ダービー 2020 全頭予想【コントレイル1強!相手は横一線の模様】

お疲れ様です。

この記事ではダービーの全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

1.コース解説・ラップ分析

中間は12秒台半ば~後半まで緩みラスト3Fの末脚勝負となりやすいレース。

いわゆる瞬発力タイプが得意とする展開になりやすいのが特徴です。

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

アルジャンナ

東スポ杯 2着
12.9 – 11.0 – 11.4 – 11.8 – 11.7 – 11.8 – 11.7 – 10.8 – 11.4
スロー瞬発力勝負。コントレイルに着差0.8秒付けられ能力の差が浮き彫りになったレース。上がり3Fの時計でも0.5秒差付けられ位置取りの差では片づけられないレース内容。
きさらぎ賞 3着
12.8 – 11.8 – 12.1 – 12.8 – 12.5 – 12.2 – 11.4 – 11.2 – 11.5
ドスロー瞬発力勝負。馬場が少しタフで展開的にも前が向いたとはいえこのメンバーで3着なのは評価できない。2着のストーンリッジはNHKマイル12着、毎日杯6着。勝馬のコルテジアは皐月賞7着と全く見せ場なく終わっている。この時の上がりタイム33.7秒で1位の時計を計測しましたが、2位は3頭いて33.9秒と全体的に特別速い上がりを使えたわけではない。

きさらぎ賞で末脚に欠けた理由を馬場だとするなら、次走の毎日杯は道悪で時計も掛かっていたので馬場はそこまで影響していない。

とすると、単純に能力値が足りていない印象。

今回求められる瞬発力の適性は最低限ありますが、能力的に足りていない印象ですし、ポジションも取りに行けない馬なので低めの評価です。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

ウインカーネリアン

皐月賞 4着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。大きく逃げた馬の離れた番手で追走しポジション的には有利な位置で運べましたが着差0.9秒の4着。3着のガロアクリークとも0.2秒離された形で、完璧に運んでこれだけ差が出ると能力差が出た印象。

この馬の特徴は先行力を武器とした小回りでの押し切り競馬。

如何にも中山向きなタイプで東京の末脚比べには向いていないと思います。

立ち回りは上手いですが、直線の末脚比べでは分が悪いと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

ガロアクリーク

スプリングS 1着
12.8 – 12.1 – 12.6 – 13.0 – 12.7 – 12.3 – 11.8 – 11.1 – 11.4
ドスロー瞬発力勝負。 ホープフルSの2着馬ヴェルトライゼンデより外を回してキレで勝っているので、瞬発力の評価は高いです。ただし ヴェルトライゼンデは持続力タイプなので、向こうがベストな展開でなかったこともあるのでその点は頭に入れておきたい。
皐月賞 3着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。スピードと持続力が問われる展開でガロアクリークはあまり得意としていない展開でしたが、しっかり終いの脚を使い追い込んできました。2着のサリオスとは着差0.4秒離されましたが、枠や追走経路に加えサリオスが最も得意とする展開だったことを踏まえると、この着差までしっかり追い込めたことは高評価です。

この馬の特徴は瞬発力のキレ味。

持続力では劣りますが皐月賞でもしっかり対応してきており、馬の成長やポテンシャルの高さが伺えます。

舞台が東京に変わり3F瞬発力勝負の末脚が問われるこの舞台へ替わるのはプラスと捉えます。

ペースが流れ持続力が問われる展開だと少し厳しくなりますが、逃げ馬不在でペースも落ち着きそうなのでその点はプラスですし、スロー戦ならそこまで距離適性は問われないので、スロー瞬発力勝負前提で内~中枠を引ければ面白いと思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

コルテジア

皐月賞 7着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。先行出来ず馬場の悪い内を走り直線でもスムーズさを欠きました。いつものように先行出来ていれば着順や着差は詰められたかもしれません。

きさらぎ賞の勝馬ですがその組のメンバーレベルは低く、シンザン記念でサンクテュエールに着差0.7秒付けられているように、これまでのレースで能力の裏付けが取れません。

先行力は武器になりますが、切れる脚がないので展開任せな感はあります。

展開が向けば前で粘り込む可能性があるので、枠や追い切り次第では抑えが必要かもしれません。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

コントレイル

皐月賞 1着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。もともと先行力のあるタイプですが、このレースでは内枠から後方競馬をして4角で大外ぶん回して着差0.1秒付ける快勝。サリオスが完璧に運び得意条件だったことを踏まえると、着差以上に強い内容でした。
東スポ杯 1着
12.9 – 11.0 – 11.4 – 11.8 – 11.7 – 11.8 – 11.7 – 10.8 – 11.4
ハイペースの持続力勝負。圧勝したコントレイルの走破タイムは1分44秒5のレコード。展開が向いたとはいえ同じく後方で脚を溜めた2着のアルジャンナと0.8秒差、3着馬とは1.5秒と突き放した強い内容でした。また時計面を毎日王冠と比較するとこの馬の強さが際立ちます。

毎日王冠 走破タイム1分44秒4
前後半3F(35.5-34.3) 1000m通過58.5秒
ダノンキングリー 上がり最速33.4秒 斤量54

東スポ杯 走破タイム1分44秒5
前後半3F(35.3-33.9) 1000m通過58.8秒
コントレイル 上がり最速33.1秒 斤量55

ほぼ同じ展開で走破タイム0.1秒差。そしてコントレイルの方が斤量が1キロ重いことを考えると、2歳の時点でダノンキングリーと同等の競馬をしています。

東スポ杯の内容からベストは高速馬場の東京だと思うので、舞台替わりでパフォーマンスは上げてくると思います。

唯一不安要素としてあげるとすれば距離ですが、昨年ダノンキングリーが2着に好走したように、本質が1800~2000mくらいの馬なら熟せるのがダービーという舞台なので、大きな不安は感じていません。

適性評価:S
能力評価:S
総合評価:S

 

 

 

サトノインプレッサ

毎日杯 1着
12.9 – 11.1 – 11.4 – 11.9 – 12.3 – 12.1 – 11.7 – 12.1 – 12.4
ミドルペースの持続力勝負。ある程度時計の掛かる馬場にしては流れたレースを、直線は鞭一発で上がり35.3秒を出し、重賞でも好走しているアルジャンナを楽に離して勝っているので、能力はかなり高いものかと思います。
NHKマイル 13着
12.3 – 10.4 – 11.4 – 11.9 – 12.0 – 11.3 – 11.2 – 12.0
ミドルペースの瞬発力勝負。大外枠から後方競馬となり、内先行有利が極端にでたレースを後方一気。馬場や展開、直線での強風に頭を抱えたレースなので、ここの着順は度外視可能。

これまでタフな馬場での好走が目立ちますが、前走を度外視しているので恐らく良馬場も合うと思います。

ただし瞬発力勝負となると少々疑問で、この馬の持ち味は持続力だと思っています。

そもそもゲートも遅いので、後方から瞬発力勝負となった場合、Cコース替わりの東京では届かない可能性があります。

能力面に関して前走の内容だけでは片づけられませんが、適性面ではあまり高い評価はできません。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

サトノフラッグ

1勝クラス 1着
12.7 – 11.5 – 12.7 – 12.0 – 12.8 – 12.0 – 12.1 – 12.1 – 11.6 – 11.9
スローからの持続力勝負。この時の勝ちタイムが2:01:4秒ですが、このレースの1週間前に開催されたホープフルSでコントレイルが出したタイムと同じです。しかもコントレイルより1キロ重い斤量を背負っての成績なので評価はかなり高いです。
皐月賞 5着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。レース運びは問題なかったですが直線で伸びを欠き5着。敗因は道中のペースだと思います。中間12.4-12.9と緩んでいますが、キメラヴェリテが後退し馬郡が詰まったタイミングだったので後続のラップは緩まず流れています。(推定12.4-12.4-12.2くらい)つまりスピード+持続力が求められたレースで、中間のスピードに対応できず直線で伸びを欠く結果につながったと推測します。

この馬はこれまで中間緩んだレースで結果を残してきているだけあって、スピード+持続力が求められる皐月賞では持ち味を活かし切れないまま終わったと私は思います。

この手のタイプは距離延長や舞台替わりなどの中間緩むレースで変り身が期待できるので、距離延長して皐月賞よりも中間緩むダービーの舞台はプラスだと考えます。

ただし瞬発力が抜けて高い訳ではないので、キレ負けする可能性も考慮したほうが良さそうです。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

サリオス

皐月賞 2着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。中間12.4-12.9と緩んでいますが、キメラヴェリテが後退し馬郡が詰まったタイミングだったので後続のラップは緩まず流れています。(推定12.4-12.4-12.2くらい)その為スピード+持続力が求められるレース内容。この展開はサリオスが最も得意としているパターンで、しかも完璧なポジションでレース運びをしているので、大外ぶん回しで大胆な競馬をしたコントレイルとの差は出てしまった印象です。
サウジアラビアRC 1着
12.3 – 10.8 – 12.0 – 12.1 – 12.0 – 11.2 – 10.8 – 11.5
スロー瞬発力勝負。東京開催の瞬発力勝負を上がり最速で差し切り勝っていますが、2着のクラヴァシュドールと上がり3F同タイムの着差0.2秒は個人的に評価が低いです。というのもクラヴァシュドールがその後に瞬発力勝負でマルターズディオサに切れ負けしたり、オークスの瞬発力勝負に対応できなかったことから持続力タイプの可能性が高く、そのクラヴァシュドールと上がり3F同タイムで、ラストはキレではなくスピードの持続力で押し切った形なので瞬発力勝負という点では評価しにくいレース内容です。

サリオスの持ち味はなんといってもスピード+持続力+先行力。

なので本質的にはマイル前後が合う印象です。

そして今回求められるものは、サリオスの得意分野から少し外れてラスト3Fの瞬間的なスピード。いわゆる瞬発力が要求されます。

その瞬発力勝負を東京のベストな距離で物足りない内容だったので、適性的にここでは評価しにくい馬です。

また、これは皐月賞の時も言いましたが、ハーツ産駒にしては珍しく2.3歳から成長し先行力や持続力を身に着けているので、あまりハーツ産駒だと思わない方が良いかもしれません。

つまりハーツ産駒だから距離延長が向くと、この馬に限っては考えない方が良いかもしれません。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ダーリントンホール

共同通信杯 1着
13.2 – 11.9 – 12.5 – 12.9 – 12.7 – 12.1 – 11.2 – 11.4 – 11.7
ドスローの瞬発力勝負。タフな馬場や道悪適性、瞬発力に関しては高く評価できる内容。
皐月賞 6着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。スタートでゲートにぶつかり遅れ、且つ外の馬に進路カットされ一気に後方に下がってしまいます。4角も大外を回しましたが、はじき出されるように外に降られたので、ロスだらけの競馬となってしまいました。それでもしぶとく伸びて6着まで追い上げた点は高く評価しています。

持続力勝負となった葉牡丹賞と札幌2歳Sの内容が共同通信杯より劣るので、持続力よりも瞬発力タイプかと思います。

それでも皐月賞では強い内容で追い上げてきているので、能力面でも評価しています。

ここまで道悪開催の多かった馬なので時計が掛かった時の馬のイメージが強いですが、走法的にはトビも大きく高速馬場はそこまで問題ない印象です。

ただし特別キレる脚をもっているわけではないです。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

 

ディープボンド

京都新聞杯 1着
12.4 – 10.3 – 11.8 – 11.9 – 11.9 – 12.5 – 12.7 – 12.0 – 12.5 – 11.7 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。そもそものメンバーレベルが低く、条件戦組のレベルなので能力面の裏付けは取れません。ただし持続力という点では評価して良いと思います。

京都新聞杯でもそうですが、これまで好走したアザレア賞や未勝利戦で持続力勝負を好走している持続力タイプ。

今回求められる瞬発力では劣りますし、仮に持続力勝負になっても切れ味で劣るので能力的にも適性的にも厳しいと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

ビターエンダー

共同通信杯 2着
13.2 – 11.9 – 12.5 – 12.9 – 12.7 – 12.1 – 11.2 – 11.4 – 11.7
ドスローの瞬発力勝負。道中から仕掛けてきたダーリントンホールとは違って、この馬はドスローで楽逃げ状態で勝馬よりも楽な競馬をしているので、内容は高く評価できません。
プリンシパルS 1着
13.2 – 11.9 – 11.6 – 12.4 – 12.5 – 12.5 – 11.9 – 11.0 – 10.9 – 11.9
ドスロー瞬発力勝負。好位をインベタ追走して直線抜け出す形でしたが、ラスト2着馬に詰め寄られた点を踏まえると内容としては高く評価できません。

瞬発力勝負になりやすいダービーの舞台は合う可能性はありますし、東京も(2-1-1-0)で相性抜群で中距離を使われてきているので距離不安もありません。

ここまで強い内容のレースはありませんが、先行力と舞台適性の高さから抑えは必要かと思う一頭です。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

ブラックホール

ホープフルS 9着
12.6 – 11.5 – 12.4 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。中団インで追走し直線垂れて9着。今まで函館と札幌の1800mを経験してきた馬なので、中山の急坂や距離などが敗因だと思います。
皐月賞 9着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。最後方から上がり3Fはガロアクリークと同タイムの脚を使った内容。

テンのスピードが遅く坂適性も高くないと思うので、中山で使われてきていますがそもそも中山向きではないと思っています。

実際に札幌2歳Sではダーリントンホールに快勝していますし。

ゴールドシップ産駒らしくこの馬も急坂よりも平坦向きかと思うので、終いの脚もあるという点も踏まえ東京替わりはプラスでしょう。

ただしこれまで4角捲って持続力勝負しか経験がないので、瞬発力勝負への対応は鍵となります。

全く人気はありませんが、舞台替わりと瞬発力勝負に対応できれば大穴チャンスはあるかもしれませんが、後方競馬では届かないと見るのが妥当かもしれません。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

マイラプソディ

共同通信杯 4着
13.2 – 11.9 – 12.5 – 12.9 – 12.7 – 12.1 – 11.2 – 11.4 – 11.7
ドスローの瞬発力勝負。前有利の展開を後方から大外回し+内有利の馬場+道悪で末脚不発。恐らく敗因はこの3点だと思いますが、クラシックで活躍できる馬ならもうワンパンチあったはず。
皐月賞 13着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。 4角で既に手ごたえがなく全く相手にならなかった。というよりも競馬をしていなかった印象。持続力勝負は苦手ではないのでそこが敗因ではありません。

昨年の内容は素晴らしいものだったのでクラッシック上位後補でしたが、今年入っての2走が正直弱いです。

瞬発力という点でもワンパンチ欠ける印象です。

凡走の可能性としてあげるなら、今年の2走は道悪で少し時計の掛かる馬場だったのでそれが原因の可能性はありますが、そこまで時計が掛かったり馬場がタフだったわけでもないです。

高速馬場+東京替わりはプラスにはなりますが、どこまでパフォーマンスを上げてこれるか。

劣化していないか、走る気はあるのかなど疑問なので、追い切りは要チェックですね。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

マンオブスピリット

京都新聞杯 1着
12.4 – 10.3 – 11.8 – 11.9 – 11.9 – 12.5 – 12.7 – 12.0 – 12.5 – 11.7 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。メンバーレベルも低いですし展開も向いた形なので評価は平凡です。

瞬発力の性能がないわけではないですが、やはり能力的にここは厳しいと思います。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

レクセランス

持続力タイプの馬が持続力勝負の皐月賞で惨敗したのでここは能力的にも適性的にも厳しいと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ワーケア

ホープフルS 3着
12.6 – 11.5 – 12.4 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。エンジンの掛かりが遅く直線競馬となり差し遅れる形。本質的に中山は向いていないと思いますが、それでも着順をまとめている点は能力の高さかと思います。
アイビーS 1着
13.2 – 11.6 – 11.5 – 12.5 – 12.5 – 12.8 – 11.7 – 11.1 – 11.2
スローの瞬発力勝負。重馬場ながら時計が出たレースで上がり3F33.3秒を計測しています。道悪やタフな馬場での出走が多いですが、この内容から本質的には高速馬場向きの可能性が高いと予想しています。

アイビーSの内容と中山での差し遅れを見る限り東京替わりはプラスですし、これまで得意条件から外れた中山でもしっかり着順をまとめていて、弥生賞では青葉賞を勝ったオーソリティに先着していたりと能力の高さが伺えます。

エンジンの掛かりが遅い馬なので中山→東京替わりは確実にプラスですし、高速馬場への対応も問題ないと思います。

ただしテンのスピードは速くないのでスタートや位置取りが重要ですが、その点ルメールが継続騎乗なのは大幅プラスです。

それと弥生賞から直行ローテとなるので追い切りには注目です。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:A

 

 

 

ヴァルコス

青葉賞 2着
12.3 – 10.8 – 12.2 – 12.6 – 12.5 – 12.5 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.6 – 11.5 – 11.5
ミドルペースの持続力勝負。中間12秒台半ばまでしか緩まなかったのにラスト4Fに失速ラップのないレース。かなり珍しいラップで超高速馬場が影響したものと思います。当然ここで上位争いした馬は持続力という点で高評価できます。特にヴァルコスは道中位置を上げるため脚を使っているので、ラストオーソリティに伸び負けたのはその点が大きかったと思います。

青葉賞の内容は高評価ですがそれは持続力の話で、瞬発力勝負ではキレ味で劣る印象。

こういった馬が逃げると面白いと思いますが、テンのスピードは速くないので奇襲は厳しそうですね。

それと、青葉賞がかなりきついレースだったのでダメージは大きいと思います。

中3週なので状態面は要チェックです。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

 

ヴェルトライゼンデ

皐月賞 8着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。この馬の得意条件であるタフ馬場+持続力勝負でしたが、伸びない内を突いて伸びずという結果でした。それを考慮するとそこまで弱い内容ではないです。
スプリングS 2着
12.8 – 12.1 – 12.6 – 13.0 – 12.7 – 12.3 – 11.8 – 11.1 – 11.4
ドスロー瞬発力勝負。ガロアクリークに切れ負けする形で着差も0.2秒、上がり3Fのタイムも0.4秒離される形で完敗でした。

この馬の得意条件はタフな馬場や持続力勝負。

走法的にも掻き込むように走るのでパワーのいる馬場が合う反面、高速馬場は合わない印象です。

実際にスプリングSでガロアクリークに瞬発力で完敗したように、雨が降らない限りダービーの舞台適性は低いと思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG