毎日王冠2019【予想と見解】

お疲れ様です。

今週は両重賞の記事を書きました。

 

 

1.コース形態

東京芝1800mで行われます。

開催週ということもあり高速馬場になりやすく、

直線は長いがラスト3Fの上がりが求められる。

枠は内枠有利。

 

2.予想と見解

◎ 3アエロリット

東京コースを振り返ると3‐3‐0‐2と得意舞台。

まずは馬券外になった2走を振り返ります。

2走前のヴィクトリアMですが、

敗因は明らかで、

横山典弘騎手がかなり速いペースで逃げてしまい、

直線でバテ失速してしまったのが全て。

それでも5着に残せていたのは、

馬の能力が高い証拠です。

 

そのため次走の安田記念は、

戸崎騎手に乗り替わり2着と結果を残しています。

次に昨年のヴィクトリアMの4着について。

これは馬場が渋ったことが一番大きかったと思います。

 

この馬は道悪を非常に苦手としており、

道悪時は0‐0‐0‐4と成績が物語っております。

このように東京で馬券外になったレースは、

どちらも敗因がはっきりとしており、

それでも強い競馬をしているので、

このコースではまず馬券は固いと思います。

 

今回は昨年勝っている毎日王冠の舞台ですし、

直線が長い東京と言えど、

開催週なので前が有利と考えて良いでしょう。

高速馬場も問題なく熟せます。むしろ得意条件。

加えて逃げたい馬もマイネルファンロンくらいですし、

枠も3枠を確保したので楽に逃げれるはず。

 

鞍上は初騎乗となる津村騎手という点が少し不安ですが、

今年のヴィクトリアMのような

ペースがおかしい逃げはしないと思いますし、

無難に逃げれば問題ないと考えています。

今回休み明けとなりますが、

そもそも休み明けは走れる馬ですし、

追い切り見ても状態面は問題ないと思います。

 

ただし、まだ上がありそうな状態なので、

今はベスト状態ではなく、

あくまで前哨戦の仕上げといった状態だと思います。

しかし、インディチャンプとダノンキングリー相手なら

単勝期待値的に一番高いと見ているので、

ここは本命に推したいと思います。

※明日の雨の影響次第でダノンキングリーに本命変更の可能性あり。


ダノンキングリー

アエロリットと勝ち負けするなら、

インディチャンプではなくダノンキングリーだと思います。

というのも、瞬発力と持続力という点において

過去にどちらの展開も好走しているからです。

 

振り返ると、

今年のダービーはリオンリオンが大逃げしたために、

ハイペースの展開となりました。

ラスト4Fは12.2-12.0-11.9-12.0の持続力勝負。

次に皐月賞。

こちらは前後半34.8-34.7のミドルペース。

ラスト4F12.2-11.7-11.6-11.4の加速ラップを踏んでいることと、

ラスト3Fでギアが上がっていることから、

瞬発力と持続力の両方が必要となったレース展開です。

 

そして共同通信杯では、

前後半37.1-33.3の超スローから、

ラスト4F12.0-11.2-11.0-11.1の瞬発力戦。

過去3重賞振り返ると、

様々な展開で好走しているので、

柔軟性という面では評価できる一頭です。

しかし着順以上にレース内容は評価できません。

ダービーではリオンリオンが極端に大逃げしたこともあり、

前で進めたこの馬に展開が向き2着。

 

馬場の恩恵もありました。

皐月賞は戸崎騎手が直線入るところで、

上手くインを付けたことが大きく、

あの騎乗がなければ、

着順を落とすまではなくとも着差は離されていたでしょう。

 

共同通信杯は小頭数でアドマイヤマーズさえマークすれば問題ないレース。

実際その通りで、

番手でマーズをしっかりマークし、

直線で交わすといった内容。

このレースは上がりタイムなど評価できますが、

それは過去の話で、

後の皐月賞やダービーの内容は評価できないので、

共同通信杯評価は薄れます。

ただ、ここまで高速馬場の経験が豊富で、

脚質的にも前からいける点もあるので、

瞬発力が使える点も含め、

インディチャンプよりもダノンキングリーを評価します。

 

アエロリットより評価は劣りますが、

馬場が渋った場合、アエロリットにとって厳しいので、

本命をこちらに移す可能性があります。


インディチャンプ

コース解説でも話した通り、

このコースは3Fの上がりが求められるコース。

つまり瞬発力型の馬が有利となりやすいです。

しかしこの馬は持続力型です。

その解説も含め、過去のレースを遡って見てみます。

 

ただし重賞以外は相手レベルが低いので、

重賞に絞って考察していきます。

まず重賞成績ですが2‐0‐1‐2。

勝ったレースから見ていきます。

安田記念は前後半34.5-33.9のミドルペース。

スタートして2F あたりから淡々と流れ、

ラスト4F11.2-11.1-11.2-11.6の持続力勝負の展開でした。

 

次に東京新聞杯。

こちらも前後半34.5-34.7のミドルペースで、

スタート後2F からペースが淡々と流れ、

ラスト4F11.5-11.3-11.5-11.9の持続力勝負の展開。

この2つのレースは非常に展開が似ており、

インディチャンプ得意の展開となりました。

次に凡走したレースを見ていきます。

今年のマイラーズCは前後半36.0-32.3の超スロー。

 

ラスト4F11.8-10.9-10.3-11.1の瞬発力勝負でした。

このレースは好位置でレースするも直線キレ負けしています。

次に昨年のアーリントンC。

前後半34.5-34.7のミドルペースで、

ラスト4F12.2-11.4-11.3-12.0の瞬発力勝負。

 

後方有利の展開となり、

前で走っていたこの馬には展開的に厳しい面もありました。

ただ2番人気4着は少し物足りない結果です。

最後に3着ですがレベル的に低かった毎日杯。

このレースはブラストワンピース、ギベオンについで3着。

 

前後半36.0-34.1のスローペース。

ラスト4F12.1-11.5-11.1-11.5の瞬発力勝負。

後に重賞を連勝しG1を勝ち取る馬にしては、

少し物足りない内容です。

と言うのも、ブラストワンピースは仕方ないとしても、

ギベオンにはもう少し食らいついて欲しかったです。

以上の考察からこの馬は持続力型です。

 

今回のレースで必要なのはラスト3Fの上がり。

つまり瞬発力戦になりやすい傾向です。

過去10年のラップを遡って見ましたが、

持続力勝負になったのは1度だけ。

そのレースは極端なペースで逃げた馬がいたために、

ハイペースの持続力勝負となったレースなので、

度返しして考えて良いでしょう。

今回逃げる馬は恐らくアエロリットですが、

ペース無視した大逃げはまずありえないと思います。

 

今年のヴィクトリアMと同じミスは流石に考えられませんし。

となると例年通りの瞬発力戦。

そして前走G1での勝ちは、

得意のペース且つ馬場を味方につけた、

いわゆる展開利で得た勝利だと考えています。

今回斤量もダノン54キロ、アエロリット55キロに比べ

インディチャンプは58キロと背負わされます。

馬券内は可能性ありますが、

勝ちまでは厳しいと思います。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG