アルゼンチン共和国杯 2020 全頭診断【S評価1頭!穴で気になる馬多数!】

お疲れ様です。

この記事ではアルゼンチン共和国杯の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求められる適性
①トップスピードの質
②瞬発力
③タフさ

2.総合S評価成績

 

 

3.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

 

アールスター

英彦山特別 1着
12.6 – 10.6 – 11.8 – 12.7 – 12.3 – 12.1 – 12.3 – 11.8 – 11.4 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。残り600m付近で外からポジションを上げてそのまま押し切るといった内容で、一見強そうに見えますが、中間ラップ 12.7-12.3-12.1-12.3)とかなり緩んでいるので脚は溜まっている状態でした。なので特に推せる要素はないです。
小倉記念 1着
12.0 – 10.8 – 11.3 – 11.8 – 12.2 – 12.2 – 12.0 – 11.5 – 11.7 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。前が総潰れとなったレースで、好位のインで立ち回りそのままインを突いて快勝しました。4角で順位は落としてますが、外の各馬が捲りを仕掛けただけで機動力不足ではありません。このレースで評価できる項目は追走力と機動力だけで、勝てた一番の要因はポジションでしょう。斤量も53キロと恩恵があったので、高い評価は難しいです。

小倉記念を快勝しましたが、ポジションと機動力が勝った内容で、前走の新潟記念をトップスピード戦でキレ負けしているので今回の舞台適性も低いと思います。

得意条件は機動力+持続力の活かせる舞台だと思うので、今回の条件では狙いにくい。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

アイスバブル

目黒記念 2着
7.4 – 11.1 – 11.4 – 12.3 – 12.0 – 11.7 – 11.8 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。ワンペースの持続力ラップで、東京2500mは坂スタートで後半上がりの掛かるタフなレース。その舞台を2年連続で2着好走しているので、ワンペースのタフな持続力勝負が得意条件でしょう。
新潟記念 16着
12.8 – 11.5 – 12.5 – 12.4 – 12.7 – 13.0 – 11.9 – 10.8 – 10.7 – 11.6
スローの瞬発力勝負。瞬発力で劣りトップスピードでキレ負けといった内容。上記の目黒記念のようなレースが適性条件なので、このレースは適性的に真逆でした。

この独特な目黒記念の適性を活かすとすれば中長距離のタフな持続戦。

タフさという点では目黒記念好走しているように、この舞台も合いますが、スローの瞬発力勝負だと適性違い。

それは前走の新潟記念が物語っています。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

エアウィンザー

大阪杯 5着
12.6 – 11.1 – 12.7 – 12.7 – 12.2 – 12.4 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.5
スローからの持続力勝負。内を追走し上手くロスをなくしましたがラスト交わされて5着。3着馬と着差0.1秒ですし格上挑戦だったことを考慮すると十分な内容ですが、ラスト交わされた原因は使える脚が短く甘くなったことかと思います。
鳴尾記念 10着
12.2 – 11.0 – 12.8 – 12.2 – 11.8 – 12.2 – 11.6 – 11.7 – 12.1 – 12.5
ミドルペースの消耗戦。これまで阪神内回り(4-1-0-1)の得意舞台での惨敗。大外枠から内に潜り込んだ後方競馬で、直線で詰まり加速できずそのままといった内容。ただし本来のエアウィンザーならラスト伸び返すことも十分可能だったと思いますが、それも出来ませんでした。

ピッチ走法で使える脚が短い瞬発力タイプですが、基礎スピードが高い為、内回りの持続力勝負はポジションさえ取れば追い出しをギリギリまで待って小足を使うだけなので、内回りコースは得意条件です。

今回は東京コースということで、上記の通り得意条件からは外れます。

七夕賞は出遅れて馬場とタフな展開にやられたものなので、一応度外視はできます。

ただ鳴尾記念で本来の力を出せてないので、若干劣化は疑っています。

狙うならここではなく、内回りコースや小倉だと思っているので、今回は低めの評価とします。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

オーソリティ

青葉賞 1着
12.3 – 10.8 – 12.2 – 12.6 – 12.5 – 12.5 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.6 – 11.5 – 11.5
ミドルペースの持続力勝負。5Fロンスパ戦となり全く減速しないまま終えたレース。ラップは単純に評価してもいいですが、馬場が高速過ぎたのであまり高い評価は難しく、この組から未だ目立った存在は出ていません。内を追走し直線で進路を探して外まで出したロスがあったとはいえ、1200m付近から一気にポジションを上げて終始外を回したヴァルコスの方が個人的には評価しています。そのヴァルコスが重賞戦線で凡走続きだったので、オーソリティも古馬相手では評価難しく。

ホープフルSでもスタート不利で後方からとなり、4角捲って長い脚を使い5着と健闘しました。

青葉賞の内容も踏まえると持続力タイプかと思います。

なので古馬相手の瞬発力勝負では分が悪い印象ですし、能力面の裏付けが青葉賞だけでは足りないです。

また骨折でダービー回避後の休み明けとなり、中間の本数も少なく動き的にも叩いてからという印象の内容でした。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

オセアグレイト

目黒記念 6着
7.4 – 11.1 – 11.4 – 12.3 – 12.0 – 11.7 – 11.8 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。中間も流れてワンペースラップになった一戦。差し有利の展開を粘っての6着。位置取り的にラスト捉えられたのは仕方ないですが、能力的にステイフーリッシュとはもう少し詰められたはず。恐らく中間流れるレースの適性が低いかもしれません。
メトロポリタンS 5着
12.9 – 11.5 – 12.7 – 13.0 – 12.4 – 12.2 – 12.9 – 12.6 – 12.0 – 11.0 – 11.0 – 11.6
ドスローの瞬発力勝負。5着と負けたものの上がり最速33.3秒で追い込み位置取りの差で負けたレース。内容は悪くない。

勝った迎春Sも中間緩みましたし、ダイヤモンドSは平均以上に流れたレースを粘って3着でしたが、最内からインベタ追走で残った内容で、4着のレノヴァールがロスなく回ってたら交わされていた内容で強くない。

適性的にはタフ寄りの上がりの掛かるレースに寄っていますが、メトロポリタンSのように瞬発力+トップスピード戦で上がり最速33.3秒を使える脚もあるので、これを考慮すると中間溜めの効くレースに適性が高いと思います。

今回の舞台は目黒記念と同じですが、レース質的には溜めの効くトップスピード戦で適性はあると思います。

スタミナはあるので東京2500mも問題なく、近走着外続きで人気を落とすなら面白い。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

 

ゴールドギア

目黒記念 5着
7.4 – 11.1 – 11.4 – 12.3 – 12.0 – 11.7 – 11.8 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。ワンペースの持続力ラップで、東京2500mは坂スタートで後半上がりの掛かるタフなレース。5着と負けましたが、位置取りが後ろ過ぎました。着差詰めて追い込めているので、持続力に関して高い評価をして良いと思います。
緑風S 1着
12.7 – 11.9 – 12.6 – 12.5 – 12.0 – 11.8 – 12.2 – 11.8 – 11.5 – 11.1 – 11.4 – 12.3
スローの持続力勝負。出遅れますが、道中ポジションを上げてそのまま上がり最速で押し切る強い内容。
新潟記念 9着
12.8 – 11.5 – 12.5 – 12.4 – 12.7 – 13.0 – 11.9 – 10.8 – 10.7 – 11.6
スローの瞬発力勝負。後方からキレ負けした内容。実際見てみると進路がある程度ある中でギアチェン区間で置いて行かれているので、瞬発力で劣った内容かと思います。

上記の内容から、ロンスパ持続力勝負が得意条件だと思います。

特に目黒記念のようなワンペースラップに強いタイプだと思いますが、この舞台はワンペースラップにはなりずらいです。

瞬発力も評価できないので、この舞台の適性は低めの評価です。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

サトノルークス

鳴尾記念 8着
12.2 – 11.0 – 12.8 – 12.2 – 11.8 – 12.2 – 11.6 – 11.7 – 12.1 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。内有利で大外回した分の差はあったと思います。ただ、着差や上がりタイム、先行力や追走力などは評価できず。叩き台だと思いますが、乗り込み量多めで時計も出ていたので物足りない内容。

ハイペース戦の小倉記念は仕掛けが早く、追い出しを待った同位置にいたショウナンバルディと着差0.7秒なので、ここは仕掛けと展開負け。

基本的に上がりの掛かる条件(特に馬場)で大箱コースが合うと思います。

機動力と追走力不足なので東京への距離延長はプラスだと思いますが、上がりの掛かる条件ではないので適性違い。

馬場も昨年程ではないとはいえ、先週の時計は速かったので馬場も味方しそうにありません。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

サンアップルトン

日経賞 4着
6.9 – 11.2 – 11.7 – 12.9 – 12.6 – 13.2 – 12.7 – 12.0 – 11.3 – 11.8 – 12.4 – 11.7 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。テンが遅く置いて行かれ、結果的に差し届かないレース内容でしたが、負けた相手は天春の2.3着と宝塚3着馬なので、十分能力の高さは示したと思います。ただし求められた適性は持続力とタフさです。

東京で行われた早春Sはボスジラ相手に着差なしの競馬ですが、この時求められたのは前傾質でタフ寄りの持続戦でした。

つまりこの馬の適性条件は上がりの掛かるタフなレース

今回は瞬発力+トップスピードなので適性としては真逆になります。

前走は休み明けで、追い切りでも新馬未勝利馬に置いて行かれる程に仕上がってなかったですが、叩き二戦目でも適性が違うので低めの評価です。

適性評価:C
能力評価:A
総合評価:B

 

 

サンレイポケット

新潟記念 3着
12.8 – 11.5 – 12.5 – 12.4 – 12.7 – 13.0 – 11.9 – 10.8 – 10.7 – 11.6
スローからの瞬発力勝負。基礎スピード不足でしたがペースが緩んだことにより、いつもより置いて行かれず立ち回れました。ギアチェンにも対応し瞬発力を評価できる内容です。
毎日王冠 3着
12.5 – 10.7 – 11.3 – 11.7 – 11.8 – 12.1 – 11.8 – 11.9 – 11.7
ハイペースの持続力勝負。前2頭が飛ばして逃げ後続はミドルペース並みです。とはいえ後続も12秒前後で流れています。距離短縮の東京を追走できたのは評価できますし、直線でカデナを差し返した辺り持続力を評価できる内容です。

この2走の内容から、瞬発持続どちらも対応できる万能型で、持続質が若干強い。そしてトップスピードの質もある程度高い

馬場不問でタフな馬場も問題ないと思います。

これまで基礎スピード不足で下級条件で差し損ねが起きていましたが、近2走を見る限り先行力やスピード能力は成長しており、しっかり重賞でも好走出来ています。

スタミナはあると思うので、東京2500mの舞台は合うと思います。

唯一マイナス要素を言うとすると、このメンバーと舞台だとスローの瞬発力勝負でトップスピードが求められますが、そのトップスピードで若干劣るので、ガチガチの3Fスピード勝負になったらキレ負けした3着付近にいそうなタイプだと思います。

毎日王冠は強かったですが、トップスピード戦になった新潟記念3着のようなイメージです。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

タイセイトレイル

メトロポリタンS 3着
12.9 – 11.5 – 12.7 – 13.0 – 12.4 – 12.2 – 12.9 – 12.6 – 12.0 – 11.0 – 11.0 – 11.6
スローの瞬発力勝負。最後方追走で残り1200m辺りから動いて4角2番手で直線入り。そのまま粘っての好走。一見持続力を評価できますが、位置を上げたラップは(12.9 – 12.6)で、個別ラップだと12秒台前半程度。そこから3F戦となり加速ラップなので、タイセイトレイルも瞬発力が問われており、前の馬より脚を使っているので強い内容だったと思います。

メトロポリタンSと昨年の瞬発力勝負になったアルゼンチン共和国杯を好走していることから瞬発力>持続力かと思います。

基礎スピード不足なので、淡々とワンペースで流れた目黒記念は度外視可能。

京都大賞典は道悪苦手なのと、前半が速く得意のスロー瞬発力戦にはならなかった点と、内が伸びない馬場で終始内を回った点で度外視可能。

スロー瞬発力戦を想定するとここは適性条件なので、条件替わりはプラスです。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

トーセンカンビーナ

天皇賞春 5着
13.2 – 12.4 – 12.4 – 12.5 – 12.5 – 12.0 – 11.6 – 12.5 – 12.1 – 12.2 – 12.7 – 12.5 – 11.9 – 11.9 – 11.9 – 12.2
スローからの持続力勝負。お決まりの出遅れ後方からの競馬。道中ポジションを上げ直線追い込み上がり時計はミッキースワローと同タイムだったことを考慮すると、位置取りの差で届かなかったレースだと思います。

当たり前のように出遅れる馬ですが、機動力があるので道中位置を上げてロンスパをしてくる馬です。

持続力があり終いの脚が堅実+後方競馬なので、合う舞台は外回りなど直線の長い舞台だと思います。

また、これまで道中緩んだ流れでの好走が目立ち、唯一中間流れた青葉賞はまったく終いの脚を使えていません。

なので得意条件はスローの持続力勝負だと思います。

今回はスロー瞬発力戦濃厚ですが、溜めが効き直線長いここの条件的には合うとは思いますが、東京であまり走るイメージもなく。

前走は全く動けていなかったので、今年の春並みに状態が上がってくるのであれば。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

バレリオ

メトロポリタンS 2着
12.9 – 11.5 – 12.7 – 13.0 – 12.4 – 12.2 – 12.9 – 12.6 – 12.0 – 11.0 – 11.0 – 11.6
ドスロー瞬発力勝負。逃げたウラヌスチャームを捉えられませんでしたが、好位から上がり33.4秒を使っての好走。瞬発力とトップスピードを評価できる内容です。

その前のオリオンS 1着時も同じでしたが、この馬はスローの瞬発力勝負でこそ力を発揮するので、この舞台は適性高いと思います。

前走の丹頂Sもしっかり好走しているので、東京2500mを熟せるスタミナもあると思いますし、単純に昨年2着のタイセイトレイルに着差0.3秒は評価していいです。

また高速馬場向きの馬で、2走前の七夕賞はタフな馬場と展開で適性とは真逆。

ダイヤモンドSも例年とは違いスタミナが求められたレースでの凡走。

重賞でまだ結果は出ていませんが能力負けではありません。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

プリンスオブペスカ

3勝クラスを勝った古都ステークスのメンバーは全頭、その後馬券にも入れていないレベルの低いメンバーでの好走で相手関係的に評価できず。

持続質のレースで買ってきていますが、OP重賞の持続力勝負で大敗続き。

今回は瞬発力勝負ですし、能力的にも推せず。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ベストアプローチ

メトロポリタンS 1着
13.2 – 11.6 – 12.3 – 12.6 – 12.6 – 12.2 – 12.6 – 11.9 – 11.6 – 11.3 – 11.3 – 11.6
ドスロー持続力勝負。ラスト4~5Fのロンスパ戦を勝ちましたが、2着馬のノーブルマーズはその後目黒記念と宝塚記念を連続好走した実績馬。その馬を差し切れた点でトップスピードの持続力やトップスピードは高く評価できる内容かと思います。
巴賞 6着
12.6 – 12.1 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.9
スローの持続力勝負。外枠で終始外を回して4角も大外ぶん回しの競馬。上がり最速は計測しましたが、イン前が圧倒的有利なレースでこの内容ではまず厳しかったです。着順に関しては度外視可能かと思います。

トップスピードの持続力が高く、瞬発力勝負も尼崎Sで当時強かったポポカテペトルを下しています。

巴賞はバイアス不利、函館記念はそもそもトップスピードが問われない舞台なので適性違いで距離も忙しかった。

今回トップスピード戦になる東京への延長は大きくプラスで、持ち味のトップスピードが活かせる舞台です。

現在16番人気138倍なので、狙う価値は十分にあると思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

ミュゼエイリアン

走るなら中山。

タフ寄りなレースの方が良いので、東京のトップスピード瞬発力勝負では流石に厳しいか。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

メイショウテンゲン

阪神大賞典 3着
13.2 – 12.2 – 12.3 – 12.2 – 12.7 – 12.4 – 12.2 – 12.4 – 11.6 – 11.7 – 11.9 – 11.9 – 11.8 – 12.0 – 12.5
スローの持続力勝負。上がりの掛かるタフな展開を粘り強く追い込み3着。それなりのメンバーが揃っていたので、それ相応の評価をします。(この時の上がり最速が35.8秒)
天皇賞春 8着
13.2 – 12.4 – 12.4 – 12.5 – 12.5 – 12.0 – 11.6 – 12.5 – 12.1 – 12.2 – 12.7 – 12.5 – 11.9 – 11.9 – 11.9 – 12.2
スローからの持続力勝負。阪神大賞典とは違って直線でスピードが求められたレース展開でキレ負け。(この時の上がり最速34.6秒)

前走の宝塚記念もタフなレースとなり、上がり最速がクロノジェネシスの36.3秒。そしてこのレースでサートゥルナーリアと着差なしの5着なら十分評価できる。

つまりこの馬の得意条件は上がりの掛かるタフなレース展開+持続力勝負です。

今回求められるのは瞬発力とトップスピードで適性は真逆になるので、ここでは狙いずらいです。

適性評価:C
能力評価:A
総合評価:B

 

ユーキャンスマイル

阪神大賞典 5着
13.2 – 12.2 – 12.3 – 12.2 – 12.7 – 12.4 – 12.2 – 12.4 – 11.6 – 11.7 – 11.9 – 11.9 – 11.8 – 12.0 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。後方インで脚を溜め直線でインを突いて着差0.3秒の快勝。道中をロスを省いた完璧な騎乗でしたが、+12キロの太目残りで如何にも前哨戦仕上げだったことを踏まえると非常に強かったです。苦手な右回りを熟せた点もプラス材料。
天皇賞春 4着
13.2 – 12.4 – 12.4 – 12.5 – 12.5 – 12.0 – 11.6 – 12.5 – 12.1 – 12.2 – 12.7 – 12.5 – 11.9 – 11.9 – 11.9 – 12.2
スローの持続力勝負。中団で運び上がり2位の脚で追い込むも4着。ミッキースワローに交わされたのは外伸びの馬場で直線内を選択してしまった為だと思います。能力負けではありません。

基礎スピード不足なので、東京2500mでスローになりそうなこの舞台は合います。

長距離レースでも上がり最速をマークするなど、多少スタミナが求められるという点でも問題なし。

新潟記念やダイヤモンドSなどの瞬発力勝負を上がり最速で差し切っており、この舞台でのスロー瞬発力勝負は合うでしょう。

能力面はメンバー内で抜けてますし適性も高評価で逆らう要素が見当たりません。

今回はジャパンCの叩きとのことですが、春天の叩きで出てきた阪神大賞典であのパフォーマンスでしたので、前哨戦仕上げでも能力と適性考えたら問題ないと思います。

適性評価:S
能力評価:S
総合評価:S

 

 

ラストドラフト

金鯱賞 5着
12.9 – 11.8 – 13.2 – 13.0 – 12.7 – 12.4 – 11.8 – 11.2 – 11.1 – 11.5
スロー瞬発力勝負。イン前有利のバイアスが強く上がり2位の脚を使って追い込むも届かず。ただ上がり最速のサートゥルナーリア(ノーステッキだけど)と0.3秒差ならそれなりに瞬発力とトップスピード質は評価して良い内容。

前走のケフェウスSは前が総潰れの内容で度外視可能。

瞬発力は金鯱賞で評価した通りですが、持続力に関してもAJCCと中日新聞杯で評価できます。

AJCCは4角で後退してきた馬に不利を受け、大きく外に回されての3着。

持続ラップで追走経路も膨らんだ中、ブラストワンピースと上がりで0.2秒差は評価できる。(ただしミッキースワローの不利の方が大きかったので、能力関係はここでは上下つかず)

中日新聞杯もロンスパ持続戦を2着と好走。ただしこの時、抜け出してからソラを使いサトノガーネットに差し切られる内容

この癖が厄介で、このメンバーだとスローを好位から抜け出すような形が理想で、それなら若干足りないトップスピードの質も補えますが、ソラを使って甘くなる可能性が高いです。

重賞でも勝ち切れず、近走の凡走で人気を落とすなら抑えは必要だと思いますが、追い切りとオッズの兼ね合い次第と言った感じです。

また長距離質のレース経験がないので、東京2500mがこの馬にとって合うのか。色々とあと一押し足りない内容です。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG