天皇賞春 2020 全頭予想【持続力+道悪適性】

お疲れ様です。

この記事では天皇賞春の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

1.コース解説・ラップ分析

こちらの記事で細かくコース解説とラップ分析をしています。

天皇賞春の平均ラップから求められる適性はラスト4Fのスピードと持続力です。

キセキが出遅れor端を切らない場合でもダンビュライトがペースを作りそうですし、キセキが溜めて瞬発力勝負に持ち込むことは考えずらいので、道中早めに動いてロンスパを仕掛けてくる可能性が高いです。

そして今週末は京都で雨予報が出ているので、道悪適性という点にも触れていきたいと思います。

ということで、今回は持続力と道悪という点を中心に全頭診断していきます。

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※枠順や追い切り確認前の評価です

評価の内容総合評価
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価1着まで期待できる
A評価は高いが抜けてはいない馬券内の期待値が高い
B可もなく、不可もなく紐~3列目後補
C低評価消し候補
能力または適性が未知数

 

エタリオウ

天皇賞春(2019) 4着
12.9 – 11.5 – 11.6 – 11.6 – 12.2 – 12.2 – 12.5 – 13.8 – 13.3 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 11.7 – 11.6 – 11.0 – 11.9
スローからの瞬発力勝負。エタリオウは最後方の競馬となり、残り1000mでポジションを上げた分前で脚を溜めた馬に切れ負けしたといった形。このレースに関してはミルコが騎乗ミスを認めていたので、馬の能力自体はそこまで悲観する内容ではなかったレース。
日経賞 6着
6.9 – 11.2 – 11.7 – 12.9 – 12.6 – 13.2 – 12.7 – 12.0 – 11.3 – 11.8 – 12.4 – 11.7 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。中団待機で4角出口で早め先頭に立ち、そのまま押し切るかと思いましたが、伸びを欠いて6着。エタリオウの後ろを追走した3着のスティッフィリオも同じ動きで一緒に上がり4角出口で並んで先頭にだったので、ここは展開負けではなく力負け。

もともと捲る機動力はあり、昨年のこの舞台4着は下げなければ馬券内だった内容なので、適性は低くないと思います。

ただ今年も同じローテで、昨年2着した日経賞と今年の内容を比べると、能力面が衰えている可能性が高いです。

適性評価はできますが、近走の内容から能力評価ができないので厳しめの評価です。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

キセキ

結論言うと「スタート出るか出ないか」それ次第だと思います。

スピード能力や持続力は高いので適性はありますが、このレース後方じゃ届かないのでスタート大事です。

キセキとしても淡々と逃げてロンスパ競馬を仕掛けるのが1番合いますし、後方で溜めた有馬記念は5着と掲示板こそ確保しましたが、完全な展開有利で転がってきた着順なので、溜めて強かった内容ではありません。

つまりレース的にもキセキ的にも後方競馬はマイナスでしかありません。

仮に阪神大賞典のように道中ポジションを上げる競馬で途中から逃げたとしても、結果阪神大賞典と同じく直線で垂れるので逃げるか逃げないか次第だとおもいます。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

 

シルヴァンシャー

京都大賞典 3着
12.9 – 11.0 – 11.5 – 12.1 – 12.2 – 12.2 – 12.3 – 12.4 – 11.7 – 11.6 – 11.5 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。内先行有利の馬場状態での大外回しからの外差しは内容として評価できます。ダンビュライトが淡々と逃げある程度スピードも必要だったレースだったので、ここでの好走は評価高いです。

京都大賞典ではエタリオウ、グローリーヴェイズ。御堂筋Sではアフリカンゴールドに先着しており、能力の裏付けもあり京都大賞典の内容からも適性が高いです。

道悪に関しては経験がないので未知数ですが、走法的には稍重程度なら熟せると思います。

不安要素は状態面。

中間坂路追いが中心でCWを使っていない点は気になるところ。やはり長距離前に坂路追いばかりだと評価はできません。

恐らくステイヤーズSを捻挫で回避したことを考慮した調整だとはおもいますが。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

スティッフェリオ

日経賞 3着
6.9 – 11.2 – 11.7 – 12.9 – 12.6 – 13.2 – 12.7 – 12.0 – 11.3 – 11.8 – 12.4 – 11.7 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。いつもと違って中団に控えた競馬でしたが、4角でエタリオウと一緒に仕掛け先頭で抜け出すも、後続のミッキースワローとモズベッロに捕らえられた形。仕掛けが早かった点とモズベッロより1キロ重い斤量を背負っていたのを踏まえると評価できる内容。ただしモズベッロが直線でミッキースワローに被せられ追い出せない状況だったので、それ故の着差なしだったことは頭に入れておきたいです。

今回展開はキセキ次第ですが持続力勝負には強いですし、前有利となりやすい舞台で先行力を持っている点も踏まえ、道悪の恩恵込みで前で残せる可能性はあるとおもいます。

ただしキセキが淡々と逃げた場合の先行競馬では、この馬自身かなり厳しくなると思うのでその点は注意が必要。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

ダンビュライト

京都大賞典 2着
12.9 – 11.0 – 11.5 – 12.1 – 12.2 – 12.2 – 12.3 – 12.4 – 11.7 – 11.6 – 11.5 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。内先行有利の馬場状態を単騎逃げしたので評価はできませんが、溜めて瞬発力勝負よりも持続力勝負の方が得意だということが収穫できたレース。

この馬に関しては単騎逃げできればといった感じなので、持続力という適性は高くてもそれを活かすには単騎逃げしかありません。道悪+持続力勝負を番手競馬したジャパンカップで大敗しているので、逃げてこそかと思います。

それと去勢明け初戦となるので、いきなり走れるかと問われると難しいかなとは思います。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:B

トーセンカンビーナ

阪神大賞典 2着
13.2 – 12.2 – 12.3 – 12.2 – 12.7 – 12.4 – 12.2 – 12.4 – 11.6 – 11.7 – 11.9 – 11.9 – 11.8 – 12.0 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。後方に展開が向き上がり最速で追い込んできた内容。もともと終いの脚は評価できるタイプだったので、展開さえ向けば結果は残せるタイプ。

今回は後方が極端に不利な舞台なのでスタートも悪いこの馬にとって減点材料ですし、斤量も55→58とプラス3キロも響くと思います。

ただし稍重で時計も掛かった松籟Sを出遅れから上がり最速で差し切り勝ちしているので、道悪は問題ないと思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

ハッピーグリン

適性はそこまで低くないと思いますが、能力はG1で通用する程ではないと思います。

ここでは軽視します。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

 

フィエールマン

天皇賞春(2019) 4着
12.9 – 11.5 – 11.6 – 11.6 – 12.2 – 12.2 – 12.5 – 13.8 – 13.3 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 11.7 – 11.6 – 11.0 – 11.9
スローからの瞬発力勝負。ラスト4F目で(12.3-11.7)と加速し、ラスト2F目でも-0.6秒の加速ラップを踏んで、2着のグローリーヴェイズと共に後続を突き放す強い内容。ただし昨年の展開は例年とは違ってスローから瞬発力が求められたので、フィエールマンにとっては得意な展開だった点は覚えておきたいところ。
有馬記念 4着
6.9 – 11.1 – 11.4 – 11.4 – 11.5 – 12.2 – 12.3 – 12.1 – 11.7 – 12.3 – 13.4 – 12.2 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。アーモンドアイをマークする形でポジションを上げていったので、後方に展開が向いたこのレースでは展開不利を受けています。それでも4角で位置を上げて言った馬や先行勢が壊滅するなか4着に残したのは能力の表れかと思います。キセキと着差なしですが、展開有利を受けたキセキと展開不利を受けたフィエールマンでは、後者の方が確実に強い競馬をしています。

これまで持続力勝負では劣る馬でしたが、有馬記念の内容は評価すべきなので、持続力勝負となりやすい天皇賞春の展開も対応可能かと思います。

昨年とは違う展開になる可能性を踏まえても、有馬記念の内容からも良馬場なら高評価の一頭です。

不安要素はやはり道悪。

この馬は瞬発力のキレが一番の持ち味なので、雨でキレ味を削がれるテンはマイナス材料。

凱旋門はハードルが高かったですが、馬場が全く合わなかった点で大差負けしていると私は思うので、馬場の悪化次第では末脚不発の展開も考慮したほうが良いかもしれません。

ただこのメンバーでは能力面で抜けているので、能力で押し切る可能性もありますが。

良馬場ならS評価与えていましたが、道悪も考慮して今回はA評価です。

適性評価:A
能力評価:S
総合評価:A

 

 

ミッキースワロー

AJCC 4着
12.8 – 12.0 – 12.9 – 12.3 – 12.4 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.1 –
12.1 – 12.5
4角で不利を受けた関係でロスを受けたレース。直線のキレでラストドラフトに劣りましたが、道悪は苦手なのでその点で劣ってしまったと思います。着順に関しては度返し可能です。
日経賞 1着
6.9 – 11.2 – 11.7 – 12.9 – 12.6 – 13.2 – 12.7 – 12.0 – 11.3 – 11.8 – 12.4 – 11.7 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。4角で捲っていき差し切り勝ち。直線でふらついてしまい、併せに行ったモズベッロが追い出せない状況だったので、それを考慮すると実際の力関係にあまり差がない可能性があります。

後方からの馬ですが道中捲っていける機動力があり、持続力のある馬なのでゴールまで脚色が衰えず末脚をい活かせる点が特徴です。

その為キセキがいる今年の天皇賞春は適性高いと思います。

ただし道悪適性は(1-0-0-4)で、七夕賞で勝ちはしましたが速い時計が出る稍重だったので熟せたのも頷けます。

AJCCを見ればわかる通り、タフな道悪だと末脚のキレが落ちるので道悪は割引です。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

ミライヘノツバサ

ダイヤモンドS
13.2 – 12.0 – 12.1 – 12.6 – 12.7 – 12.5 – 12.5 – 12.4 – 12.3 – 11.7 – 12.1 – 12.3 – 12.2 – 12.5 – 12.4 – 12.7 – 13.0
ミドルペースの持続力勝負。例年のスロー瞬発力勝負とは真逆の展開で展開が後方に向きました。その為展開有利があったレースで、長距離らしくスタミナも問われたレース内容です。勝ちはしましたが直線で2着のメイショウテンゲンにかなり詰め寄っていたので、普通に行ったら2着だった内容。

長距離重賞のダイヤモンドSで好走はしましたが、今回求められる適性と若干異なるのでその点割引が必要です。

またダイヤモンド2着のメイショウテンゲンが阪神大賞典3着だったということを考えると、能力的にG1で通用するのか厳しめの評価です。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

メイショウテンゲン

ダイヤモンドS 2着
13.2 – 12.0 – 12.1 – 12.6 – 12.7 – 12.5 – 12.5 – 12.4 – 12.3 – 11.7 – 12.1 – 12.3 – 12.2 – 12.5 – 12.4 – 12.7 – 13.0
ミドルペースの持続力勝負。例年のスロー瞬発力勝負とは真逆の展開で展開が後方に向き、持続力タイプのこの馬にも得意な展開となりました。直線での斜行がなければ勝てていた内容なんで、2着と言えど勝ちに等しい内容です。
阪神大賞典 3着
13.2 – 12.2 – 12.3 – 12.2 – 12.7 – 12.4 – 12.2 – 12.4 – 11.6 – 11.7 – 11.9 – 11.9 – 11.8 – 12.0 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。後方に展開が向きましたが4角で外を回したロスと上がり勝負でキレ負けの3着。同じ4角7番手から直線入りしたトーセンカンビーナに上がりタイムで0.2秒差つけられ負けているので、4角スムーズに入ったとしてもキレ負けしていた内容です。

この2レース以外にも、4角で不利を受けて大きく膨らんだステイヤーズSや弥生賞は持続力勝負。

阪神大賞典やダイヤモンドSからもこの馬の得意条件は持続力勝負なのでここへの適性は高いと思います。

また、かなり馬場が重かった弥生賞で勝っているので道悪適性もあります。

あとはしっかりスタート出て中団で構えられるか。

直線でのキレ味はそこまで高くないので、できるだけポジションは前に付けたいですね。後方では届かないのでその点だけ割引材料です。

ペースは流れたら流れただけ良いですね。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

メロディーレーン

阪神大賞典 5着
13.2 – 12.2 – 12.3 – 12.2 – 12.7 – 12.4 – 12.2 – 12.4 – 11.6 – 11.7 – 11.9 – 11.9 – 11.8 – 12.0 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。直線でも内をしぶとく伸びて5着と健闘しましたが、内枠から中団インベタで脚を溜めたのでこの5着は完全なる能力差が敗因かと思います。ただ苦手な急坂を5着にまとめた点は成長かと思います。

前走G2で力負けなので評価は低いですが、平坦京都に戻る点はプラスに捕らえて良いと思います。

ただし300キロ台の超小柄な馬ということもあり軽い馬場が合う印象なので道悪は割引です。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

モズベッロ

日経賞 3着
6.9 – 11.2 – 11.7 – 12.9 – 12.6 – 13.2 – 12.7 – 12.0 – 11.3 – 11.8 – 12.4 – 11.7 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。モズベッロが直線でミッキースワローに被せられ追い出せない状況だったので、それ故のミッキースワローと着差0.2秒だったかと思います。前走から斤量+4キロを熟しての内容だったので評価の高いレースでした。

前走の内容から持続力や能力面で評価できるので、今回も無視できない馬です。

不安点は斤量・道悪・折り合い

斤量が前走から+2キロの58となるのでその点は割引です。

道悪も良馬場でこそキレ味を発揮するタイプだと思うので、できれば良馬場で行いたいですね。

また折り合い面に若干不安のあるタイプで、長距離戦で折り合いを欠いた場合致命的になるのでその点も考慮しての総合評価です。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

ユーキャンスマイル

阪神大賞典 5着
13.2 – 12.2 – 12.3 – 12.2 – 12.7 – 12.4 – 12.2 – 12.4 – 11.6 – 11.7 – 11.9 – 11.9 – 11.8 – 12.0 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。後方インで脚を溜め直線でインを突いて着差0.3秒の快勝。道中をロスを省いた完璧な騎乗でしたが、+12キロの太目残りで如何にも前哨戦仕上げだったことを踏まえると非常に強かったです。苦手な左回りを熟せた点もプラス材料。

距離に関してですが、個人的に中距離より長距離向きかと思います。

この馬は追走スピードがないので距離が短くなるだけ追走が苦になり、どうしても直線競馬になってしまうことがあります。

分かりやすい例だと4着だった天皇賞秋です。この馬にとっては忙しい競馬となり直線だけ追い込んできた内容だったので、その分追い込み切れず4着に敗れたので、距離は長くなっただけ向くと思います。

道悪も中団~前有利の展開+直線内の馬場が有利だったジャパンカップで、大外を回して4角12番手から掲示板まで追い込める脚を見せたので、道悪も苦にしないタイプかと思います。

あとは今回岩田騎手負傷で浜中騎手に乗り替わるので、癖のあるユーキャンスマイルをどれだけ乗りこなせるか。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG