3/27~28【平場推奨馬 中山10R.中京12R】+【毎日杯/マーチS 短評】

3/27(土)推奨馬

中京11R 名鉄杯

◎ 9アヴァンティスト

前走はイン前有利の展開を、ポジション取れず大外を回しての敗戦。

機動力タイプでもないので、ここに関しては度外視でいいだろう。

評価すべきは2走前のすばるS。

勝馬テイエムサウスダンは、その後黒船賞を圧勝するほどの馬で強い相手関係だったが、そこに着差0.3秒は十分だし、テイエムサウスダンより1頭分外を回した負荷は大きかったし、外を回した2頭が後続を離した内容は、メンバー内で抜けていた。(中京のコーナー角はきつく、下り坂やバンクの影響で外に掛かる負荷はかなり大きい為である。)

また、直線で加速性能を見せたのも中京適性という点でプラスだし、何より直線逆手前で走り切っており、コーナーであれだけ負荷があったのに逆手間では届かないのも当たり前。

順手前なら勝ち負け争いができたレベルだった。

適性能力共に上位だし、しっかりスタート出れば、この並びならいいポジションは取れるはず。好勝負を期待する。

相手→3.2.10.8

 

 

3/28(日)推奨馬

中山10R 春興S

◎ 10ハーモニーマゼラン

前走は前有利を出遅れ後方ながらも、中団から捲って4角射程圏に入れたカラテに対して、後方からほぼ直線競馬になったにも関わらず着差0.5秒3着の内容は強い。

土曜は内はまだ活きてたが、キックバックは強く、内有利~フラットという見立て。

明日は直線追い風が強く、先週の日曜日のような状態になり、雨が降ればまさに先週と似たように外差しに一変する可能性はある。

そこまで雨が降らなくても、風の影響で土曜のようにイン前強めのバイアスは想像しずらく、そもそも後方から差し一辺倒の馬ではないので問題はない。

この舞台の適性は見ての通りなので、特に逆らう要素もなく、自力的にフォースオブウィルに逆転があってもいい。

相手→3.5

 

 

中京12R 四日市特別

◎ 1ポンペイワーム

前走は(33.8-38.2)の超ハイペース逃げの展開不利で度外視可能。脚はそこまで止まっておらず悲観する内容ではない。

2走前の上位組(タイガーサイレンスやイバル)はその後昇級しており、この辺りに番手から押し切り着差0.3秒は十分。

今回テンよし枠よしで、人気で申し訳ないが逆らいずらい。スピードダートの恩恵も大きいだろう。スムーズに行けば勝ち負け。

→10.3.2.7.4

 

 

※推奨しかけた馬

中京10R 

◎ 4ウラノメトリア

砂を被れてイン差し得意な馬。となると中京1900mの内枠は好相性。

前走は中京で大外を回すタブーで度外視。2走前は休み明け馬体重+14と太目残り。

3走前は直線包まれ、それまでとなった。と、近走の敗因は明確。

休み明けだが元々動ける馬だし、今回は絞れてきているとのこと。

推奨しきれなかった理由としては、馬場が渋って前有利+展開もイマイチ流れそうにないので、届かない可能性を考慮した。

 

 

毎日杯 短評

グレートマジシャン
人気を背負うだろうが、小頭数のトップスピード戦なら上位の存在。前走は中間ソエの影響で仕上げ不足だったが能力が抜けていた。賞金加算の関係上、狙っているだろうし。ここは逆らいづらい。
シャフリヤール
ストライドが広く、機動力競馬より広いコースの方が良いだろう。前走はスムーズに追い出せたがTS不足な面があり、持続性能でしぶとく追い上げた印象。今回外回りはいいが、ペースが流れない場合キレ負けする可能性は高い。
ルペルカーリア
上がりの掛かるタフな舞台やレースが合う。阪神外回りはベストではないだろう。

 

 

マーチS 短評

アメリカンシード
ダート転向して圧勝しまくっている。砂も被れるし、あまり不安要素が見当たらない。強いて言うなら大跳びで小回りなイメージがそこまで強くない。
ハヤヤッコ
タフでパワーのある馬。この時期の良馬場中山ダートはプラスだろう。この舞台も得意条件で、当日の直線追い風強風も脚質的に恩恵が大きい。雨が降らないのなら面白い。
ヒストリーメイカー
揉まれ弱くストライドが広いので、外からスムーズにコーナー加速をつけられる外枠はプラス要素。直線からの加速が求められない舞台でもあるし条件は良い。雨が降ればなお良し。
ナムラカメタロー
2走前は砂被って終了。度外視でいい。前走は番手でスムーズに運ぶことができ、被らずスムーズならこのメンバーでも席はあっておかしくない。外目の枠もプラスで。
スワーヴアラミス
前走は馬体重を大幅に落とし状態不安。2走前はパワーが求められる舞台で適性外の距離と気にしなくていい。平安Sは5着と敗れたがハイレベル戦で仕方ない。昨年勝っている舞台でもあり、その持続性能から舞台適性も高く、これだけオッズチャージされているのなら拾っておいて損はないが、枠と鞍上で軸向きではないか?砂は被りたくない。
ダノンファスト
スピードダートが得意で機動力を武器としている馬。当日の天気はひとつ鍵だろう。中山18はコーナリング的な意味でも合うので、前走の負けでここまで人気を落とすならば。雨が降るなら買い。
ライトウォーリア
揉まれ弱く最内は大幅マイナス。単騎で行ければいいが。

◎ 12ヒストリーメイカー

〇 6アメリカンシード

▲ 5スワーヴアラミス

☆ 9ダノンファスト

抑 14.11

>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG