4/17~18【平場予想+アーリントンC、アンタレスS】

NO IMAGE

勝負度合い:★~★★★で記載

 

4/17(土)平場予想

新潟11R ラジオ福島賞【★★】

◎ 4キンノマサカリ

近走は適性違いの中京で成績を落としているだけで、特に前走は外を回したら負荷が超強い中京で大外ぶん回しではまず無理で度外視。

この馬の得意条件は、機動力を活かせる舞台+スピードダートの先行競馬がベスト。

前走もそうだが、坂スタートから平坦スタートに戻る点もよく、この馬のスピードならポジションは取れるだろう。

今回機動力が求められる舞台替わりと馬場が湿るのは好材料で、鞍上も3走前同舞台を圧勝した時のコンビに戻る。

新潟ダートも前有利の舞台なので、スムーズな先行競馬なら勝ち負けまで期待する。

 

〇 8ジーマックス(SP〇、機動力〇、先行力〇)

▲ 13マテンロウスパーク(先行力や機動力あり、外枠+スピードダートと条件揃う)

 

 

新潟12R 三国特別【★★】

◎ 5カガジャスティス

2走前は不良馬場で極端に上がりが掛かった中を、外から捲り追い込んでの5着だが、ラップが遅いとはいえ中京のコーナー捲りは負荷が大きい。

このレースで好走した馬は勝馬以外内で脚を溜めており、長く脚を使わされたことや追走進路による負荷を考えれば着差0.4秒は内容としては十分。

前走も前傾2.2秒のハイペースで差し決着になった展開を、外枠から先行→中京のコーナー外を回して2.3着と着差0.2秒なら十分な内容。

明日は雨でTS質は誤魔化せるし、直線追い風も含めこの馬の持続性能が発揮できる舞台設定なのではないか。

 

〇 9アーニングフェイム(前走重馬場を2F目からポジ上げ→早め先頭で粘り込んでの5着は十分。ワンペースタイプで上がりの掛かる持続比べなら条件は良い)

▲ 13ヴェルザスカ(外枠平坦〇)

☆ 14ウィスパリンホープ

△ 11,8

 

4/18(日)平場予想

新潟12R 角田浜特別【★★】

◎ 7ココロノイコロ

当日の新潟はスピードダート+直線向かい風超強風(想定11m)のコンディション。

ただでさえ前有利になりやすい湿った新潟ダート1200mだが、そこに直線向かい風11mも吹いたら、先行力のある馬ならバイアス有利はかなり大きいはず。

そのなかでもココロノイコロは先行力があり、ハイペースでも前受けできるタイプ。

前走は休み明け+先行できず自分の形に持ち込めていないし、2走前の3着は直線内でひたすら詰まった。

中1週だが状態は問題なさそうで、しっかりと先行出来ればバイアス有利と粘り強さで馬券圏内濃厚。

 

〇 1トモジャドット(平坦替わり、先行力〇、前走は逃げるも絡まれ度外視。内枠懸念もスムーズなら)

▲ 4シンシティ(前走掛かりながらだったので行き切れば力上位だが、陣営から端には拘らない発言もあり3番手評価)

☆ 8エターナルダイヤ(先行力あり前受けからの粘り強さもあるが、休み明けで陣営も弱気。叩いてからだろうがバイアス有利が大きいので)

 

 

阪神12R 2勝クラス【★】

◎ 8タイガーサイレンス

前走は内からテンで負けてポジション取れず、加えて空馬に内に押し込まれてしまった。

その影響でコーナーでは砂を被りながら加速が付けられず力は出し切れていない。

本来の先行してスムーズな競馬が出来れば、機動力舞台のスピードダートは問題ないはず。

今回は内に先行馬が密集し、外は手薄なので、外から被されたりカットされる可能性は薄く好枠を引いたと思う。

スピードダート+直線強めの向かい風(想定4~5m)ということもあり、この枠の並びで先行出来ればアドバンテージは大きいと判断し本命に。

前有利と見ているので、相手もポジションを取れる馬で固めたい。

 

〇 3ダンケシェーン(先行力あり、スピード系機動力競馬なら上位か)

▲ 6メイショウヒバリ(先行力+減量騎手〇。ただし短縮ローテならベストだった)

☆ 2ライクアジュエリー

△ 7.15

 

アーリントンC 短評+印【★】

ピクシーナイト
前向きな気性でマイルまでだろう。前走は内ラチ馬場が良く単騎逃げとはいえ、ラスト1Fまで緩まないラップの前傾質を逃げ切り、相手は後のファルコンS勝馬のルークズネスト、NZTを圧勝したバスラットレオン。この2頭を凌ぎきったのは評価しなくてはいけない。道悪さえ対応できれば能力上位。ただNHKマイルの叩き台なので勝負度合いは高くないか。
ショウリュウレーヴ
母や兄弟が道悪の実績があり、この馬も繋ぎの立ち方して道悪は苦にしないタイプかもしれない。タイプ的にはストライドが広く持続性能に長けている馬だろう。前走の33.9-35.2 (12.5-10.4-11.0-11.5-11.6-11.8-11.8)このレースラップを、出遅れからポジション上げするロスをしながら、直線脚色衰えず快勝したのは強い。恐らくストライドの広さとスピード性能から14質向きで今回延長だが、馬場が渋るならマイル質的な適性は問われない。適性的なカバーの意味でも道悪は好条件。
ジュリオ
ピッチ寄りの走法と馬格的に考えても、パワーやタフさ<トップスピードだろう。道悪は歓迎で上がりの掛かる条件は好条件。
ホウオウアマゾン
ストライド走法で持続性能が高く、溜めてキレるようなタイプ。前走の朝日杯では、脚が溜められず凡走と敗因は明確。道悪への対応もそうだが、溜めてキレるようなタイプではその長所は活かせない。道悪で好走歴を持つが、走法的には裏付け不十分で、展開的にも脚は溜まらなさそうではある。
サトノラムセス
ストライドが広くロングスプリント性能に長けている印象。前走はスタート不利で後方からとなり、かなり長く脚を使わされたがゴールまで脚色衰えず走り抜けているあたり、この馬の持続性能の証明になっただろう。トップスピードはそこまで高くないと思うので、良馬場のマイル質ならキレ負け濃厚と思っていたので渋るのはプラス。ただ重不良まで行くと予測不能。
レイモンドバローズ
前走は前傾1.1秒を先行し中間中弛みで控える形で負荷はかなり大きかったはず。結果的にも先行馬壊滅した中、この馬は抜け出して着差0.2秒は強い内容。2走前も前傾質のラップを先行して勝ったように、後半あがりの掛かるレースでの好走と、スタミナ的な要素を評価できる内容。今回も上がりが掛かりそうで、道悪さへ対応できれば面白い存在。
◎ 15ショウリュウレーヴ
〇 11ジュリオ
▲ 8ピクシーナイト
☆ 12レイモンドバローズ
△ 13サトノラムセス

アンタレスS 短評+印【★★】

テーオーケインズ
機動力が求められる舞台は合うし、求められる適性が違う中京や東京でも力を示している点から総合力の高さが伺える。馬群競馬も大丈夫で内枠も問題ないし、スピードダートへの対応も可能。3走前はオーヴェルニュ相手にハナ差の接戦を演じており、オーヴェルニュが次走東海Sを圧勝しているので、この辺りからも能力の裏付けが取れる。特に嫌う要素がない。
アナザートゥルース
この馬の特徴は加速性能ではなく、先行力や機動力、パワーなどを武器に前で粘りむようなタイプ。その適性中山とマッチしており、アンタレスSは2年連続で好走している点でも裏付けが取れる。また、昨年同様ダイオライト記念からの短縮ローテも好感が持てるし、近走見ても衰えは感じない。1つ不安点はあまり揉まれたくない点。チャンピオンズカップの敗因もこの辺りだろう。今回の4枠7番は2.3年前と比べて内側で、外枠に先行馬密集したことにより被される可能性がある。
グリム
前走は長欠明けに加え、短い上にスピードダートで忙しすぎた。着差もそれなりに詰めており、まだまだ走れる可能性はある。機動力競馬の舞台は問題ないし、2年前好走している舞台。特に推したいのは、自己条件に戻る+距離延長時の成績が非常に良い点。内枠からスムーズな競馬ならやれていい。
ヒストリーメイカー
この馬の持ち味は機動力だろう。ストライドが広く揉まれ弱いので、外枠からスムーズにコーナー加速を付けるような競馬がベストな為、今回外枠に先行馬密集した中の4枠は割引材料。スピードダートは合うのでスムーズなら好走可能圏内。
アルドーレ
2走前は砂を被りながらもインから脚は伸びており、今回の内枠競馬も砂という意味では問題ないだろう。ここでは直線の加速性能が求められる舞台で適性違い。機動力と持続力を武器に長く脚を使うタイプなので、阪神に戻るのはプラス。前走は叩き良化型の休み明け+直線進路カットで敗因は明確。パワーのいる舞台でもあったし、スピードダート替わりもプラスだろう。巻き返す材料は十分ある。
レピアーウィット
揉まれず機動力を武器に。と言った馬なので単純に内枠はマイナス要素。前走は初角で外に出して揉まれず運べたことが大きかったのだろう。パワー>スピードかと思うので、阪神18のスピードダートは少し適性がズレるかと思う。
◎ 4テーオーケインズ
〇 5グリム
▲ 7アナザートゥルース
☆ 2アルドーレ
△ 8,14,16
>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG