秋華賞2019【予想と見解】

皆さんお疲れ様です。

今回は秋華賞の予想となります。

オークス馬不在の牝馬クラッシックのラスト。

馬場も荒れている関係で、

毎年堅い秋華賞ですが、

今年は荒れると見て予想しています。

よろしくお願いします。

1.コース形態

開催は京都芝2000m内回り
第1コーナーまで309mと短いので、
スタート後の位置取りが忙しくなる。
その影響で最初のペースは早くなる傾向。
また向正面まで平坦なので基本的にペースは緩まず、そのまま流れることが多い。
ラスト800mから下り坂、その後直線は平坦という事もあり、

流れた展開の中4Fを持続して走りきる持続力が問われることが多いコース。

2.予想と見解

◎ 17エスポワール
悩みましたが道悪ならこの馬が上と見ました。
ここまで重賞未経験で、
能力面の裏付けは少し難しいので、
ここで通用するのか悩むところではありますが
ここ2走を道悪で勝ってる点や、
走り方や繋が立っているという面からも、
道悪適性の裏付けとなります。

評価すべきは前走のシンガポールTC賞
古馬相手とはいえ相手関係や、
斤量52キロを踏まえると圧勝して当然とも言えるかもしれませんが、
前後半36.6-36.3のミドルペースを番手につけ
直線で失速することなく、
上がり最速の脚を使って突き放して勝っています。
ある程度流れた展開で、
4角回って長い直線でもバテずに、
ラスト4Fのラップは11.9-12.2-11.9-12.2の持続力勝負を、
2着と0.7秒差で突き放したは内容は強いです。

しかも重馬場でのパフォーマンスなので、
かなりタフな馬だと思います。
今回要求される適正は持続力ですし、
ピッチ走法なので小回りも向くと思おます。
残念なのは枠だけです。
やはり大外枠はマイナス要素ですが、
土曜日の京都芝で内枠が全くだったので、
明日の馬場が一気に回復しない限り、
そこまでマイナス評価にしなくてもいいかもしれません。

とはいえ、真ん中あたりがベストでしたし、
追い切り見る限り、
1週間前に時計は掛かってますが、
反応良く折り合いも付いていたので、
ここは問題ないでしょう。
最終でもしっかり追えていましたし、
状態面も問題ありません。
道悪活かして上位争い期待します。
ただし、馬場が回復したら一気に評価は落ちます。


〇 8カレンブーケドール
良馬場なら本命でした。
能力面や適正面など踏まえても、
エスポワールより評価していたので、
本命に打てなくて残念な気持ちです。
やはり道悪不安が大きく対向評価に下げました。
ピッチ走法で踏み込みしっかりしてるので、
道悪が向く可能性もありますが、
蹄が薄く高速決着向きだと判断しました。

とはいえ評価を下げても1つだけ。
能力面はオークス2着が物語っている通りです。
世代の上位馬が必ずと言っていいほどメイチで仕上げてくるオークスで、
持続力を活かし2着に持ってきたのは、
能力の裏付けとなります。
確かに展開利や馬場差があったとしても、
好位から経済コースを回った3着のクロノジェネシスに対して、
外目の枠から外を回されたにも関わらず、
0.3秒差を付けて先着したことは評価しなくてはなりません。

瞬発力戦なら評価は少し下がりますが、
今回要求する能力は持続力ですので、
その点もこの馬に合うと思います。
前走3着の内容ですが、
賞金が足りてる事も踏まえると、
これは完全に叩き台の一戦。

叩き台なら十分な内容でしたので、
上積みが期待できます。
追い切り見ても非常に動けてますし、
ここをメイチで仕上げてきていると思います。
馬場が稍重くらいまで回復するのであれば、
本命に変更予定です。


▲ 16パッシングスルー
これまでの成績を見る限り、
瞬発力戦でも持続力戦でも走れるタイプだと思います。
持続力で評価できるのは2走前。
タフな馬場で前後半35.3-37.2のハイペースを先行して抜け出し圧勝。
ラスト4Fは11.9-12.3-12.5-12.4の持続力勝負。
道中のペースを考えると、
先行して2着と0.5秒差を突き放したのは評価できます。
斤量面の有利もありましたが、
古馬相手ですし、2着のハギノカエラは次走で昇級してる馬です。
タフな馬場、タフな流れでこれだけ走れるのであれば、
いまの京都の適性度は高いと判断します。

前走の紫苑Sでも瞬発力戦でしたが、
フェアリーポルカとカレンブーケドールを抑えて勝っている点も相手関係から評価できます。
ネックなのは外枠を引いてしまったこと。
ある程度前で競馬する馬なだけに、
スタート後に脚を使わされる形となれば、
自ずと不利になるのでその点はマイナスです。


☆ 11フェアリーポルカ
まずこの馬の持ち味は瞬発力です。
まず前走の紫苑Sですが、
前後半35.5-34.0のスローペースから、
ラスト4F12.0-11.5-11.0-11.5の瞬発力戦で、

最後パッシングスルーに切れ負けした内容です。
それ以外にも過去の好走レースは瞬発力戦となっており、
今回持続力勝負という点で走り切れるか少し疑問が残りますが、
この馬の評価している点は夏場の成長です。
春の時点では重賞で印を打てるレベルの馬ではありませんでしたが、
紫苑S時の馬体重が+16となっており、
叩き台とは言えオークス2着馬を捉えているので、
夏場の成長という点で今回は印を打ちます。


軽視する人気馬

1ダノンファンタジー
まず前走のローズSで勝ち、
オークスでの凡走不安を一気に解消。
と思われがちですが、ローズSを見返すと馬の強さよりも、
川田騎手の好騎乗があってこそのレースだったと思います。
上位人気馬がポジション取りで先行争いしてる中、
ダノンファンタジーは位置を下げて追走。
直線で先行勢の脚が止まったあたりでバテ差しを決めて勝った形でした。

また春競馬でもそうでしたが、
この馬は折り合い面に不安があります。
追い切りでも折り合い欠く場面が見られ、
精神面の成長が感じられない内容でした。
今回は輸送が絡まないのでその点は良いですが、
距離が2000mに伸びるので、
ここはどうかと思います。

やはりマイル辺りが合ってるかなと言うのが個人的見解です。
加えて京都内回りも向かないと考えています。
京都内回りは4Fの持続力勝負。
道中も流れる為、瞬発力型は不向きです。
この馬が好走したレースは、
全てスローペースからの3F瞬発力勝負の展開で、
今回求められる流れる道中からの4F持続力とは異なる適正です。

狙うなら阪神1600〜1800m辺りで狙いたいと個人的に思います。
おまけに今の田んぼ馬場では、
瞬発力はまず活きませんし、
過去のレース内容からして道悪は向かないと判断し今回は厳しいかと思います。

ただし馬場が回復するのであれば、

チャンスはあると思います。


5クロノジェネシス
まず追い切りから春の迫力が感じられません。

併せても2歳に遅れをとり反応も鈍く、
タイムは出ていますが頭も高いですし、
なにより馬体が太いです。
成長分もいくらかあるでしょうが、
仕上がり途上と言った今回の出来です。

この後どこを狙うのかわかりませんが、
完全に叩き台だと個人的に思っています。
早熟で有名なバゴ産駒なので、
もしかすると叩いた後の本番も厳しいかも。と思っています。

次に過去の出走歴から、
この馬は非常にバランスが良く、
瞬発力勝負でも持続力勝負でも、
馬券内を外してない安定感は評価できます。
しかし、今回求められる持続力という点で
前走先着されたカレンブーケドールとの力差は、オークスでだいたい把握できました。

オークスでクロノジェネシスは、
先行して終始経済コースを走る形で、
直線抜け出しを図りましたが、
外枠から終始外を回されたカレンブーケドールに交わされています。
しかもクロノジェネシスはラスト1Fでバテてており、明らかに脚が止まっています。
この点から持続力勝負ではカレンブーケドールを上に評価します。
もちろん距離の問題もあったかもしれませんが
今回は道中流れる2000mで、道悪ではスタミナも必要です。

それに加えて今の状態を考慮すると、

今回は厳しいと判断しました。

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG