朝日杯FS 2019 全頭診断【サリオスに勝てる馬はいるのか?】

お疲れ様です。

この記事は朝日杯FSの全頭診断となります。

よろしくお願いします。

※枠順、追い切り、馬場状態抜きにした能力適性面の評価となります。

 

1.コース解説

阪神芝1600mで行われる。

最初のコーナーまで444m。外回り682mの3~4コーナーから474mの直線を走るコース。ゴール前の坂が影響し京都芝1600m(外回り)に比べて差しが届きやすいので、速い末脚を使えれば脚質や位置取り関係なく好走しやすいコースレイアウト。

しかし高速馬場により逃げて残す可能性もあるので馬場はしっかりと観察していきたい。特に先週同コースで行われた阪神JFでは、(33.7-35.2)のハイペースを逃げたレシステンシアが突き放すと言った内容でした。

もちろん馬に能力があってこその勝ち方ですが、2着のマルターズディオサも先行前残りで穴を開けていることから、先週の時点では前が止まりにくい馬場となっています。
※開催週よりかは上がりもかかっていて差しも決まりやすくはなっています。

 

朝日杯FS 過去5年の平均ラップ
12.5-10.9-11.7-12.4-12.3-11.6-11.1-12.0
※2014年以降は中山開催だった為、過去5年で計算しています

阪神JFの平均ラップ
12.4-10.9-11.6-12.2-12.1-11.7-11.4-12.2

ミドルペースからの瞬発力勝負となるレース。同コースで行われる2歳牝馬限定G1と比較すると、中間が若干緩みラスト4Fから2段階加速のギアチェンジが問われる。1段階目が4コーナー途中の下り坂からの加速ラップ、2段回目が直線向いた時の加速ラップ。

つまり瞬発力が非常に問われやすいレースラップとなっている。したがって、中間12.5秒以内の流れた展開から瞬発力を発揮できる馬を中心に馬券を組み立てたい。

 

2.全頭診断

ウイングレイテスト

デイリー杯 2着
12.5 – 11.0 – 11.8 – 12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 12.0
稍スローからの瞬発力勝負。後方有利の展開だったので着順に関しては展開利があった。上がり2位の34.2秒を使って追い込んできたが、勝ち馬のレッドベルジュールとほぼ同じ位置からの追い比べでキレ負けしており、レッドベルジュールは上がり33.8秒を使えている。

瞬発力という点で追い込めたのは評価できるが、この馬を評価するならレッドベルジュールの方が自然と上の評価となる。

 

エグレムニ

距離適正、能力ともに足りません。

 

カリニート

G3や1勝クラスで通用しないのでここでは厳しいです。

 

 

クリノプレミアム

未勝利戦 1着
12.7 – 11.0 – 11.4 – 11.8 – 12.2 – 12.1 – 11.6 – 12.0
ミドル稍ハイペースを逃げて押し切り勝ちは評価できる内容です。中間も12秒台前半で流れ直線でも瞬発力が問われたので朝日杯FSの平均ラップと近いレースで好走している点評価はできますが、相手のレベルは低いので過信は禁物

内枠を引いて前残りの馬場が今週も継続されるようであれば面白いかもしれません。

 

グランレイ

前走は消耗ラップでの好走のためこのレースへの評価にはつながらない。

新馬戦は瞬発力ラップを3着と馬券内だが、先着した2頭が勝ち上がれていなくレベルの低い1戦だった。そこを勝ち切れていないので瞬発力勝負ではまず厳しい為軽視します。

 

 

サリオス

新馬戦 1着
13.0 – 12.3 – 13.0 – 12.7 – 12.5 – 11.4 – 10.9 – 11.3
ドスローからの瞬発力勝負。ラスト4Fから2回加速ラップを踏んでいてその点は評価できます。今回重要な流れた展開からこの脚が使えるかについて次走で話します。

サウジアラビアRC 1着
12.3 – 10.8 – 12.0 – 12.1 – 12.0 – 11.2 – 10.8 – 11.5
中間12秒台前半で流れ直線は瞬発力勝負となったレース。2着のクラヴァシュドールは先週行われた阪神JFの3着馬で能力のある馬ですが、直線の競り合いを制し斤量が1キロ重い中でも着差0.2秒勝ち。クラヴァシュドールはラスト垂れますが、サリオスは垂れずに上がり31.1秒の脚を使ってレコード勝ちしました。

サウジアラビアRCのラップが朝日杯FSの平均ラップに近く、そのレースで強者相手に底を見せずに勝っていることから能力適性共に高い馬だと判断しています。

今回の相手関係的に枠順関係なく本命にすると思います。

 

 

ジュンライトボルト

未勝利戦 1着
12.6 – 11.2 – 12.5 – 12.7 – 12.6 – 12.2 – 11.5 – 10.8 – 11.4
ドスロー瞬発力勝負。上がり2位の33.4秒の脚を使って先行抜け出しての勝利です。瞬発力勝負で勝てていますが中間ラップが緩みすぎているので、このレースの内容は今回には直結しません。ただ左回りでもたれるので、今回右回りに戻るのはプラス材料です。

コーナーで置かれるところがあるのでワンターン競馬はプラス要素ですが、未勝利戦よりも断然速い流れから4コーナー途中の下り坂と直線向いたときに瞬発力が問われるので、ここに対応できるかと問われると現状難しいと判断します。

内枠確保は必須条件ですね。

 

 

タイセイビジョン

函館2歳S 2着
12.2 – 10.4 – 11.0 – 11.5 – 11.7 – 12.4
出遅れ後方13番手から直線は上がり最速で追い込みましたがビアンフェを捉えられず、位置取りが着順に影響した1戦なので着順以上に能力の高さを見せたレースです。

京王杯 1着
12.4 – 11.1 – 11.4 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.5
稍スローからの瞬発力勝負。前が止まらない馬場でしたが中団から上がり最速33.5秒の脚を使ってレコード勝ち。終わって見れば2着のビアンフェと着差0.3秒、3着と着差0.6秒の快勝でした。

全体的に速い流れを経験できた点はプラスですし、前有利の展開を楽々差し切れる脚もあります。レコード勝ちということもありスピード決着に対応できる点も評価できます。

不安要素とまではいきませんが、これまで持続ラップでの好走が目立ったので2段階の瞬発力ラップに対応できるかが鍵となりそうです。これまでのレースぶりを見る限り問題ないとは思っているので、不安要素とまでは言えませんが。

 

 

タガノビューティー

ダートを2連勝して今回初芝初右回りとなる。

G3などでは初芝で好走する馬もいる。例えば今年のワイドファラオ等。今回舞台がG1の為通用するかどうか。2013年にダート2連勝してこの舞台を勝ったアジアエクスプレスのように好走できるか見どころはあります。

芝でどう転ぶか走って見ないとわかりませんが、ダートでの能力はかなり高いと思うので、能力評価だけで言ったら抑えたほうが良いかもしれません。

 

 

トリプルエース

デイリー杯 4着
12.5 – 11.0 – 11.8 – 12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 12.0
稍スローからの瞬発力勝負。後方有利の展開を上がり3位の34.7秒の脚で追い込みましたが着差0.1秒で4着でした。しかしロスなくインを突いた2頭のワンツーに比べて、この馬は大外回すロスから前が壁になり加速に遅れたことが着順や上がりタイムに影響しました。加速してからのキレはメンバー1だったと思っています。

少なくとも瞬発力に関しては十分通用すると思うので、穴として高評価の一頭です。

 

 

ビアンフェ

京王杯 2着
12.4 – 11.1 – 11.4 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.5
稍スローからの瞬発力勝負。前が止まらない馬場で逃げて2着と内容的に着順評価はできませんが、1400mということもありまずが11秒台で流れたレースで最後まで垂れずに後続に詰められなかった点は評価できます。

先週の阪神馬場は前が止まらない馬場でしたので、馬場傾向が変わらず内枠確保したら面白い一頭だと思います。

 

 

プリンスリターン

前走OP勝ちですが小頭数の小粒揃いのメンバーでの好走なので能力の裏付けにはなりません。

短距離の持続力勝負でないと厳しいと思います。

 

 

ペールエール

新潟2歳S 2着
12.5 – 11.1 – 12.5 – 13.0 – 12.3 – 11.0 – 11.0 – 11.6
ドスローからの瞬発力勝負。直線ウーマンズハートに切れ負けするも上がり2位の33.1秒を使って2着と好走。ただ中間が緩みすぎているので、今回のレース評価には直結しない

デイリー杯 1着
12.5 – 11.0 – 11.8 – 12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 12.0
稍スローからの瞬発力勝負。先行勢がほぼ壊滅した後方有利の展開を先行して3着に残してます。人気を背負ったレースですが着順に関してはよく残せた方だと思うのでそこまで評価は落としませんが、トリプルエースに直線壁がなければ順位は逆転していたと思います。

好位から上がりを使える点は評価できますし瞬発力戦は問題ないですが、これと言って特別推せる要素もなく中間流れるレースへの対応はこれまでのレースを見る限り難しそうです。

能力適性共に平凡な評価ですので切ることは難しいですが、上位の印は打ちにくい一頭です。

 

 

マイネルグリット

ここまで持続力勝負で好走しているが瞬発力勝負となった京王杯を凡走しているので評価は低いです。

 

 

 

メイショウチタン

そもそも未勝利戦で足踏みしているので能力が足りません。

前走着差0.6秒で圧勝でしたが相手が弱かったです。好走歴も短距離の持続ラップに偏っているので軽視します。

 

 

ラウダシオン

小倉2歳S 3着
12.0 – 10.5 – 11.2 – 12.2 – 12.0 – 12.6
ハイペースの持続力勝負。後方有利の展開利もあり出遅れ上がり最速で3着。

もみじS 1着
12.4 – 11.3 – 11.9 – 12.2 – 12.1 – 11.9 – 12.3
稍ハイペース寄りの持続力勝負。中団後方有利の展開利もあっての順位。

新馬戦を除く2走共に道悪で展開利があったレースでした。新馬戦を含め持続ラップでの好走なので距離延長の良馬場瞬発力戦となる今回、出遅れ癖や折り合い欠く点はマイナス要素です。

良馬場の方が合った場合怖い一頭かとは思いますが、ラップ面で推せる要素もなくマイナス要素が大きいので軽視する方向でいます。

 

 

レッドベルジュール

デイリー杯 1着
12.5 – 11.0 – 11.8 – 12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 12.0
稍スローからの瞬発力勝負。後方有利の展開を上がり33.8秒で差し切り勝ちましたが、武豊騎手の好騎乗が大きく影響したレースでもあります。出遅れ後方インべたで追走し直線最内を突いて勝利と、京都外回りを知り尽くした好騎乗です。例えば菊花賞のワールドプレミアと似たような競馬です。

その為着順に関しては好騎乗あってのものなので、評価としてはあまり高くありませんが、それでも2着のウイングレイテストには瞬発力で力の差を見せましたので、馬の能力は瞬発力に長けていると思います。

不安要素は出遅れ。新馬戦では問題ありませんでしたが、前走のゲートが癖になってしまうと馬場的に致命的かもしれません。先週の阪神馬場は前有利の馬場でしたので、この傾向が続くようでしたら不安要素となってしまいます。

抑えて損はないですが、軸としての信頼度は個人的に薄い印象の一頭です。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG