チャンピオンズC 2019【最終予想】

お疲れ様です。

この記事はチャンピオンズカップの最終予想となります。

適性や能力などについては全頭診断の記事でお伝えしていますので、この記事では枠順と最終追い切り、馬場状態を踏まえた最終予想をお伝えします。

全頭診断に関しては下記リンクよりお願いします。

チャンピオンズC 2019【全頭診断】

買目に関してはLINE@で配信します。

 

1.展開予想

ロンドンタウン、ワイドファラオが外に行ったことによりインティが楽逃げるす可能性が非常に高いです。鞍上も武豊なのでインティのペース(絶妙なスロー)で逃げる可能性が高いです。

その為昨年のようなスロー寄りの展開になる可能性が非常に高いです。

もし外枠から端を主張したり、内先行馬がスタートで競りかけたりするとテンの2F目が早くなる傾向だったり、下り坂やスパイラルカーブもあるので例年通りに近い傾向になりますが、その線は薄いと考えて良いでしょう。

 

2.最終予想

◎ ゴールドドリーム

有力馬と比べ外へ行った分枠の差で首差届かないなんて可能性はありますが、馬券内の可能性非常に高いと予想し本命を打ちました。

最終追い切りは抜群。1週間前と比べて一段評価が上がる内容だったのでいつものゴールドドリームでした。よほどの不利がない限り問題ないでしょう。

ゴールドドリームの内側にミツバ、サトノティターン、ウェスタールンド、ワンダーリーデル、オメガパフュームとどちらかと言えば出足の鈍い馬が並んだので、スタート決めればポジションは取れると思いますので安心して見ていられます

いつも通り五分のスタートでも十分通用すると思っているので本命なのですが、枠が嫌われて人気を落とすなら美味しいと思います。それと当日の馬体重は増減激しいと思いますが惑わされないように。それがゴールドドリームです。

 

〇 チュウワウィザード

安定した先行脚質なのでこの枠は絶好枠。理想の競馬ができると思います。

最内2頭が出足鈍いので、恐らくインティを行かしてラチ沿いべた付きの番手競馬だと思いますが、中京のコーナリングは東海Sで証明しているように問題なので理想の形で運べると思います。鞍上も中京強い福永騎手ですし。

状態も問題ないのでここは上位の印。インティより評価が高い理由は2つ。

①インティは端をきれないともろいので明らかな不安要素がある。爆発力はインティだが安定感はこちらが上

②負けた東海Sはレースレベルや頭数も影響して、チャンピオンズCの平均ラップよりも遅くその分インティとの差が出たが、テンの2F目で平均11秒を刻み、道中加速ラップ気味で流れるこの舞台なら逆転の可能性はある。

特に安定感という点が大きいので2番手評価です。

 

▲ インティ

絶好枠。それ以外特に言うことはないでしょう。

フェブラリーステークスよりもコース形態的にラップは流れるので、その分ゴールドドリームに逆転される可能性は十分高く、気性や端をきれないともろい面もあるので今回は3番手評価。

枠が良すぎるので、端を主張する馬が他にいない限り問題ないでしょう。

 

△ オメガパフューム

最終追い切りは上積みのある内容で高気配

ただ全頭診断で話した通り舞台適性に不安があるので今回は紐の扱いです。能力上位ですし、枠にだいぶ助けられているので昨年よりもロスなく競馬できると思います。

能力面から馬券内に着てもおかしくない1頭なので抑えておくべき1頭です。

 

△ クリソベリル

全頭診断でも話しましたが期待値は高いが信頼度は低いということで今回は紐の扱いにします。

枠は絶好枠なので、インティを行かして番手競馬。内にチュウワウィザード、外にクリソベリルといった隊列になると思います。勝ち負けしたいなら中京のスパイラルカーブの出口で遅れを取らないことは必須だと思います。

ここで通用するか見ものです。

 

☆ ウェスタールンド

スミヨン騎手乗り替わりで一気に不安になりましたが、馬自体中京のコーナリング適性は高く今回は去年より内枠を取れたのでここは抑えておくべきかと思います。

インティが端をきれば昨年に似たペースとなると思うので、昨年の再現ができる可能性は十分あると思います。

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG