2021/02/14 【東京9R・東京10R】

東京9R 初音S

◎ 8ショウリュウハル

〇 11チェーンオブラブ

▲ 9デゼル

☆ 6ジョディー

抑 2.3.4.5.10.15

 

見解

まず展開だが逃げ候補はジョディー。

この馬が行くとすると、スローから後半4F戦の形がベストなのでその展開と、仮に溜めてしまって3F戦になった場合を想定して、両方のパターンに対応できる馬を軸にしていきたい。

◎のショウリュウハルは持続性能が高く4F戦はOK。

前走のような瞬発戦でもサトノウィザードや、このクラスで上位争いができるソシアルクラブやアルティマリガーレと着差なしの競馬ができている。

関東圏で戸崎なら色々信頼できるし、スロー想定でポジションを取りに行ける鞍上と先行力もプラス。

 

〇のチェーンオブラブは、広いコースの末脚比べなら毎回着差を詰めてきている馬。

前走は内で詰まりながらもしぶとく伸び4着と内容は悪くない。

また、デゼルが状態万全でなかったとは言え、オークスでデゼルより外をぶん回して上がりタイム0.4秒差付けている。距離延長もプラスだろう。

デゼルを評価するなら、こちらも評価するのがベターだが展開の助けも欲しい。

 

そのデゼルは三番手。

前走休み明けで馬体緩く、一叩きしてルメール乗り替わりと万全の状態。

ただし、仮に4F戦になった場合、ピッチ走法でTS持続が短い馬なのでポジションと展開次第で差し損ねは考えられる。

 

☆のジョディーはスローから4F戦という得意の形に持ち込めれば残る可能性も十分だが、3F戦をしたらキレ負け濃厚。逃げ馬なので絡まれるリスクもある。

ただ展開の恩恵受けそうで本命まで考えたが、リスクを考慮して4番手。

 

 

東京10R バレンタインS

◎ 13ロードグラディオ

〇 2スリーグランド

▲ 9タガノビューティー

△ 16.12

 

 

見解

◎は前走内枠から終始砂を被り、直線も詰まり気味で全く力を出せてない。

2走前は外をスムーズに回し、前が止まらない中でしっかり末脚を伸ばせているように、今回の外枠替わりはプラス。

今回前も速くなりそうで、中団辺りにつけられれば、この馬の加速性能とこの相手なら足りると思う。巻き返し期待。

 

上記の通り展開は流れそうで、そうなると後方からしっかり脚を伸ばせる加速性能に優れたニューモニュメント、タガノビューティーが外めの枠を引いたのなら素直に評価。

スリーグランドも内枠だが砂は問題ないし、前走は中京で外を回す競馬は辛かったが堅実に脚は伸ばしており、スムーズに行けばここは上位。

前の馬からは、外からスムーズにポジションを取れ、タイミング的にはここで買いたいヴァニラアイスを抑えまで。

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG