セントライト記念 2020 全頭診断【S評価1頭!クラッシク惨敗でも巻き返せるはず!】

お疲れ様です。

この記事ではセントライト記念の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求めらる適性
①持続力+スタミナ
②追走力
③先行力の低い後方の馬は機動力

 

 

2.総合S評価成績

 

 

3.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

ガロアクリーク

皐月賞 3着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。ただしキメラヴェリテが前半飛ばして単騎逃げをしたので、後続はスロー寄りの流れだったと思います。なのでスロー寄りで中間緩んだ4F持続力勝負というのがこのレースの中身だったかと思います。ちなみにこの時ブラックホールと同じ上がり3位の時計を計測しました。
ダービー 6着
12.6 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.7
スローの瞬発力勝負。ただし1000m通過後辺りから流れた展開になっているので、溜めの効きずらい瞬発力勝負だったと思います。結果的に3着馬と着差0.1秒の6着でしたが、後方から追い込み上がり34.6秒は少し評価できません。と言うのも、瞬発力勝負のスプリングSで負かしたヴェルトライゼンデに上がりタイムで0.1秒しか勝らず、皐月賞で上がり時計同タイムだったブラックホールに0.5秒差を付けられています。つまり本来の末の爆発力は不発だったと私は思います。

ダービーの末脚不発は恐らく中間ラップにあると思います。

高いパフォーマンスを発揮したスプリングSや皐月賞は、中間緩んだ中の瞬発力勝負だったり4F持続力勝負でした。

しかしダービーは中間から流れ、途中から脚を溜められない状況で瞬発力が求められました。

つまり中間緩んだレースでこそ本領を発揮できるのだと思います。

セントライト記念はミドルペースの持続力勝負で中間も流れる為、

得意条件が中間緩むスロー瞬発力勝負>持続力勝負のガロアクリークは適性から外れると思います。

ただし能力と実績では抜けているので、ポテンシャ上位は間違いないでしょう。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

ココロノトウダイ

猪苗代特別 1着
12.2 – 11.4 – 11.7 – 12.8 – 12.8 – 12.2 – 11.5 – 12.0 – 11.8 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。内外フラット前有利のバイアスでインベタ先行競馬で押し切る内容。道悪で後半のラップがアップダウン激しいのと前傾1秒だったことを踏まえると結構タフなレースだったと思います。トラックバイアスの有利はありましたが、結果的に着差0.1秒押し切る内容で、タフ寄りの持続力+機動力は評価できる内容

ここまでスプリングS 7着、共同通信杯5着でどちらも着差離され、重賞で通用していませんでしたが、

どちらもトップスピードの質が問われたレースだったので度外視可能

セントライト記念はタフ寄りの持続力が求められるので、その点で言うと前走の内容や、タフな福島でしっかり結果が出ているのは適性評価に繋がります。

この舞台なら巻き返しがあっても不思議ではない。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

サトノフラッグ

皐月賞 5着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。ただしキメラヴェリテが前半飛ばして単騎逃げをしたので、後続はスロー寄りの流れだったと思います。なのでスロー寄りで中間緩んだ4F持続力勝負というのがこのレースの中身だったかと思います。5着で掲示板に乗りましたが、3着馬と着差0.4秒は離されすぎなので着順以上に評価できず、敗因は早めに動いてポジションを上げてしまったことでラスト甘くなったことと、道悪で馬場がタフだった弥生賞の反動もあったと思います。
ダービー 11着
12.6 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.7
スローの瞬発力勝負。ただし1000m通過後辺りから流れた展開になっているので、溜めの効きずらい瞬発力勝負だったと思います。機動力+持続力の馬だと思うので、この舞台では単純にキレ負けだったと思います。ただ3着馬と着差0.4秒としっかり詰めているので、適性違いでも外枠から十分な内容だったと思います。

中山2000mで行われた1勝クラスの内容も踏まえると、恐らく機動力+持続力タイプの馬かと思います。

皐月賞の時も4角捲っていくまでギアも入っていましたし、もう少し溜めていれば着差は縮まったと思います。

ダービーは完全に位置取りと枠と瞬発力でキレ負け。

この舞台では持ち味の機動力は活かせないので、瞬発力勝負になったことも踏まえると適性違い。

小頭数や舞台替わりはプラスなので、巻き返し可能かと思います。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:S

 

サペラヴィ

前走で脚が上がっているのを見ると、重賞でペースが流れたら付いていくのにやっとかと思います。

基礎能力値が足りなと思うので、ここは軽視します。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ダノンファスト

ダート経験豊富なので、ラップのサンプルはありません。

総合力の高い馬で、求められる適性の違う中山と東京で力を示しており、

重賞レースを好走したデュードヴァンと着差なしの競馬をしているので、ダートなら今後期待の一頭です。

芝替わりに関しては、ラップサンプルがないので分かりませんが、

陣営は菊花賞を目標にしていないとのことで、ダートの上位重賞を目指しているとのこと。

ここの勝負度合いには疑問です。

適性評価:?
能力評価:B
総合評価:B

 

 

バビット

未勝利戦 1着
12.8 – 11.3 – 12.0 – 12.0 – 12.4 – 12.4 – 12.3 – 12.3 – 11.7 – 12.0
ミドルペースの持続力勝負。逃げの手をうちますが終始内の馬に行かせてもらえず嫌な競馬を、4角で一気に加速して突き放し着差0.4秒離したのは強い内容でしたし、機動力という点で福島の適性は高く評価して良いと思います。
ラジオNIKKEI賞 1着
12.0 – 10.8 – 12.6 – 11.9 – 12.3 – 11.9 – 11.9 – 11.6 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。イン前有利のバイアスで最内から単騎逃げ。機動力+持続力のある馬なので、これだけ楽な形で走れれば突き抜けておかしくない内容です。着差以上に評価はできませんが、機動力+持続力は証明していますし、ある程度タフなレースも問題ないと思います。

前走は色々恵まれたので高い評価はできませんが、ラジオNIKKEI賞4着のパラスアテナが先週の紫苑Sで2着に好走しているので、ここと比較するとそれなりの評価は与えたいです。

今回他に逃げ馬もいませんし、タフなレースや持続力勝負は問題ありません。

機動力もあるのでこの舞台ではプラスαで活かせますし、先週同様に中山のイン前有利のバイアスが継続されれば大幅プラスでしょう。

適性もあるので、斤量3キロ増でも自分の形に持ち込めれば十分やれると思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

ピースディオン

東京の瞬発力勝負で差し遅れて、函館の持続力勝負で馬券内に来る典型的な持続力型。

ただし前走はイン前有利のバイアスで、トラックバイアス通りに走っていれば好走できるような馬場状態でした。

2着とは言え1勝クラスで着差0.8秒なので、ここで通用するとは思えないです。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

フィリオアレグロ

青葉賞 3着
12.3 – 10.8 – 12.2 – 12.6 – 12.5 – 12.5 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.6 – 11.5 – 11.5
スローの持続力勝負。ラスト5Fロンスパ戦になり、後半減速ラップを踏まず終えたという点で、トップスピードの持続力が問われたレース内容。フィリオアレグロは最内枠から終始インを走っての3着でしたが、2着のヴァルコスは終始外を回す+道中ポジションを上げてそのまま5Fロンスパ戦に入ったので、この馬と比べると評価は劣ります。

瞬発力勝負の共同通信杯で着差離された3着になった件と、上記の青葉賞の内容を踏まえると持続力タイプだと思います。

これまで3戦とも東京開催で、タフさ寄りのレース経験がありません。

ロンスパ性能はあるので、熟す可能性もありますがタフさという点や機動力という点は未知な領域なので、適性はB評価まで。

青葉賞2着のヴァルコスと比べると評価は劣るので、ここよりは評価上げれず。

あとは折り合い難があるので、距離短縮とは言え前半スローで流れそうな2200mはどうか

せめて内枠で壁を作りたい。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

マイネルソラス

前走はスロー競馬で中間緩む4F持続力勝負。

ラスト4Fで加速ラップがなく、レースレベルには疑問です。

ここでは通用しないと思いますし、恐らく平坦コースの方が合います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ラインハイト

1勝クラス 1着
12.6 – 11.2 – 11.7 – 12.9 – 12.6 – 12.2 – 12.3 – 12.3 – 12.1 – 11.9 – 12.6
ミドルペースの持続力勝負。前半速いペースで中間緩む内容で、展開的には後方有利の展開でしたが、上がり最速はラインハイト含め4頭もいて、追い込み切れず前が残った展開でした。トラックバイアス的には内外フラットの前有利でしたが、この展開で前が残るということは、メンバーレベルを疑います。実際この組から昇級した馬はまだいなく、惨敗している馬が多かったので、レベルの低いメンバーだったと思います。

前走は強かったというより、周りが弱かったです。

また未勝利戦から連勝ですが、どちらも中間緩む内容だったので、速いペースが流れる重賞レースは追走で一杯一杯になると思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

リスペクト

開成山特別
13.2 – 12.2 – 13.0 – 13.4 – 13.4 – 12.0 – 12.0 – 12.4 – 12.1 – 11.7 – 12.0 – 12.0 – 12.7
馬場がタフだったこともありスローの消耗戦。イン前有利のバイアスでコーナー捲って馬場の真ん中に出しました。2.3着はイン前で立ち回った2頭だったので、それを踏まえると強い競馬だったと思いますし、3着のカンバラがその後勝ち上がったことを踏まえると、評価できるレースだったと思います。

ただし、これまで中長距離路線で中間緩むレースでしか好走していません。

先行力や追走力を考慮すると置いて行かれる可能性が高く、かなり忙しい競馬になりそうです。

その点雨が降って馬場が重くなるのは歓迎ですが、中山2200mは少し短い印象です。

ただ機動力と持続力はあるので、スローの展開になったり道悪開催になったら穴で抑える価値はあると思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

ヴァルコス

青葉賞 2着
12.3 – 10.8 – 12.2 – 12.6 – 12.5 – 12.5 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.6 – 11.5 – 11.5
スローの持続力勝負。ラスト5Fロンスパ戦になり、後半減速ラップを踏まず終えたという点で、トップスピードの持続力が問われたレース内容。終始外を回す+道中ポジションを上げてそのまま5Fロンスパ戦に入ったので、相当長い距離を速いペースで走っています。ロンスパ持続性能は非常に評価できます。
ダービー 14着
12.6 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.7
スローの瞬発力勝負。ただし1000m通過後辺りから流れた展開になっているので、溜めの効きずらい瞬発力勝負だったと思います。ヴァルコスは外枠から先行するも終始外を回され、それが後半に影響しガス欠。青葉賞の激走疲れもあったと思うので、着順は度外視可能かと思います。

ロンスパ性能が高いので、セントライト記念の舞台は合うと思います。

ダービーも上記の理由から度外視可能です。

ただし休み明けはあまり印象が良くない馬なので、ダービーからの参戦だと一度叩いてからがベストかと思います。

その点も踏まえ能力はBまでとしました。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG