天皇賞・秋 2020【コース解説・ラップ分析】

お疲れ様です。

この記事では天皇賞秋の使用コースやラップなどを考察していきます。

 

1.コース解説・ラップ分析

東京競馬場

天皇賞秋 過去10年の平均ラップ
前後半3F(36.0 – 35.3)
12.8 – 11.6 – 11.6 – 11.7 – 11.9 – 12.0 – 11.9 – 11.5 – 11.7 – 12.1
スローからのトップスピード戦になりやすいレース。
中間11秒台後半の速いペースが刻まれやすいので追走力や持続力が求められます。
なので、中間のスピードに対応できるマイラー寄りの馬が適性としては高くなります。(実際に過去の好走馬はマイラー質の馬多数)
前走距離に関しても距離短縮組が16%に対して、延長組は22%となっております。
マイル寄りで実績のあるトップスピードの質が高い馬は無視しにくいと思います。
求められる適性
①トップスピードの質
②持続力
③追走力

 

 

2.過去10年のデータ

枠順

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠2-2-0-1411.1%22.2%22.2%
2枠1-1-0-175.3%10.5%10.5%
3枠0-0-3-160.0%0.0%15.8%
4枠4-2-2-1220.0%30.0%40.0%
5枠1-2-0-175.0%15.0%15.0%
6枠2-1-1-1510.5%15.8%21.1%
7枠0-2-2-220.0%7.7%15.4%
8枠0-0-2-250.0%0.0%7.4%

 

 

脚質・上がり

脚質・上り着別度数勝率連対率複勝率
逃げ0-0-2-80.0%0.0%20.0%
先行3-5-2-278.1%21.6%27.0%
中団7-4-3-609.5%14.9%18.9%
後方0-1-3-420.0%2.2%8.7%
3F 1位4-4-3-328.6%57.1%78.6%
3F 2位4-1-1-250.0%62.5%75.0%
3F 3位0-2-0-70.0%22.2%22.2%
3F ~5位1-0-2-184.8%4.8%14.3%
3F 6位~1-3-4-1070.9%3.5%7.0%

 

人気

人気着別度数勝率連対率複勝率
1番人気5-2-1-250.0%70.0%80.0%
2番人気1-3-2-410.0%40.0%60.0%
3番人気0-1-1-80.0%10.0%20.0%
4番人気0-2-0-80.0%20.0%20.0%
5番人気3-0-0-730.0%30.0%30.0%
6番人気0-0-5-50.0%0.0%50.0%
7番人気1-1-0-810.0%20.0%20.0%
8番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%
9番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%
10番人気0-1-0-90.0%10.0%10.0%
11番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%
12番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%
13番人気0-0-1-80.0%0.0%11.1%
14番人気0-0-0-90.0%0.0%0.0%
15番人気0-0-0-90.0%0.0%0.0%
16番人気0-0-0-80.0%0.0%0.0%
17番人気0-0-0-70.0%0.0%0.0%
18番人気0-0-0-60.0%0.0%0.0%

 

前走距離

前走距離着別度数勝率連対率複勝率
同距離2-1-1-266.7%10.0%13.3%
今回延長4-5-5-496.3%14.3%22.2%
今回短縮4-4-4-635.3%10.7%16.0%

 

 

3.過去10年の消去データ

・単勝オッズ50倍以上(0-0-1-69)

・6歳以上で当日4番人気以下(0-0-0-57)

・関東馬で当日8番人気以下(0-0-0-39)

・8枠(0-0-2-25)

・前走3番人気以下且つ10着以下(0-0-0-22)

・前走10番人気以下(0-0-0-15)

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG