8/14~8/15【平場予想】

NO IMAGE

8/14(土)平場予想

札幌9R 1勝クラス【★★☆☆】

◎ 6チェックメイト
そもそも札幌スプリントは先行馬が非常に有利な舞台。開幕週で例年より間隔が空いた札幌であればイン前に張れる馬を素直に狙いたい。チェックメイトは前走芝戻り休み明け+12キロだったが、ゲートをしっかり決めて先行粘り込み3着と持続力を証明した。札幌の舞台も問題ないだろう。叩き良化型に出やすいダイワメジャー産駒でもあり、叩いた上積みには期待できるし、今回の並びであれば楽にイン前のポジションを取れるはずで、先行粘り込みが叶う条件。ちなみに札幌スプリントにおけるダイワメジャー産駒は過去10年で単複ベタ買い100%と抜けている。
〇 4ジャガード
▲ 14ロードリスペクト
☆ 8テリオスヒメ
△ 3.10.11.16

札幌11R 羊蹄山S【★★★☆】

◎ 9ライジングドラゴン
札幌(2-3-0-1)でこの時期と札幌が非常に合う馬。昨年のTVh賞ではソリストサンダー相手に着差0.3秒で後続を離しての2着。3走前はリネンファッション相手に着差0.2秒と、自力の高さは証明している。前走はコーナー内で砂を被りながらコーナー加速できず力を出し切れていない。また、函館で凡走多く札幌で成績を上げている理由は恐らくコーナー角だろう。この馬が馬券に入っているレースは札幌・阪神・京都といったコーナー角が比較的緩い舞台で、コーナー外から機動力を付けての好走。今回も外めの枠確保+叩き2戦目で札幌替わりはプラス要素。巻き返しに期待したい。
〇 11ペイシャキュウ
自力は2走前のハイレベル戦で3着と証明した通り、出し切れればここでも上位だが、揉まれたり砂を被ったりするとパフォーマンスを大幅に落とす馬。この並びだと外の2頭が少々気になるところで、12.13ともに揉まれたくないので外に張りたいはず。その辺り気がかりで妙味を考慮して対抗評価に落とした形。スムーズなら自力上位ではあるが。
▲ 8ハヤブサナンデクン
☆ 4オレンジペコ
☆ 12デッドアヘッド
△ 1.13

新潟8R 1勝クラス【★★★☆】

◎ 11タイセイマーベル
昇級した2走前はL6(13.8-12.0-12.0-12.9-13.6-14.0)と道中かなり速くなりラスト消耗質の展開を向こう正面番手で被され、3角入り口から先頭に立ちそのまま押し切った内容は高い評価をしている。次走昇級初戦の前走は延長して折り合い欠いてガス欠。完全に距離が合わなかったので度外視でいいだろう。今回実績のある舞台に短縮するのはプラス要素なので巻き返しに期待。
〇 12レイニーデイ
▲ 4ハイエストエンド
☆ 6リズムオブザナイト
△ 5.15

新潟11R 稲妻S【★★☆☆】

◎ 15ビアイ
基礎スピードは足りており斤量体重比クリア。メイショウボーラー産駒らしくパワーやスピードに秀でたタイプで、過去にダート実績も上げている。今回馬場がある程度渋ることが想定されるが問題ないだろう。外枠確保で素直にここから。
〇 11アルミューテン
斤量体重比クリア。基礎スピードで劣るが、馬場が渋るのであれば問題ない。韋駄天Sを4着しており、今年の韋駄天Sの馬場はかなりタフで時計が掛かっていたので、そのレースを好内容で消化できているのであれば、今回の条件は歓迎材料だろう。
▲ 12サクセスハーモニー
☆ 16ジュニバーベリー
△ 8.10.14

近3走の平均馬体重から算出した斤量体重比

1 10.9%
2 11.1%
3 10.3%
4 11.5%
5 10.6%
6 11.2%
7 10.5%
8 10.3%
9 11.0%
10 11.8%
11 10.5%
12 11.3%
13 10.6%
14 11.2%
15 10.3%
16 11.1%

小倉11R 阿蘇S【★★☆☆】

◎ 2スマートセラヴィー

ヘニーヒューズ産駒らしく揉まれたり砂を被ったりするのを苦手としており、この馬に関しては全く追うのをやめてしまう。2.3.4走前は揉まれたり砂を被ったりの内容、前走は逃げるも絡まれハイペース差し有利の展開となり負荷が強い中でも6着に踏ん張る内容で悪くない。揉まれず被らず運べればソリストサンダーやテーオーターゲットに先着できるレベルの馬で、ギャラクシーSではハイペース前崩れの展開を番手で3着に粘り込めるだけの持続力もある。今回内枠とはなるが、小倉の高速ダートは遠心力的負荷の関係で、コーナー内に進路をとった馬が有利になる条件。すんなり出れれば枠とテンの速さで逃げることも可能で、先行意識の高い川田騎手ならまず控える選択はないはず。改めて期待。

 

〇 11メイショウカズサ

明らかに前走が買い時だったが、前走と同条件だしレコード馬を買わないわけにはいかない。スピード馬場歓迎でスタート決まれば大崩れはないと思うが、ゲート難を見せていた馬なので、出負けして揉まれる形になるとパフォーマンスを落とす可能性はある。恐らく1番人気だろうしリスク考慮して対抗に。

 

▲ 6クリノフウジン

☆ 10モズダッシュスター

△ 4.9

 

8/15(日)平場予想

新潟4R 未勝利戦【★★☆☆】

◎ 16リネンデザイン

スプリント短縮した近2走で変わり身を見せている馬。ここでは基礎スピードでやや劣るが、馬場が渋って基礎スピードの要求値が下がっている今ならマイナス要素にはならない。ここ2戦は持続力を活かして粘り切れていることからも、その持続力が千直でも活きる可能性は高いし、前走は逃げた勝馬の番手で運び、その他先行馬が垂れて差し馬に交わされた中、持続力を活かして2着に粘り込んだ内容も悪くない。外枠+斤量体重比クリアで、人気だろうが素直にここから。

 

〇 17ショウユアセルフ

▲ 14アインジェニー

☆ 9セイウンスノー

△ 12ルティレ

近3走の平均馬体重から算出した斤量体重比
1 12.2%
2 12.6%
3 12.2%
4 11.8%
5 12.2%
6 11.7%
7 12.0%
8 12.7%
9 11.2%
10 13.6%
11 13.2%
12 10.6%
13 12.7%
14 11.3%
15 12.3%
16 11.3%
17 11.0%
18 11.1%

新潟12R 1勝クラス【★★☆☆】

◎ 5フミロア
前走は初の右回りで終始外に張ってしまう形で力を出し切れていないので、今回左回りに戻るのは大幅プラス。自力的にも2走前に下したアスクキングコング、クインズムーンが次走あっさり昇級を決めたほか、3走前もフミロア含む4頭が次走昇級。4走前に着差0.1秒に追い詰めたブロンズレッドが既にこのクラスを勝ち上がっているなど、ハイレベル戦で好走を続けてきており、自力面は既に証明済み。コーナー角が急な新潟内回りで内枠確保できたのもプラスで、メンバー構成と斤量50を考慮すればすんなり端まで奪える条件。馬場に関しても2走前着差0.4秒で逃げ切った時の新潟が、稍重ながら非常に時計の掛かるタフな馬場だったので今の馬場も問題ないだろう。勝ち負けまで期待したい。
〇 4クムシラコ
▲ 15スマートルグラン
☆ 2アヴァノス
△ 6.13

札幌11R UHB賞【★★★☆】

◎ 4マイネルアルケミー
決め手はないがワンペースで走り続けられる持続性能が長所なので、とにかくポジションを取れるか否かが重要。外枠からポジションが取れないのはマイナスになるので内枠偶数番を確保したのもプラス要素。日曜の札幌は高速馬場で内枠から好走馬多数。前有利になりやすい札幌スプリントなら内枠先行馬できる強みも活かせる。自力もOP重賞で差のない競馬をしており証明済みで、休み明けの臨戦も問題なく短期放牧明けのリフレッシュ効果にも期待したい。
〇 8シャンデリアムーン
3走前はハイペース差し展開を先行して着差0.4秒に残したが、その他先行馬で再先着が着差0.9秒とかなり前が厳しい展開でこの着差なら評価高い。4走前も中京1200を離れた単騎逃げして(33.2-34.9)はオーバーペースで普通なら急坂で止まるが、それを勝ち馬カレンモエに着差0.4秒の3着に残す持続性能は評価でき、前走は逃げきり勝利としっかり自力を証明した形となった。昇級初戦だが斤量52の恩恵を活かして前で粘り込める可能性はある。
▲ 12ロードアクア
☆ 2ヒロイックアゲン
△ 3.6
>適性チャートとは?

適性チャートとは?


適性チャートとは、馬やレースの適性を可視化したものです。
このチャートは約40個以上ものファクターを駆使し、馬ノスケ独自の理論で構築されております。
詳細は下記ボタンから専用記事へアクセスください。

CTR IMG