福島記念 2020 最終予想【波乱期待!本命大穴から!】

お疲れ様です。

この記事では福島記念の最終予想を行います。よろしくお願いします。

 

1.コース解説・ラップ分析

福島競馬場

福島記念 過去10年の平均ラップ
前後半3F(34.9 – 35.9)
12.1 – 11.2 – 11.6 – 12.1 – 12.3 – 12.3 – 12.0 – 12.0 – 11.6 – 12.3
1800mでは上り坂スタートですが、2000mだと下り坂スタートとなり、ミドル~ハイペースからの持続力勝負になりやすい。
前半が流れやすいコースなので後半はタフ。
適性としては持続力とタフさが求められるコースなので、その点に着目して予想を組み立てたい。
求められる適性
①持続力
②タフさ

2.馬場傾向

時計は平均並みで先週より少し掛かっていた土曜の福島。

バイアスは外優勢で、先行馬も直線では中~外に出しているように内は嫌われている。

展開が流れるようなら、後方からの外差しも効いていました。

 

 

3.展開予想

逃げ候補はトーラスジェミニ。

基本的に淡々と逃げて、後続に脚を使わせるようなスタミナが持ち味なので、スロー逃げは可能性薄。

展開としてはミドル~稍ハイ辺りを想定しているので、狙いは中団後方の差し馬。

 

 

4.最終予想

◎ ⑮ドゥオーモ

小倉大賞典 2着
12.2 – 11.6 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.0
ミドルペースの持続力勝負。中間流れ後方に展開が向いたレースで、ドゥオーモは後方から徐々に位置を上げて4角5番手で直線入りして抜け出すも、後方からカデナに交わされて2着。負けはしましたが道中終始位置を上げての競馬でかなり脚を使うもラストまで垂れずに走り切れた点で、機動力や持続力の評価に繋がります。
函館記念は展開も向きましたが、ある程度前が残った中の機動力競馬で差し切っての2着。
前走の京都大賞典は大敗でしたが、叩き仕上げで勝負気配でなかったのと、瞬発力勝負となってしまったので適性的にも度外視可能。

機動力+持続力を活かせて、ある程度タフな馬場が合うので舞台設定は問題なし。

ミドルペースくらい流れれば、今のバイアスなら届くと見て本命に。

 

 

〇 ⑨ヴァンケドミンゴ

▲ ⑫マイネルサーパス

△ ⑯レッドローゼス ⑤ワセダインブルー ③バイオスパーク

 

 

5.買目

15 – 3.5.9.12.16
あくまで私自身の予想・買目になるので参考程度にお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG