函館記念 2020 最終予想【2桁人気2頭に高い印!攻めます!】

お疲れ様です。

この記事では函館記念の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

①先行力+持続力

②4角10番手以内に付けられる差し馬+機動力

この2点を中心に狙っていきたいと思います。

 

 

2.馬場状態

良馬場開催で相変わらずの前有利

ただし内外はフラットまで変化し始めているので、先週までのイン前極端に有利な馬場ではなさそう。

 

 

3.展開予想

逃げ候補はトーラスジェミニ、マイネルファンロンあたりでしょうか。

この2頭が外へ行ったことにより、ポジション争い+コーナーまで長く下り坂スタートの影響で前半スローの可能性が低く。

端争いが激化しない限り、例年に近い傾向になると思います。

想定としては前傾ラップのミドルペース

 

 

4.最終予想

 ◎  カウディーリョ

恐らく1番人気でしょうがここは逆らわず。

先行力+持続力があり小回り適性も〇

気性面に若干不安のある馬ですが、しっかり内目の枠を引けたので、前壁が作れる枠+距離短縮もプラス材料

追い切り見ても状態面は悪くないので問題ないと見ています。

 

 

 〇  レイホーロマンス

現在13番人気と全く人気はしていないが、ここは高い印を打つほど期待しています。

ピッチ走法で小回り巧者

馬場はタフな方が合いますが、真ん中辺りの枠を引けたのは大きいです。

この馬に関しては先行力はないものの持続力と機動力を併せ持っているので、中団に付けられば無視できない存在かと思います。

併せて斤量51キロはかなり恵まれます。

道中の位置取り次第で一発警戒。

 

 

 ▲ ベストアプローチ

巴賞はイン前超有利のレースで、大外ぶん回し上がり最速で差し損ねる内容。

前走は度外視可能ですし、長欠明けで馬体を増やしてのパフォーマンスなので、能力の上昇値が結構高いと思います。

ただし適性面はスロー競馬がベストだと思っているので、その点対応できるかが鍵となります。

枠も真ん中あたりを確保したので、中団確保できれば機動力+持続力はあるので、上記の点に対応出来れば頭まで期待します。

 

 

 ☆ ドゥオーモ

巴賞9着で見せ場なしですが、機動力で仕掛けられる馬が仕掛けに行っていないので、叩き台だった可能性があります。

持続力+機動力+小回り適性は小倉大賞典で証明しているので、後方過ぎなければ一発警戒しています。

時計は掛かった方が良いのでベスト舞台ではないですが、最終週で平均時計並みに落ち着いているので馬場がマイナス要素にはならないでしょう。

スタート出て道中10番手以内追走はほぼ必須条件なので、まずはここ。

 

 

 △ バイオスパーク

絶好枠。

適性面は中間流れたレースに対応が難しい可能性を考慮しB評価までとしましたが、絶好枠からインの3.4番手辺りは確保できそう。

函館記念において、ある程度前に行ける馬の内枠は素直に警戒したほうが良いです。

 

 

5.買目

5 – 2.6.7.8 馬連4点
5 – 6.7 ワイド2点
あくまで私自身の予想・買目になるので参考程度にお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG