3/20~21【平場推奨馬】

3/20(土)推奨馬

阪神9R 淡路特別

◎ 13ノーチカルチャート

前走凡走は道悪の影響もあり、3.4角で馬が進んでいなかった。直線も外伸びバイアスを内で立ち回り凡走と理由はつく。

2走前は今回と同じ阪神2600mで2着したが、コーナー詰まりポジションを落とし、直線もスムーズとはいえない競馬だったが、それでも自力の高さは見せて2着まで追い込んだ内容は評価できる。

特に3走前は、勝馬ウインキートスは3勝クラスまで突破し、2.3着馬も既にこのクラスを勝ち上がっているハイレベル戦を斤量55で食い下がったのは良い内容だった。

タフさや持続性能がある馬で、速い上がりがあまり求められない中長距離に関しては実績の通りベスト条件。

斤量2キロ減で55に戻り、適性条件戻り+良馬場替わり+叩き2戦目でパフォーマンスを上げてくる可能性は高い。

相手→5.7.2.14.10

 

阪神10R 武庫川S

◎ 2アルティマリガーレ

ピッチ走法でギアチェンジに長けた馬。前走は良い脚で抜け出すもサトノウィザードに交わされて2着。これは相手が強かったし、後続のショウリュウハル、ソシアルクラブ、レースガーデンはこのクラスでは上位で、ソシアルクラブは2週前に勝ち上がっている。

2走前は直線詰まり気味になり、進路カットされ頭を上げる場面も。それでも最後まで脚を伸ばしての着差0.6秒5着なら内容は悪くない。

5走前のうずしおSでは、今回と同条件の阪神マイル戦だったが、前半折り合いを欠き気味で、後半はヨレたりと馬がバテていた。

それでも先着を許した馬はすべて昇級しており、強い相手に食い下がっており、ワンターンでギアチェンジ性能が求められる阪神マイルはベストに近い舞台だろう。

ただし、後方からとなった場合、サトノウィザードのような高いトップスピードはないので展開次第では差し切れない可能性はある。

最低でも中団あたりでポジションはしっかり確保したいところで、積極的に先行できる団野騎手に乗り替わり+偶数馬番はプラスだろう。

また、間隔は空いたが休み明けは苦にしないタイプで、最終追い切りでも坂路で自己ベスト更新しており、状態の良さが伺えるし、ここでは能力上位と見て本命に。

相手→7.14.6.3.1

 

3/21(日)推奨馬

中山9R スピカS

◎ 8ミスニューヨーク

秋華賞は後方外の捲り差しに展開が極端に向いたレースだったが、コーナー内で詰まりスムーズにコーナー加速を付けられないままポジションを落として直線入り。それでも直線だけで追い込み5着と強い内容であった。

エリザベス女王杯は能力差と高速馬場で理由は付く。

この馬はパワーのいるタフな馬場でパフォーマンスを上げてくるタイプで、それは秋華賞を見て分かる通りだろう。

明日は強い雨で馬場は極端に渋り、直線7mの強い追い風で外差しにバイアスが強くでるだろう。

舞台設定、バイアスともに好条件で勝ち負けまで期待したい。

相手→13.15.4.11.6

 

 

阪神12R 2勝クラス

◎ 10チェルアルコ

当日は強い向かい風+スピードダートでバイアスは前濃厚。先行力はまず武器となるだろう。

前走は距離が長く、今回実績のある舞台に短縮も好材料。

揉まれ弱いので外目は歓迎で、被されなければ力は出せる。重不良のカジノ産駒は単複ベタ買いプラスなので、その点も後押し。

被されるリスクはあるが、この人気なら。

相手→16.15.12.2

 

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG