6/12~13【平場予想】

NO IMAGE

勝負度合い:★~★★★で記載

 

6/12(土)平場予想

東京10R 三浦特別【★★】

◎ 3リュクスウォーリア

ストライドが広く大箱での持続力勝負向きな馬。休み明けでパフォーマンスを上げてくるタイプで、今回の臨戦過程と東京条件はベスト条件だろう。同じ休み明け+東京の臨戦だった3走前は好内容で、この前昇級したストームガストと着差なし3着。下は既にこのクラスを昇級しているオーロラテソーロ・ミッキーハイドを下していたりと能力は既に示している。その後は使い詰めもあったし、前走は絡まれハイペース逃げ、2走前は前崩れの展開で4着に粘っていて力は示している。また、揉まれ弱くベストは外枠だが、このメンバーとテンの速さを考慮すると、そこまで揉まれる競馬は想定されにくく、すんなり端か番手は取れるはず。勝ち負けまで期待。

 

〇 10オメガドーヴィル

▲ 6フジノタカネ

☆ 2

△ 13

 

中京11R 桑名S【★★】(オプチャ無料配信レース)

◎ 1タンタラス

揉まれ弱く最内枠はマイナスではあるが、小頭数でこのメンバーなら楽に先行は出来るはずで、そこまで揉まれるようなイメージはない。前走も内枠で揉まれながら直線も詰まったが着差0.6秒なら悪くない内容。この馬の得意条件は高速馬場で、今の高速中京は合うし、内枠からポジションを取ってしまえばアドバンテージはかなり大きい。能力的にも2走前くらい走れれば当然上位で、このクラス勝ち上がったリアンティサージュを楽に交わしたことからも分かるだろう。スムーズなら勝ち負けまで期待。

 

〇 4ソウルトレイン

▲ 2オールイズウェル

△ 11

 

札幌11R 大倉山特別【★】

◎ 5オシリスブレイン

基礎スピード的にスプリントでは足りなくなるが、その分決め手を活かして結果を残している。かといって14質系だと2走前のように14質系の持続力甘くなるので、スプリントで差しに回る形か直線短い1400m。例えば阪神とかが現状良いかと思う。札幌は開幕週だが晴れの続いた週でも金曜朝段階でクッション値7.6。エアレーションや木曜散水などの効果もあり、良馬場でもパワーがいりそうな開幕週。メンバー的にも先行馬が揃い開幕週の良馬場の札幌ならペースは流れる可能性が高く、そうなればこの馬の差し脚なら届いていいはず。能力的にも、前走直線詰まって一度減速してからの巻き返しで着差0.3秒の5着。不利が無ければ勝ち負け圏内だった内容で、このクラスは時間の問題。

 

〇 12ロフティーピーク

▲ 2エムオーシャトル

☆ 4オーロラフラッシュ

△ 10キーダイヤ

 

 

札幌12R HTB賞【★】(オプチャ無料配信レース)

◎ 3ブラックデビル

時計の掛かるタフな馬場を得意とする馬で、速い脚は使えないものの、スタミナや持続力に長けた馬だろう。前走はハイペースで差しが効いたとはいえ、あまり溜めの効かない展開でラストまで長く脚を使えたように、この馬のスタミナや持続力に関しては札幌でも十分活かせる。器用な馬でもないので、コーナー緩い札幌の舞台は合うだろうし、実際に昨年は同じ舞台で3着の実績あり。着差0.1秒で負けたが、ポジションが後方過ぎてかなり長い脚を使わされているが最後まで脚は衰えず、上がりタイムも最速で後続を離していたりと、とにかく持続力が高い。開幕週だが晴れの続いた週でも金曜朝段階でクッション値7.6。エアレーションや木曜散水などの効果もあり、良馬場でもパワーがいりそうな開幕週。展開フラットなら差しが効いてもおかしくないし、時計が少しでも掛かれば昇級初戦でも通用する能力はあるとみる。

 

〇 2ココニアル

▲ 7ルックスマート

△ 5.8

 

 

 

チェック馬

※前走チェックを付けたが、条件が合わず推奨しきれなかった馬

東京7R ズールー
前走は前の馬がヨレてブレーキによる加減速負荷あり。不利なければ馬券内だったような内容。牝馬限定戦ならやれていいのでは。相手はアリエノールで行きたいが、オッズ次第。
東京8R タイキスウォード
前走前残り展開を勝ち馬と共に外差し競馬。後続は離しており、次走以降も期待。ピッチ走法で手前を変えながら持続力を維持するが使える脚は短い。内枠で買い。で今回内枠ではあるが、東京の馬場が固くなってきており前にバイアスが行きそうなのと、条件戦でスローなら後半トップスピード瞬発戦だが、TSとその持続が足りないので不安が残る。このオッズでは行きたくない。
東京8R バニシングポイント
前走ようやく短縮したが、それでも折り合いを欠きながらの競馬。それでいて好内容なので自力は高いだろう。妙味ないので静観。
東京12R フレンドアリス
2走前は向正面で逃げ馬に進路CT、頭を上げ加減速の不利、追い出しのタイミングで直線壁。不利なしで3着までだった内容で、買い時は確実に前走だった感。とはいえ牡馬相手にやれているので、今回もチャンスはあっていい。相手はフクウンあたり。

6/13(日)平場予想

東京9R 八王子特別【★】

◎ 6キスラー

パワーと持続力が必要な東京2100mは問題ないし、右回りだと内にササるところがあるので、左回りのこの条件はベストに近い。自力的にもこのクラスを突破するだけのものはあり、勝ち切れない馬だが着拾いの上手い武豊なら馬券内は濃厚と見て。

 

〇 4アポロティアモ

▲ 5トラモント

☆ 11ロングラン

 

札幌10R 十勝岳特別【★】(オプチャ無料配信レース)

◎ 13ミスミルドレッド

これまで直線の長いコースで持続力を武器に堅実に走ってきた馬。前走も後傾戦とはいえ中間は比較的流れた中で持続力を活かした先行競馬で2着。札幌の舞台は終始平坦+コーナー角緩いためペースが緩みにくく、レース全体で持続力が求められやすいので、この馬の持続力を活かせる舞台だろう。トビも大きく小頭数外枠も歓迎で好勝負期待。

 

〇 5ブルームスベリー

▲ 8イッツユアタイム

☆ 12キュンストラー

 

中京11R 三宮特別【★★】

◎ ミヤジコクオウ

良馬場のパワーダートで力を発揮する馬で、近走は道悪スピードダートにより条件が悪かったが、本日の含水率2.0-4.0%という条件で、尚且つパワーが必要な中京ダート1800mは条件としてはかなり良い。自力的にも4走前にロードレガリス相手に着差0.4秒の4着と、条件が揃えばかなり高いパフォーマンスは出せるし、今回のメンバーなら十分通用していいレベルの馬。枠も外過ぎずこのメンバーなら好位で溜めることができるし妙味も十分。狙いたい。

 

〇 12サンライズホープ

▲ 16ダイアナブライト

☆ 3タマモサンシーロ

△ 11.13.15

 

函館SS 短評+印【★★】

ビアンフェ
スプリンターにしては大トビで、走りでは1400向きな感はあるが、行きたがる気象面からもスプリントが合うのだろう。被されたくないので外枠も歓迎。オーシャンSではカレンモエとコントラチェックに敗れ3着だったが、坂でスピードが落ちており急坂苦手説がある。大トビなことや、これまでの好走歴を見ても平坦巧者は頷けるので、平坦替わりは大幅プラスだろう。
カレンモエ
スピードと持続力に長けた馬で大崩れのしないタイプ。ただし、逆に言えば決め手にかけるタイプで勝ちきれなさはある。前走オーシャンSはイン前有利のまま恩恵を受けての2着。特別強い内容ではないので、展開やバイアスフラットならば大きくは崩れないだろうが、これといって強く推せる要素もない。
ジョーアラビカ
前走は出遅れ流れに乗れず、コンスタントに使われ続けてきた疲労もあっただろう。今回はリフレッシュされ前走よりか力は出せるはず。ただし叩き良化型でいきなりハイパフォーマンスまではどうか。自力だけなら京阪杯でカレンモエと、タンザナイトSでラヴィングアンサーと着差なしと力はあるので差し展開ならチャンスありまで
ミッキーブリランテ
ピッチ走法ながらワンペースで走れるタイプ。急坂はあった方がいいので平坦替わりはプラスには働かない可能性はある。またスプリントでは基礎スピード的に足りないので、少々忙しいイメージ。中団馬群で運べればチャンスだがその辺りが最大の課題だろう。
ケープコット
時計の掛かるタフな馬場がベストで、前走は馬場も速かったしハイペース先行と理由はつく。洋芝とは言え時計は出ているので、もう少しタフな方がベストだが、今回内枠確保でインの好位で溜められればチャンスはあるだろう。
コントラチェック
ストライド走法でスプリンターというイメージはなく、基礎スピード的にも14質系がベストだろう。オーシャンSは揉まれない形で運びイン前超有利だった内容でハマった。今回は外にカレンモエ、ビアンフェ、アルピニズム、ロードアクアと速いメンバーがいるので、前走のように楽には行けないだろう
シゲルピンクルビー
基礎スピード的にスプリントは少々忙しい。差しが効けば内枠+斤量でチャンスはありそうだが、フィリーズレビューはヨカヨカを初角で進路カットしてしまい、それがそのまま結果に出た形で、相手関係的にも評価が難しい。古馬相手だと斤量有利はあっても厳しい一戦となるだろう。
◎ 14ビアンフェ
〇 5ケープコッド
▲ 7ミッキーブリランテ
☆ 10ジョーアラビカ
△ 16カレンモエ
△ 3シゲルピンクルビー

 

 

チェック馬

※様々な理由で無印となった馬。条件次第で今後狙う。

東京10R スマッシングハーツ
2走前は間隔詰め輸送競馬、前走は中京のコーナー外を大外捲りと、敗因は明確でそれでも着差0.4秒に残している辺り能力はここでも十分。妙味で今回は勝負レースにしないが、東京なら勝ち負け濃厚だろう。
中京7R ピナ
前走は4角弾かれコーナー外の負荷が大きかったがラストまで脚は使えており、スムーズであれば巻き返し可能な馬。
中京12R マイネルホイッスル
前走逆手前ながら2着と力を証明している。適性的にはピッチ走法で14質系を得意としており、中山16、阪神14、中京12~14で狙っている馬。今回中京14内枠と好条件だが後ろから届くか?という点で少々疑問あり、妙味もないので静観。
中京12R ルージュグラーズ
前走は折り合いを欠きながらも4着とまとめており自力の高さを感じる内容。今回短縮で更にパフォーマンスを上げる可能性あり。ただし妙味がないので見。
>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG