京成杯AH 2020 全頭診断【トラックバイアス次第で結構変わります】

お疲れ様です。

この記事では京成杯AHの全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求めらる適性

①持続力+スタミナ
②追走力
③先行力の低い後方の馬は機動力

 

2.総合S評価成績

 

 

 

3.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アストラエンブレム

関屋記念 9着
12.2 – 10.9 – 11.5 – 11.7 – 11.5 – 11.3 – 11.6 – 12.4
ミドルペースの持続力勝負。道中のポジションや不利は特になく、トップスピードの質で劣った内容でした。今回はトップスピードの質は問われないですし、この時は調整がやや軽めだったことを踏まえると、今回の条件なら度外視できると思います。
東風S(2019) 2着
12.3 – 10.7 – 11.1 – 11.5 – 11.8 – 12.0 – 11.9 – 12.8
ミドルペースの持続力勝負。インを追走し4角で外へ出していましたが、だいぶ外に振られていました。勝馬のジョーストリクトリは内で立ち回っていたので、4角での距離ロスがなければ逆転は可能だったと思います。

上記の内容を見る限り、後半時計の掛かるタフな持続力勝負がベストかと思います。

トップスピード戦では関屋記念のように劣るので、今回の舞台は合うと思います。

ただし決め手に欠ける点や、これまでの相手関係を考慮すると能力面では劣る印象です。

今回斤量1キロ増となり、ストーミーシーと同じくトップハンデなのもマイナス材料かと思います。

また京成杯のラップが、東風Sよりもう1段階速くなる可能性が高いので、それに対応できるか。

なので短距離経験がない点も推せません。

適性は最低限の評価ですが、全体的に厳しめの評価とします。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:B

 

 

アフランシール

新潟日報賞 1着
12.3 – 10.4 – 11.1 – 11.9 – 12.0 – 11.2 – 11.5
前半ハイペースですが、中間極端に緩みラスト瞬発力勝負。中団で立ち回った馬に展開が向き、インベタでロスを殺し直線外に出す完璧な騎乗で快勝しました。
東雲賞 1着
12.9 – 12.1 – 12.2 – 11.8 – 11.8 – 11.7 – 11.5 – 12.0
スローからの持続力勝負。道中からワンペースで流れ後半スピードも問われたレース。タフさは要求されなかったレースなので、今回のレースの適性には繋がらず。

ここまで京成杯のようなタフな流れで好走歴がなく、トップスピード戦のほうが合う印象

タフさが求められる今回は適性面で厳しいと見ています。

買い材料はまだ暑い時期の牝馬+斤量52なので、追い切りなど含めた状態面は注目したいです。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:B

 

 

アルーシャ

信越S 1着
12.2 – 10.5 – 10.9 – 11.7 – 12.1 – 11.9 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。中団前の馬が上位独占した中、後方13番手から後方一気で差し切り勝利。相手関係的にも2着プールヴィル(京都牝馬2着)、3着デアレガーロ(京都牝馬3着)、4着メイケイダイハード(中京記念1着)これらをまとめて交わした点で評価が高いレース内容です。
ニューイヤーS 3着
12.5 – 11.7 – 11.6 – 11.8 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 13.0
ミドルペースの持続力勝負。稍重開催で時計も掛かっていた割に中間ラップは速く流れています。気性が抑えきれず道中ポジションを上げてそのままワンペース持続力で押し切った内容。仕掛けを待ったシャイニービームに交わされましたが、アルーシャの方が長い脚を使っているので、ここは仕方ないで片付けます。

先行力はありませんが、ニューイヤーSで見せた追走力と持続力は評価できます。

中山外回りなら先行力は追走力+機動力でカバーできますし、能力面も信越Sで証明できています。

ちなみにヴィクトリアマイルでもノームコアと同じ上がりを計測しています。

後半タフなレースのバテ差しは得意なので、この舞台ではその得意分野が活かせると思います。(極端に前有利の馬場じゃなければ)

水分を含む馬場も問題ないですし、ペースも流れやすいこの舞台とメンバーなら距離延長でも問題ないと考え一発あると思います。

ただ気性面の問題もあるので、外で壁を作れないのはニューイヤーSのようにラスト甘くなる可能性もあるので内枠が欲しいですね。

あとは当日の馬場傾向次第かと思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

アンドラステ

エプソムカップ 4着
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.9 – 12.1 – 11.8 – 11.9 – 12.8
前傾1.2秒の速いペースで、不良馬場のイン前決着になったレースを、中団外から上がり最速で詰めてのハナさ4着は道悪適性や能力面を高く評価できる内容です。
これまでのレースで高速馬場の経験がなく、いずれも道悪や時計の掛かる馬場でのレースで上位入選してきています。
関屋記念 3着
12.2 – 10.9 – 11.5 – 11.7 – 11.5 – 11.3 – 11.6 – 12.4
ミドルペースの持続力勝負。直線では消耗戦気味のレースになりました。内枠からインを通ってそのままイン突きの3着。新潟外回りなので直線でスピードは求められたもののタフさ寄りの適性も求められたレースだったと思います。

関屋記念で道中掛かっていたことを踏まえると、中山1600m替わりはペース流れるのでその点はプラス。

タフ寄りの持続戦は熟せますし、馬場が渋って時計が掛かってくれるはプラスでしょう。

ただ、中山1600mは高速ラップで流れ短距離質のラップになるので、1600m1800m主戦で戦ってきたこの馬には追走力という点で一つ課題となります。(速い時計が出る馬場の場合)

ただ今回斤量1キロ減の53キロは魅力ですし、

馬場が渋って時計が掛かってくれるのは歓迎なので、当日の馬場状態で評価は変わってくると思います。

ちなみに良馬場だと置いていかれる+機動力不足で結構厳しくなると思います。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:A

 

 

エントシャイデン

中京記念 3着
12.3 – 10.5 – 11.2 – 11.8 – 11.7 – 11.3 – 11.4 – 12.5
ハイペースの消耗戦。後方競馬でバテ差しといった形。消耗戦且つラスト1Fの掛かり具合からスタミナ的要素が問われたレース内容です。
谷川岳S 2着
12.5 – 11.0 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.1 – 11.1 – 11.6
スローからの瞬発力勝負。アストラエンブレムに詰めるもハナさ差し切れずの内容でしたが、上がり最速で追い込めており位置取りの差で負けたようなものなので、勝馬同等の評価をして良いと思います。ただエンジンが掛かるのが気持ち早ければ差し切れていたとは思います。
関屋記念 6着
12.2 – 10.9 – 11.5 – 11.7 – 11.5 – 11.3 – 11.6 – 12.4
ミドルペースの持続力勝負。前傾戦でしたが後半でもトップスピードが問われ新潟らしいレースになりました。バテ差しが効きずらいコースなので、上がり3位の6着は能力を出し切った内容だったと思いますし、3着アンドラステと0.1秒差を考えると内容は悪くなかったです。

エンジンの掛かりが遅く、中京記念や安土城Sの内容から、速い展開をバテ差しするのが一番合うかと思います。

つまりスタミナのあるタイプで、1400m質のレースが適性舞台かと思います。

なので今回スタミナ+持続力が問われ、バテ差しも効きやすいこの舞台は合うと思います。(当日の馬場傾向次第ではあります)

あとは能力面+斤量56キロをどこまで評価するか。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

シゲルピンクダイヤ

ターコイズS 3着
12.4 – 10.5 – 11.0 – 11.5 – 11.9 – 11.8 – 11.1 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。コントラチェックが単騎逃げで加速ラップを踏んでいますが、後続は持続力勝負となっています。シゲルピンクダイヤは残り600m前辺りから仕掛けを開始して38番手→42番手まで上げています。ディメンシオンも同じ位置から上がっていきますが、脚が上がってしまったので、この早仕掛けはリスク高かったと思います。エスポワールに着差0.3秒離されましたが、これは位置取りと仕掛けのタイミングの差でしょう。上がりは同タイムです。機動力と持続戦を高く評価できる内容だったと思います。
ヴィクトリアマイル 6着
12.0 – 10.9 – 11.3 – 11.4 – 11.1 – 11.2 – 11.1 – 11.6
ミドルペースの持続力勝負。1400質のスピードが問われたレース内容で、好スタートも追走力(スピード)不足で中団からの競馬。ノームコアと同じ上がりを使いますが、差し切れず6着でした。G1で6着は単純に評価していいですが、追走で置いて行かれたことを踏まえると、1400質マイルは適性違いの可能性

中山も1400質の速いラップが刻まれるので適性面は若干違いますが、機動力と持続力で対応は可能ですし、東京と違って中山1600mなら馬場傾向次第でバテ差しも効きます。

ヴィクトリアマイルでは追走に苦労しましたが、直線でノームコアと同じ上がりを使えているので、追走持続力はあります。

なので適性面やポテンシャルは高く評価して良いですし、斤量54キロは恵まれました。

あとは休み明けなので、叩き良化型のこの馬の状態面は一つ鍵でしょう。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ジャンダルム

ニューイヤーS 1着
12.5 – 11.7 – 11.6 – 11.8 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 13.0
ミドルペースの持続力勝負。好位に付け4角から押し切る強い内容。持続力や機動力を高く評価できるレース内容です。

その後惨敗続きですが敗因は明確で、

東風Sは早仕掛け過ぎて最後まで持たず。

ダービー卿は出遅れスタートで脚を使った分後半ガス欠。

関屋記念はトップスピード戦。機動力+持続力のこの馬は適性外。

ニューイヤーSの時のように好位から抜け出す競馬が出来れば、ここの適性は高いです。

昨年の京成杯でも高速ラップを好位で粘って3着と健闘してますし、

得意条件なら巻き返しの可能性はあると思うので、まだ見切りは付けたくない馬です。

馬場傾向が前に向くなら、評価はそれなりに上げようかと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

スイープセレリタス

ここまで瞬発力を武器に好走してきた馬です。

持続力、追走力、スピードなど前走の函館SSで惨敗した通りなので、ここでの好走は厳しいと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

ストーミーシー

東風S(2020) 2着
12.3 – 10.7 – 11.1 – 11.5 – 11.8 – 12.0 – 11.9 – 12.8
ハイペースの持続力勝負。インの番手追走で4角で後退気味になるも、盛り返して直線荒れた内を通り粘り勝ち。展開や馬場を考えると十分な内容。
ダービー卿 7着
12.2 – 11.1 – 11.0 – 11.1 – 11.7 – 11.6 – 12.0 – 12.1
ハイペースの消耗戦。4角で早め先頭に立ち残り100m辺りまで粘るも最後は差しに捉えられての7着。ただし3着馬とは着差0.2秒とハイペース先行競馬で早め先頭に立ったにしては十分な内容だったと思います。

この2走振り返る限り、非常にスタミナ豊富で好位からの競馬で押し切れます。

消耗戦になった中京記念で惨敗しましたが、これは馬体重-14キロと大幅に減らしており、状態面が敗因だったと捉えます。

その後馬体を回復して臨んだ朱鷺ステークスは、トップハンデでハナ差2着の好内容。

立ち回り型なので、ペースが流れるとなるとトラックバイアスはひとつ鍵ですが、スタミナ寄りの持続力や追走力など適性面は問題ないと思います。

+16キロだった前走から中1週なので、状態面や馬体面は気になるところです。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

スマイルカナ

米子S 1着
12.4 – 10.5 – 12.2 – 11.5 – 11.4 – 11.2 – 11.1 – 12.4
ミドルペースの持続力勝負。5Fロンスパ戦でスマイルカナは道中から端を奪いそのまま押し切る強い内容。前半3Fは控えましたが、掛かり始め制御不能で仕方なく出していって押し切ったように見えました。やはり控えた競馬は厳しいと思います。

スマイルカナはマイペース逃げに持ち込んでこその馬で、控えると掛かるので出来るだけ逃げさせたいですが、今回はトロワゼトワルがいます。

テンのスピードではトロワゼトワルの方が上ですし、前走のように道中から端を奪う競馬はトロワのスピードを考えると厳しいでしょう。

仮に奪えたとしても流石にオーバーペースになります。

前走の内容から番手ではやはり厳しいという評価をしているので、今回は高い評価はできず。

ただしスピード能力や持続力から適性面は高いと思います。(逃げられれば)

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

トロワゼトワル

ヴィクトリアM 4着
12.0 – 10.9 – 11.3 – 11.4 – 11.1 – 11.2 – 11.1 – 11.6
ミドルペースの持続力勝負。中間も淀みなく流して4着に逃げ粘る内容。確かに前残り馬場でしたが、高速馬場で高速ラップを踏むことができ、それがG1でも通用することが分かりました。
関屋記念 2着
12.2 – 10.9 – 11.5 – 11.7 – 11.5 – 11.3 – 11.6 – 12.4
ミドルペースの持続力勝負。単騎逃げで速いペースを刻み2着に残す好内容。この馬は高速馬場の京成杯を逃げてレコード勝ちしているように、とにかくスピード勝負で逃げると強いです。

逃げてスピード+持続力で押し切るのがパターン。

今回スマイルカナがいますが、テンのスピードではこちらが上なので、突かれてオーバーペースにならなければ強いと思います。

あと雨で時計が掛かると、自慢のスピードが活かせなくなるので、当日の馬場状態は一つ鍵です。

昨年レコード勝ちしたように、今年も高速馬場でやれるのがベスト。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ボンセルヴィーソ

ダービー卿 2着
12.2 – 11.1 – 11.0 – 11.1 – 11.7 – 11.6 – 12.0 – 12.1
ハイペースの消耗戦。好位で立ち回り抜け出しての2着。斤量54の恩恵はありましたが、同じ舞台でタフな持続力が問われた展開を機動力を活かして立ち回れたのは評価できます。

1400mの実績もあり、ここの舞台適性は高いと思います。

好位から機動力+持続力で立ち回るので、トラックバイアスは味方に付けたいところ。

前走は不良馬場で負けるも、着順ほど着差は離されていません。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ミッキーブリランテ

米子S 3着
12.4 – 10.5 – 12.2 – 11.5 – 11.4 – 11.2 – 11.1 – 12.4
ミドルペースの持続力勝負。スマイルカナが途中から逃げた5Fロンスパ戦。先行勢がバテタところを後方から追い込み3着。展開利はありましたが、持続力がなければあそこまで追い込めていなかったので、持続力という点では評価できる内容だったと思います。
中京記念 5着
12.3 – 10.5 – 11.2 – 11.8 – 11.7 – 11.3 – 11.4 – 12.5
ハイペースの消耗戦。前が潰れ後方差し決着になったレースで、後方待機組に展開が向いたレースですが、1000m通過前辺りから一気にポジションを上げて、39番手→43番手で直線入り。普通なら早々にバテておかしくない早仕掛けでしたが、最後まで粘って3着馬と着差0.2秒は評価できる内容でした。このレースの評価ポイントはスタミナですが、ミッキーブリランテに限っては、ポジションを上げていったラップ(11.7-11.3-11.4)のところをオーバーペースで走っていたため、スピードの持続力という点で高く評価できる内容です。
関屋記念 4着
12.2 – 10.9 – 11.5 – 11.7 – 11.5 – 11.3 – 11.6 – 12.4
ミドルペースの持続力勝負。全頭診断で中団より前取れればと言いましたがまさにそれでした。後方14番手から差し届かず。ただトップスピードや持続力という点で力を見せたレース内容だったと思います。

1400m実績もありますし、関屋記念で高速マイル戦も経験しているので、中山マイル適性はあると思います。

先行力不足で置いて行かれる可能性はありますが、中京記念で見せた機動力と持続力があるので、大外を回るロスやトラックバイアスの不利がなければ好走可能かと思います。

ただ使い詰めで上積みは期待できず、私は関屋記念で狙っていたので、ここの勝負度合いは落ちます。

枠やトラックバイアスを吟味して決めたいと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

メイケイダイハード

中京記念 1着
12.3 – 10.5 – 11.2 – 11.8 – 11.7 – 11.3 – 11.4 – 12.5
ハイペースの消耗戦。関係者の方が「なぜ好走したかわからない」と言ったように、大穴を開けたレースです。後半でタフな消耗戦になったので、スタミナ的な能力が高かったものと思われます。

中京記念を見る限り、得意条件は消耗ラップだと思うので、ここの適性は最低限あると思います。

ちなみに前走はトップスピード戦の関屋記念なので適性違いでした。

ただ中京記念が本調子でその後使い詰めているので上積みは見込めず。

このレースだけでは、能力面も疑いたいので全体的に低めの評価。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:B

 

 

ラセット

米子S 2着
12.4 – 10.5 – 12.2 – 11.5 – 11.4 – 11.2 – 11.1 – 12.4
ミドルペースの持続力勝負。スマイルカナが途中から逃げた5Fロンスパ戦。先行勢がバテタところを後方から追い込み2着。展開利はありましたが、持続力がなければあそこまで追い込めていなかったので、持続力という点では評価できる内容だったと思います。
中京記念 1着
12.3 – 10.5 – 11.2 – 11.8 – 11.7 – 11.3 – 11.4 – 12.5
ハイペースの消耗戦。後半はスタミナが求められたレースです。後方勢で決着した展開利もありましたが、スタミナや持続力といった点は評価できます。

この2走見て分かる通り、バテ差しの後方一気タイプ。

なので展開やトラックバイアスが向けば、スタミナ+持続力があるので一発を警戒しなくてはなりません。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ルフトシュトローム

NZT 1着
12.3 – 10.9 – 11.0 – 11.7 – 11.7 – 11.7 – 11.9 – 11.8
ハイペースの持続力勝負。展開が流れたことにより後方外差しが効いたレースですが、4角でルフトシュトロームが膨らんだことにより、その外に押し出されたウイングレイテストの方が大きく不利を受けました。それでも着差も上がりタイムも0.1秒しか離せなかった点で評価は難しく、個人的にはもう少し格の違いを見せて欲しかった。
NHKマイル 5着
12.3 – 10.4 – 11.4 – 11.9 – 12.0 – 11.3 – 11.2 – 12.0
ミドルペースの瞬発力勝負。イン前有利の決着で少し詰まりながらも後方から差して5着は強い内容です。

中山3戦3勝ですが、中間ラップで11.5秒以上を計測したレース経験がなく、この馬の先行力と追走力を考えると置いて行かれる可能性は高いです。

また今の3歳世代は能力面でも疑いたくなります。

先週のワーケアは1番人気10着、ブラックホールは札幌記念4番人気9着と古馬相手に歯が立たず。

確かにNHKマイルは強い内容でしたが、今回は古馬戦で大きな斤量的な恩恵もないので、人気するならリスクは高いと思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG