エプソムカップ 2020 全頭予想【良馬場なら瞬発力勝負。道悪適性にも触れます】

お疲れ様です。

この記事ではエプソムカップの全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

1.コース解説・ラップ分析

良馬場なら前半スローから瞬発力が求められます。

今年は天気が微妙なので、馬場確認は必須ですね。

全頭診断では瞬発力タイプの馬を評価し、道悪適性に関しても触れました。

評価基準は良馬場想定です。

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アイスストーム

メイS 1着
12.6 – 11.0 – 11.5 – 12.1 – 11.5 – 11.3 – 11.2 – 11.3 – 11.8
稍スローの持続力勝負。ラスト5Fのロンスパ戦。前がラスト1Fでバテ、内をロスなく立ち回りインを突いて差し切り勝ち。どちらかというと、前で上がりを使って粘り込んだ2着のソーグリッタリング、最後方集団で大外回して上がり最速で追い込んだ3着のザダル。この2頭の方が斤量が重かった点やレース内容含め評価をしたいので、このレースでアイスストームを特別高い評価はできません。

東京は(2-0-1-2)で馬券外の2つは直線不利と出遅れによるものなので、東京適性は評価できますが瞬発力の適性は評価できません。

好走したメイSや中日新聞杯、垂水Sは何れも持続力勝負で、特にメイSは4Fのロンスパ持続力勝負でかなり流れが速かったので持続力の適性がかなり求められたレースです。

加えてCコース最終週で、週中の雨も考慮すると今週はある程度タフな馬場状態が想定されます。

アイスストームはタフな馬場は合わず、高速馬場向きのタイプなので馬場適性という点では厳しめの評価になります。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

アトミックフォース

新潟大賞典 2着
12.4 – 11.0 – 11.7 – 12.1 – 12.5 – 12.0 – 11.5 – 11.2 – 11.4 – 12.8
ミドルペースの持続力勝負。単騎逃げで淡々としたペースを刻み4F持続力勝負に持ち込みました。後続の脚を削ぐ形で上がりの掛かる展開を作り2着に粘り込みました。(雨の影響で少しタフな馬場になったことも関係あるかと思います)逃げて勝った精進湖特別のドスロー逃げとは違い、違う逃げ方で結果を残せた点は評価できます。

これまで中間緩んだラップしか経験していませんでしたが、新潟大賞典では自らの刻むラップで中間12.5秒(上り坂のところなので、ここだけ若干緩みましたが)と速いペースを演出し結果を残せた点は評価できます。

テンのスピードは今回のメンバーでも速い方なので、前走のように自分のペースを刻めれば前で粘ってチャンスはあるかと思います。

逃げなくても成績は残している馬ですが、先行集団に控えると直線キレ負けする可能性が高いので、前走のような単騎逃げがベストかと思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

アンドラステ

パールS 1着
12.3 – 11.5 – 12.3 – 12.6 – 12.6 – 12.1 – 11.1 – 11.0 – 12.0
スローからの瞬発力勝負。中間緩みはしましたが、前有利の展開を後方から上がり最速で差し切り勝利しました。雨の影響で時計も掛かっていたので、タフな馬場への対応という点でも評価できるレースです。

パールSでは中間緩んだ流れからの瞬発力を証明しましたが、3走前に阪神マイルで中間11秒台の速い流れにも対応しているので、ラップ面でも適性の高い馬だと思います。

これまで高速馬場の経験はありませんが、道悪や良馬場の時計の掛かるタフな馬場を経験し結果を残しているので、その点週末の雨で馬場がタフになっても問題ありません。

逆に高速馬場になると対応が鍵となるので、ある程度時計は掛かった方が良いと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

 

インビジブルレイズ

白富士ステークス 1着
12.5 – 11.1 – 11.5 – 12.2 – 12.4 – 12.5 – 12.2 – 11.7 – 11.1 – 11.9
ミドルペースの瞬発力勝負。前半3Fが速く中間で一息ついたので先行馬には厳しい流れ。直線で瞬発力も要求されエプソムカップに求められる適性を証明できたレースかと思いますが、他の好走馬と比較すると展開の助けと位置取りの差で勝てたレースで特別強い勝ち方はしていない。

これまで東京は2戦2勝で、過去に東京マイルを中間12秒のペースで走り好走しているので、エプソムカップの流れは問題なく対応できると思います。

ただし新潟大賞典はキレ負けしての5着。

このレースは4F持続力勝負でしたが、斤量だけじゃ片づけられない着差で、4着馬に着差0.4秒。勝馬には着差0.7秒ですから能力差が出た印象です。

適性は高いですが先行力が特別高い訳ではなく、能力面でも白富士Sと新潟大賞典の内容から高い評価はできないので、瞬発力勝負に対応できても直線キレ負けする可能性はあります。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

エメラルファイト

メイS 5着
12.6 – 11.0 – 11.5 – 12.1 – 11.5 – 11.3 – 11.2 – 11.3 – 11.8
稍スローの持続力勝負。ラスト5Fのロンスパ戦。前がラスト1Fでバテたぶん着順を上げられましたが、勝馬と着差0.5秒、3着馬と着差0.4秒離されており、どちらかというと着順が転がってきた内容で評価はできない。

この馬の特徴は淀みない流れになった時の持続力だと思います。

そのため持続力勝負になった京都金杯でも6着といつも以上に着順はまとめています。

メイSも同じくラスト5Fのロンスパ持続で着順はまとめています。

ただし今回求められる適性は瞬発力なので適性は低いと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

ギベオン

中山金杯 10着
12.6 – 11.1 – 12.8 – 11.7 – 12.0 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 11.4 – 12.7
稍スローの持続力勝負。馬場差もありましたがそれにしても伸び悩んでいます。伸びなかった理由は持続力勝負になったことと舞台適性だと思います。この時は直線の急坂で伸び悩んでいました。
金鯱賞 4着
12.9 – 11.8 – 13.2 – 13.0 – 12.7 – 12.4 – 11.8 – 11.2 – 11.1 – 11.5
ドスロー瞬発力勝負。3番手で追走し上がり33.8秒。サートゥルナーリアには上がりタイムで0.6秒離されましたが、上がり3位とは0.3秒差。2着のサトノソルタスと同タイムなことから、評価はそこまで低くないです。(高くもないですが)急坂が苦手と判断しているので、坂がなければもう少し上がりが使えていたと私は思います。

持続力勝負の金杯を惨敗、瞬発力勝負の金鯱賞を4着と着順を上げていることや、以前走ったセントライト記念では坂に加えタフな消耗戦+2200mも効きました。

このことから持続力やタフさを求めらるレースを苦手としている可能性が高く、急坂のないコースの瞬発力勝負でこそ力を発揮する馬だと思います。

新潟大賞典は舞台適性が高かったものの、4Fロンスパ持続戦になったので大敗も頷けます。

東京は(1-1-0-1)で負けたのは好メンバー揃った毎日王冠のみで、NHKマイルで2着の実績もある通り東京は得意だと思います。

巻き返すならここしかないと思っているので、人気が落ちる今回は狙っていきたいと思います。

ただし道悪はマイナスです。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

ゴーフォザサミット

白富士S 4着
12.5 – 11.1 – 11.5 – 12.2 – 12.4 – 12.5 – 12.2 – 11.7 – 11.1 – 11.9
ミドルペースの瞬発力勝負。前半3Fが速く中間で一息ついたので先行馬には厳しい流れをインベタ先行競馬でロスなく運びましたが、直線で追い出しが遅れ前が壁。内ラチから馬場の真ん中まで出した後再加速して4着。そして勝馬と着差0.1秒。2,3着馬とは着差なし。5着はメイSの勝馬で今回人気のアイスストームに着差0.2秒。直線でスムーズに追い出せていたら勝ち負けだったかと思います。上がり3Fのタイムが出ていないのもこれが理由です。展開的に厳しく、且つ直線スムーズに抜け出せなかったことを考慮するとこれだけ詰めれたのは強い内容かと思います。
青葉賞 1着
13.2 – 11.2 – 11.8 – 12.2 – 12.4 – 12.7 – 12.3 – 12.2 – 12.0 – 11.6 – 11.1 – 11.7
スローからの瞬発力勝負。その後活躍したエタリオウに着差0.3秒の快勝。

前走のメイSで7着に凡走していますが、このレースは5Fのロンスパ持続力戦でした。

ここの凡走と白富士S&青葉賞のパフォーマンスを考えると、この馬は瞬発力タイプだと思うので、エプソムカップの適性は高いと思います。

特に白富士Sの内容は強いと思うので、瞬発力勝負の展開で先行してスムーズに追い出せれば大穴チャンスかと思います。

できれば良馬場でやりたいですね。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

 

サトノアーサー

東京新聞杯 4着
12.4 – 10.9 – 11.4 – 11.6 – 11.8 – 11.5 – 11.6 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。先行競馬で直線キレ負けした内容。敗因は隣の枠のレイエンダはともかく、その隣のクルーガーもスタートを決めてしまい、サトノアーサーもいつもより良いスタートをしてしまいました。その結果最初は横一線になり前傾ラップの前半で脚を使ってしまいます。そのまま先行して中間も緩まず流れた為脚が溜まらない状態で、それがラストの伸びに影響したと思います。ただ同じく先行したクルーガーやレイエンダに先着しており、持続力は評価できる内容です。
ポートアイランドS 2着
12.5 – 10.6 – 11.2 – 11.5 – 11.6 – 11.7 – 11.2 – 12.4
ハイペースの持続力勝負。勝馬のロードマイウェイはその後チャレンジCで勝ちましたが、その馬と着差なしの2着。上がり2位の34.4秒を計測していて、終始3頭分外を回され4角もぶん回したので、このロスがなければ差し切れていたと思います。

以前瞬発力勝負になったメイSをキレ負けして3着に敗れていることと、東京新聞杯やポートアイランドSの内容から、この馬は持続力タイプだと予想します。

2年前のエプソムカップで勝っていますが、この時は馬場が渋り瞬発力が求められなかった為好走したのだと思います。

瞬発力勝負になると切れ負けしそうなので、馬場が渋って瞬発力が問われにくくなればチャンスかと思います。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

 

サトノガーネット

中日新聞杯 1着
12.7 – 10.9 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 12.1 – 11.8 – 11.3 – 11.6 – 11.6
スローからの持続力勝負。大外ぶん回しの上がり最速で追い込み勝利しました。持続力に長けた馬かと思います。

その後成績がパッタリですが、金鯱賞は瞬発力勝負で適性違い。日経新春杯は馬場。阪神牝馬Sは瞬発力勝負&中間速いマイルで適性外。ヴィクトリアマイルは持続力勝負でしたが阪神牝馬S同様に距離面で適性外。などなど敗因は明確です。

追走力がなく瞬発力勝負では劣るので、スローのロンスパ持続力勝負で直線長い舞台がベストかと思います。

いつか狙いたいですがここは適性外かと思います。

馬場が渋ってタフな持続力勝負になったとしても、道悪は苦手な馬なので今回は軽視です。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

サラキア

エプソムカップ 2着
13.5 – 12.2 – 12.7 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.0 – 10.8 – 11.1
小頭数のドスロー瞬発力勝負。逃げて上がり33.0秒。この時稍重でしたが、時計は出ていたので道悪適性の評価には繋がらない内容です。この後東京で行われたオクトーバーSも3着に好走しましたが、この時も小頭数でドスロー逃げの瞬発力勝負でした
関屋記念 5着
12.6 – 10.9 – 11.2 – 11.8 – 11.5 – 11.8 – 10.8 – 11.5
前半スローの瞬発力勝負。中団からの競馬となり直線キレ負けしての5着。上がり最速31.9秒に対してサラキアは32.9秒と1秒差を付けられました。

東京の舞台は合いますし瞬発力勝負には強い馬ですが、エプソムカップとオクトーバーSは小頭数で楽に逃げられたことが大きかったです。

一方関屋記念では瞬発力勝負でしたが、中団からの競馬となり直線キレ負けした内容。

つまり中団後方からだと切れ味に劣るので、出来るだけ前で競馬がしたいです。

今回フルゲートなので枠順も大切になってきますね。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

シャドウディーヴァ

東京新聞杯 2着
12.4 – 10.9 – 11.4 – 11.6 – 11.8 – 11.5 – 11.6 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。後方インを追走しインを突いたとはいえ、先行中団有利の展開を後方11番手から上がり2位の脚で差し切った点は評価できます。勝馬のプリモも道中インを追走し直線真ん中に出した競馬だったので、G1好走するような馬と似たような競馬をしてこれだけ差が詰められているなら、能力面でも評価して良いと思います。またこの時斤量がプリモより2キロ軽かったですが、先行中団有利のレースでプリモは4角6番手だったので位置取りで勝馬が有利だったと考えると、そこまで斤量について減点しなくていいと私は思います。

非常に東京適性の高い馬で成績は(1-4-1-2)とオークスとヴィクトリアマイルの両G1以外馬券内です。

オークスは距離が長かったですし、ヴィクトリアマイルは追走でいっぱいいっぱいになり距離が短すぎました。

1F延長はプラスなので、馬場が極端に渋らなければ巻き返し可能かと思います。

またテンのスピードが遅いハーツ産駒の晩成傾向が典型的に出ていますが、そういう視点でも前半が緩みやすいエプソムカップの舞台は合うと思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ソーグリッタリング

メイS 2着
12.6 – 11.0 – 11.5 – 12.1 – 11.5 – 11.3 – 11.2 – 11.3 – 11.8
稍スローの持続力勝負。ラスト5Fのロンスパ戦。後方差しに展開が向いた中、勝馬のアイスストームは内をロスなく立ち回りインを突いて差し切り勝ち。一方ソーグリッタリングは前が厳しい中上がり3位の脚を使って粘り込んだ点は評価高いです。加えて勝馬より斤量が1キロ重かったので、ここでは力関係ハッキリしてないと思います。

瞬発持続共に持ち合わせているバランスタイプかと思います。

実際に瞬発力勝負になった昨年のエプソムカップで3着、関屋記念で3着と対応出来ています。

好位からしっかり脚を使えるので成績は安定しますが、決め手不足で勝ち切れない状態が続いていますね。

ただメイSの内容は十分強いですし、京都金杯も4着でしたが大外枠が響いた影響なので、G3でこのメンバーなら十分通用する能力と適性はあると思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ダイワキャグニー

白富士S 7着
12.5 – 11.1 – 11.5 – 12.2 – 12.4 – 12.5 – 12.2 – 11.7 – 11.1 – 11.9
ミドルペースの瞬発力勝負。前半3Fが速く中間で一息ついたので先行馬には厳しい流れを逃げたので展開的には厳しいレース内容。直線垂れたのもこれが理由でしょう。
金鯱賞 3着
12.9 – 11.8 – 13.2 – 13.0 – 12.7 – 12.4 – 11.8 – 11.2 – 11.1 – 11.5
ドスロー瞬発力勝負。小頭数のドスロー楽逃げで前有利の展開なので評価はできません。

テンのスピードが速いので前に付けられる点はプラスですが、直線でキレる脚は劣るのでスローを前付けして3F瞬発力勝負になれば残せる可能性はあります。

また道悪が苦手なのは2年前のエプソムカップが物語ってる通りなので、良馬場がベストです。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:C

 

 

トーラスジェミニ

東京・新潟での好走はドスロー逃げがハマった形。

中間流れた中山で2度勝利していますが、瞬発力が求められていない内容なのでここへは繋がりません。

東京より中山が合うと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ピースワンパラディ

湘南S 1着
12.6 – 11.3 – 12.1 – 11.6 – 11.6 – 11.2 – 11.1 – 11.7
スローからの持続力勝負。稍重でしたが馬場はそこまで重くなく、5Fロンスパ戦での勝利。持続力を高く評価できる内容でした。
精進湖特別 3着
13.5 – 13.3 – 12.7 – 12.5 – 12.4 – 12.4 – 12.0 – 11.1 – 10.6 – 11.5
ドスロー瞬発力勝負。上がり最速32.7秒を繰り出せていますが、エンジンの掛かりが遅いように見えました。確かに内先行馬が圧倒的有利な展開でしたが、ギアチェンが上手く効けば差し切れていたように思います。
青葉賞 3着
12.7 – 11.2 – 11.9 – 12.1 – 12.0 – 11.8 – 12.3 – 12.2 – 12.5 – 11.6 – 11.8 – 12.9
ミドルペースの瞬発力勝負。先行集団と追走集団が離れ、ピースワンパラディは4角6番手(追走集団の先頭)で5馬身ほど離されていました。そのまま前が残ったレースの中3着だったので、一見ポジションが影響したように見えますが着差は詰められていません。残り400mで追い出しましたが、伸びだしたのは200m手前です。つまりギアチェンが騎手の指示したタイミングで効かず、着差縮められなかったのだと思います。

湘南Sの5Fロンスパ持続力勝負で結果をだし、精進湖特別と青葉賞でギアチェン効かず差し遅れたところを見ると、この馬は持続力タイプの馬かと思います。

つまり良馬場開催で瞬発力が求められた場合、ギアチェンの遅さから差し損ねる可能性があります。

逆に馬場が少し渋ってタフな展開になれば、道悪実績豊富で持続力もあるので評価は上がります。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

マイネルハニー

スロー寄りの持続力勝負にならないと厳しいですね。

瞬発力勝負には対応厳しいですし、馬場が渋っても評価上がらないので軽視します。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

マイネルファンロン

小回りのタフな展開に適性があると思います。

馬場が悪化すれば評価は上がりますが、舞台が東京では能力も足りていないので厳しいと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

レイエンダ

富士S 2着
12.2 – 10.9 – 11.9 – 12.0 – 11.9 – 11.3 – 11.1 – 11.7
スローの瞬発力勝負。勝馬はノームコアに着差0.1秒で上がり3Fは0.2秒上回る最速33.0秒を計測できた点など非常に評価の高いレースです。
ダービー卿 3着
12.2 – 11.1 – 11.0 – 11.1 – 11.7 – 11.6 – 12.0 – 12.1
ハイペースの消耗戦。上記の富士Sとは真逆のラップでの好走には驚きです。好走した理由は前が崩れた+中団インでギリギリまで溜めた+追い込み勢が大外ぶん回した中レイエンダはインを突けた+好走馬の追走経路は全て内目で先行勢の後ろのポジション。つまりやや後方だったものの良い位置でギリギリまで溜めインを突けたことが好走した理由かと思います。ただ得意なラップとは真逆なので驚きました。

この馬はよく「いつ走るかわからない」と言われる馬ですが約1年の凡走レースを並べると、

東京新聞杯→休み明け&持続力勝負
マイルCS→G1能力不足+大外枠
新潟記念→休み明け
メイS→休み明け+直線で隣の馬の右ムチに怯んで失速

休み明け+得意の展開(瞬発力勝負)とは真逆のダービー卿で好走したのは驚きでしかないですが、この1年の凡走レースはほとんど休み明けなので、叩き2戦目で得意の瞬発力勝負になりやすいこの舞台なら今回は狙い目です。

道悪経験は2回ありますが、どちらも時計は出る馬場だったので、時計の掛かるタフな馬場になったら若干評価落ちするかもしれませんが、時計が平均並みに出るようなら対応可能かと思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A
>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG