていたので着差なしの3着で走れたのなら能力はやはり高いですし、今回の東京替わりはプラス材料になります。
また、今月のNHKマイルでグランアレグリアに逆転しG1 2勝を果たしたアドマイヤマーズを共同通信杯で負かしています。
このレースはドスローの上がり勝負で、

アドマイヤーズの勝ちパターンを無理矢理差し切った瞬発力の高さと、

アドマイヤーズに勝った能力の高さは非常に評価できますし、

東京適性も高いと判断できます。

サートゥルナーリアへの逆転に関しては、まずスロー寄りの展開が希望です。
この馬の距離適性が不安なので、

スローの上がり勝負になるのがこの馬の力が1番出せる形です。

今回はリオンリオンやヴェロックスが外目に入ったことと過去の傾向からスロー寄りと予想しているので、展開面は味方してくれると思っています。
不安点は距離適性を問われる展開になった場合、

ラスト脚が止まる可能性があります。

 

あまり流れる展開にはならないと思うので大丈夫だとは思いますが、

可能性はゼロではないので不安材料とします。
追い切り見ても状態は良いですし、

枠もサートゥルナーリアの隣ということで、

逆転があるとしたらこの馬だと思っています。


▲ 13ヴェロックス
前走サートゥルナーリアにあと一歩のところまで粘ったのがこの馬です。
直線で接触がありましたが、そこからしぶとく粘った2着ですので評価できます。
普通に考えたら馬券内濃厚です。
サートゥルナーリアの逆転に関しては、個人的には難しいと思っています。

理由は前走内容です。
ロスなく好位追走から抜け出した勝ちパターンにも関わらず、

メイチ仕上げでないロスのある競馬をしたサートゥルナーリアに差し切られてしまった点です。
今回はサートゥルナーリアがメイチ仕上げ且つ3枠偶数番に対し、

ヴェロックスは7枠13番と外目スタートとなります。
まず位置取りのリスクがあり、それなりにスタート後脚を使う形にはなります。

スタート出てスムーズな位置取りが最低条件となりますが、

スタート出て好位から直線抜け出しても、

枠の不利と直線の長さで好枠のサートゥルナーリアに差し切られる可能性は高いです。
また、展開面考えても前に出たいリオンリオンとヴェロックスが外目に入ってしまった点と過去の傾向から、

個人的にはスロー寄りの展開になるのではと予想しています。

スロー寄りになるとサートゥルナーリアやダノンキングリーに展開面向くので、

展開的にも少し厳しくなるのではないかと思います。
これらの理由から逆転の可能性は低いと見ていますが、

出遅れや不利がない限り馬券内は濃厚だと思います。


☆ 4サトノルークス
ダービーといえば1.2枠が有利に働きます。

過去の傾向見てもデータ的に証明されていますし、

Cコース替わりや1枠ゲートを使用しないことも好走と関係しています。
そしてこの馬は今回2枠4番を獲得したことで、評価を見直した一頭です。

前走皐月賞で大敗しました。
まずスタートして中団に控え第1コーナー手前で外へ出し、

外目を回す後方待機という時点でいつもの競馬ではありませんでした。
結局直線入っても脚が全く使えず、

ある程度流れた展開を前で競馬した馬が着順をまとめていた点も踏まえ、

流れた展開的不利といつもの競馬ができなかったことが大敗の原因と予想しています。

継続騎乗の池添騎手も同じミスを繰り返すとは思えませんし、

枠的にもいつも通り前で競馬するはずです。
そうなった場合この馬本来の力が出せそうですし、

変り身は期待できるかと思います。

血統的にも東京や距離延長は向くと思いますが、

母父サドラーということと皐月賞の内容から、

やはり高速馬場への対応やペースが流れた場合は厳しくなりそうですが、

皐月賞よりかは流れないと思うので、枠や舞台替わりという点で狙いたい穴馬です。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG