レパードS 2019【予想と見解】

NO IMAGE

お疲れ様です。

今回はレパードSの予想です。

 

1.予想と見解

◎ 4ヴァイトブリック
3走前のヒヤシンスSでデルマルーヴルに先着、

兵庫チャンピオンもしっかり2着とここでも通用する能力はあります。

前走の大敗は不利な内枠からの出遅れが響いた着順ですし、

馬体も絞れていなかったので状態面も関係した結果だと思います。

馬体をどこまで絞ってくるかは当日にならないとわかりませんが、

追い切り内容は問題なかったです。

 

小回り平坦な新潟1800mは同中のラップも緩むので、

逃げ先行有利なコースです。

その点、枠と脚質の利を1番活かせて能力の高いこの馬の評価は高いです。

鞍上も新潟で強い戸崎騎手ですし、

当日の馬体に期待して今のところ本命です。


〇 6ハヤヤッコ
2勝クラスを昇級した初戦で

0.7差の圧勝劇をしたゴルドマイスターを

過去に2度も先着している点で能力の裏付けになります。

前走の青竜Sの敗因は後方に控えたのが全てだと思います。

 

というのもこの馬は持続力型なので、

高いレベルのレースで通用させるには、

後方からの瞬発力というより、

前で粘る競馬をすれば期待値はかなり高くなります。

加えて逃げ先行が有利なコースなのも追い風です。

また、前走のように芝スタートで出足が鈍った点も

今回のコース替わりで解消できます。


▲ 15ビルジキール
2走前の2勝クラスは不良馬場だったとは言え

約10年ぶりのコースレコードを叩き出した馬です。

この時は逃げて圧勝でしたが、

続く3勝クラスでは大外枠から逃げれず番手で控える競馬になり、

最終コーナーで位置を下げてからの大外回し。

 

直線しぶとく伸びて2着と、非常に強い内容でしたし、

控えても強い競馬ができる証明にもなりました。

このレースは2着でしたが、

勝ち馬が経済コースを走ってイン突きしたことを踏まえると、

ロスのない競馬をしていれば逆転は可能でしたので、

枠の差で負けたレースでした。

 

今回も大外枠なのが残念ですが、

控える競馬もできるので、ここも上位の評価です。

内枠なら本命だったかもしれません。


 △ 13サトノギャロス

これまで1200mをメインに使われており、

前走は1400mで勝利しここへ臨みます。

今回は1800mでプラス400mと普通に考えたら、

この距離延長はかなり厳しいところです。

 

ただ1200mを使ってユニコーンSを取りに来ているあたり、

陣営サイドからしたら、

マイルあたりも走れると見込んでいますし、

折り合いにも不安のない馬なので、

個人的には距離延長だけで嫌いたくはない馬です。

 

不安点は距離延長+枠です。

単純な距離延長だけなら問題なかったのですが、

外枠出走は個人的に嫌います。

というのも、外枠に先行勢が密集してしまったので、

スタートから足を使わされる展開となりそうです。

 

合わせて外々を回される可能性も高くなるので、

400mの距離延長+スタートで脚を使う+外を回される可能性。

ここまで考慮するとさすがに不安です。

とはいえ、能力は非常に高い馬なので、

今回も難なく熟してしまうかもしれない。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG