4/24~25【平場予想+フローラS】

NO IMAGE

勝負度合い:★~★★★で記載

 

4/24(土)平場予想

東京10R 晩春S【★★】

◎ 12トーセンリスト

トップスピードなどの能力面ではなく、立ち回り性能などの上手さが売りな馬。

この手の馬は決め手不足で、勝ちきれなかったりはするが、バイアスに乗れたり崩れにくかったりするのが最大の長所。

この馬自体高速馬場を得意としていることからも、開幕週の良馬場東京はベスト条件。

ピッチ走法でTS質とTS持続に関しては、前走のように足りない面は見せるが、立ち回りとバイアス+高速馬場で十分アドバンテージが取れるし、1400mであればTS戦にはなりずらい。

仮にTS戦になっても、上記のようにこの条件なら誤魔化せるので、あまり崩れるイメージが沸かない。

あわよくば勝ってほしいが、馬券内軸なら信頼度は高いだろう。

 

〇 13エイムアンドエンド

前走の中山スプリントは出遅れ+テンでカバーできず後方から差し遅れ。もともとポジションは取れる馬で、延長+得意条件で巻き返し期待。

 

▲ 9カレングロリアーレ

この並びならすんなり端は取れそうで、開幕週の東京なら残しても。

 

△ 17スカイグルーグ

気性前向きで短縮はプラス。状態面の問題もあり立て直せていれば自力で通用していい。大外枠もマイナスでピンパーだが、前日段階で◎とワイド20倍付くならば抑えておいても。

 

 

東京12R 2勝クラス【★】

◎ 13メタルスパーク

3走前の同条件では、内枠から馬郡競馬で直線も詰まるような形だったが、外へ出してからは徐々に伸び最後まで脚を使えたように、この馬の持続力に関しては評価できる。

結果的に先行有利となり前決着だったので、流れていれば届いていただろう。

前走は距離が忙しく置いて行かれてそのまま。2走前は機動力が求められ適性違いだったが、今回持続力を活かせる得意条件に戻るのはプラス。

そして東京ダート14~16は差しが効きやすい舞台でもあるし、良馬場+逃げ先行馬多数でペースは流れる可能性が高いと予想しているので、この馬の追い込みに賭けたい。

 

〇 10ミツカネプリンス

持続力が活きる舞台替わりはプラス。2走前は前決着で砂被りながら内で伸びれず。決め手と枠で今回は対抗まで。

 

▲ 11インウィクトス

延長+適条件替わりプラスで、展開が流れれば追い込めて良い。

 

☆ 16オレノマニラ

△ 7レッチェバロック

 

 

4/25(日)平場予想

 

東京12R 2勝クラス【★★】

◎ 10モレッキ

先行力と持続力があり、5走前同舞台を昇級したレースでは、既に2勝クラス突破のホウオウトゥルースに完勝し、ここ2戦もこの舞台で安定した成績を残している。

このクラスで足踏み状態だが、2走前は昨日OP勝ちのタガノビューティーの決め手に屈したが強い相手に着差0.2秒と能力は示している。

土曜の東京ダートは軽い馬場でイン前有利。

鞍上川田に乗り替わりも大幅プラスで、ポジション確保して流れに乗れれば勝ち負けまで期待したい。

 

〇 6クリノプレミアム

前走は距離。短縮+得意条件替わりで、軽いダートでイン前バイアスが発生しているし、このメンバーなら単騎で行けそう。

 

▲ 15グロリアスホープ

前走は内枠からポジション取れず、砂を被って馬郡に沈んだ。大崩れしていないこの舞台は合うはずで、外枠替わりでスムーズに先行できれば。

 

☆ 12テーオーポシブル

モレッキには2走前敗れているが差のない競馬。持続力あり舞台は合う。

 

フローラS 短評+印【★】

オメガロマンス
新馬戦は基礎スピードで置いていかれ、直線逆手前のまま上がり時計0.6秒差離す最速タイムでの勝利。かなり強い内容だったと共に、距離が忙しいので延長したほうがいいだろう。前走は延長したものの馬場が応えたようで参考外。スバイアス前でも後半のスピード比べなら浮上してもおかしくない。
ウインアグライア
ストライドが広く速い上がりは使えないが、この舞台で内枠+先行できるアドバンテージはかなりデカい。持続性能はあるし、粘り残しても。
オヌール
トップスピードや瞬発力はかなり高いものを持っているだろう。今回はそれを活かせる舞台設定でもあるし、高速馬場も歓迎。不安点は初の多頭数と初輸送。この辺りをクリアできれば。
パープルレディ
前走は牡馬相手に直線進路カットなどスムーズさを欠く形となったが、それでもしぶとく伸びて勝ち切ったあたり、スピードというよりも底力的なものが感じられた。トップスピード比べよりも上がりが掛かった方が良さそうで、休み明けはいいが短縮ローテはプラスに出るか疑問。
ユーバーレーベン
先行力が低く後方差し一辺倒なので、開幕週でイン前の強い今の東京で届くか疑問。ただ能力だけで言ったら、阪神JFでは後の桜花賞1.2着馬に次ぐ3着を演出しているし、前走はスローで前有利の中差してきての3着。能力は示している。
クールキャット
能力は高いが、気性前向きで延長ローテは課題となるか。
◎ 14オメガロマンス
〇 1ウインアグライア
▲ 8オヌール
△ 13ジェニーアムレット
>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG