函館記念 2020 全頭予想【今年も難解。適性高い馬を重視します。】

お疲れ様です。

この記事では函館記念の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

①先行力+持続力

②道中10番手以内に付けられる差し馬は機動力+持続力

この2パターンに注目して全頭診断で精査していきます。

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アドマイヤジャスタ

鳴尾記念 6着
12.2 – 11.0 – 12.8 – 12.2 – 11.8 – 12.2 – 11.6 – 11.7 – 12.1 – 12.5
ミドルペースの消耗戦。内枠から道中インの中団を追走。6着とぱっと見着順はまとめていますが、6~10着は横一線。内が圧倒的有利な馬場で中団後方に展開が向いたレースをインの中団で立ち回って直線伸びを欠いているので、着順以上に評価はできず。

以前好走したホープフルSとすみれSは瞬発力勝負のレース。

鳴尾記念の内容を考慮するとこの馬は瞬発力タイプです。

鳴尾記念は着順以上に評価できず、能力適性共にここでは厳しめの評価です。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

カウディーリョ

メトロポリタンS 4着
12.9 – 11.5 – 12.7 – 13.0 – 12.4 – 12.2 – 12.9 – 12.6 – 12.0 – 11.0 – 11.0 – 11.6
ドスロー瞬発力勝負。スタート出るも控えて5番手追走。直線はギリギリまで溜めてキレ負けの4着。好メンバー相手で2~4着は接戦なので着順に関しては問題なし。瞬発力勝負だと若干物足りない内容ではあります。
関門橋ステークス 1着
12.5 – 11.5 – 12.3 – 12.3 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 11.7 – 11.7 – 12.0
スローの持続力勝負。単騎逃げで道中淡々とラップを刻み4角で振り切っての勝利。道中流れたペースからの持続力や小回り適性は高く評価できるレースです。ただし前半楽に運べた部分もあるので、逃げ馬にとってはかなり楽な立ち回りだったと思います。

関門橋ステークスは中間流れる展開からの持続力勝負で押し切っているので、持続力や小回り適性という点で適性は高いと思います。

ただし関門橋ステークスは前半スロー。函館記念は前傾ラップになりやすく、内容が若干変わるので最高評価はできず。

ただ先行力のある馬で持続力と小回り適性がある以上、人気でも嫌う必要はないかと思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

スズカロング

松前特別 1着
12.4 – 10.8 – 11.8 – 12.8 – 12.8 – 12.2 – 12.3 – 12.3 – 11.8 – 12.2
ミドルペースの持続力勝負。同じ函館2000mで前景ラップの持続力勝負を先行競馬で押し切る内容ですが、この時中間が12.8-12.8と緩んでいるので、函館記念のレース内容とは若干ずれます。また前半ハイ→中間緩む流れで中団~後方に展開が向いたレースを離れたインの3番手追走の絶好のポジションで運べた点でも、展開や馬場が結構味方したレースかと思います。
五稜郭ステークス 7着
12.9 – 11.8 – 12.3 – 12.5 – 12.5 – 12.0 – 11.9 – 11.5 – 11.7 – 12.0
ドスローの持続力勝負。直線加速部で前が壁になり追い出せず。ゴール前接戦だったので、不利がなければ馬券内の可能性もあったと思いますが、ドスロー戦なので函館記念の評価には繋がらず。

先行力という点では評価できますが、中間流れた展開からの持続力勝負は未経験なので、前傾ラップから中間流れる函館記念の適性は高く評価できず。

先行力と最低限の持続力はあるので、中間のペースに対応できるかが鍵。

連闘になるので状態面の確認と、内枠確保はしたいところ。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

トーラスジェミニ

巴賞 1着
12.6 – 12.1 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.9
ドスロー持続力勝負。中間は流れるも前半ドスローの単騎逃げ。またこの時はイン前が圧倒的有利な馬場で、2.3着も4角出口でイン前にいた順位通りの着順になっています。高い評価はできません。

そもそも函館記念は巴賞1.2着馬の成績が(0-0-0-14)と壊滅的ですが、その原因のひとつにローテが詰まっていることが言われています。

ただ、巴賞6〜9着に負けた馬は(1-2-1-11)と負け組から函館記念好走馬が出ているように、個人的にはローテの問題だとは思っていません。

巴賞好走組が負ける理由に関して、個人的に前半のラップが大きく関係していると思います。

巴賞は函館1800mでの開催で、スタートから1コーナーまでが276mと短く前半はスローになりやすい傾向です。

比べて函館2000mはスタートから1コーナーまでが476mと長く下り坂スタートになる為、前傾ラップになりやすく中間も流れる。その為後半時計の掛かるタフなレースになりやすいです。

つまり函館記念は巴賞よりタフなレースになりやすいという事です

なので巴賞の好走組は適性が異なる函館記念で成績を落とすと私は思います。

トーラスジェミニはこの傾向に当てはまると思うので、今回は厳しめの評価とします。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ドゥオーモ

小倉大賞典 2着
12.2 – 11.6 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.0
ミドルペースの持続力勝負。中間流れた持続力勝負での好走は函館記念の適性に合うので評価できます。後方に展開が向いたレースでドゥオーモは後方から徐々に位置を上げて4角5番手で直線入りして抜け出すも、後方からカデナに交わされて2着。負けはしましたが道中終始位置を上げての競馬でかなり脚を使うもラストまで垂れずに走り切れた点で、機動力や持続力の評価にも繋がります。
巴賞 9着
12.6 – 12.1 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.9
ドスロー持続力勝負。イン前で立ち回った者勝ちのレースを出遅れ後方からの競馬だったので度外視可能です。

持続力や機動力は小倉大賞典の内容から高く評価できますが、先行力が低いので中団を確保できればといった評価です。

後方過ぎると機動力だけでは厳しいので、高い印は打ちにくいですが小倉大賞典を評価するならば警戒は必要かと思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ナイトオブナイツ

小倉大賞典 7着
12.2 – 11.6 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.0
ミドルペースの持続力勝負。中間流れた持続力勝負で後方差しもある程度効く展開でしたが結果残せず。

機動力が低く、直線競馬で後方一発の馬なので、先行力や機動力という点で大きくマイナス要素。

そして中間流れて差しも決まった小倉大賞典で不発ということで、能力面も疑いたいです。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ニシノデイジー

金鯱賞 6着
12.9 – 11.8 – 13.2 – 13.0 – 12.7 – 12.4 – 11.8 – 11.2 – 11.1 – 11.5
ドスロー瞬発力勝負でキレ負けした内容。恐らくスロー瞬発は合わないと思います。
札幌2歳S 1着
12.4 – 11.7 – 11.9 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 12.3 – 12.6 – 12.7
ハイペースの消耗戦。後方からになるも道中ポジションを上げて4角2番手からナイママに競り勝ち持続力やスタミナが評価できるレース内容でした。中間も流れているため、舞台は違いますが、函館記念と結びつく内容だと思います。

折り合いに難のあるタイプなので、金鯱賞のようなドスロー瞬発力勝負や2500mで外枠だった目黒記念は適条件からは外れます。

札幌2歳Sの内容や、ダービー、セントライト記念で着順をまとめていることから、この馬は持続力タイプだと思うので函館替わり+距離短縮はプラスに働くと思います。

先行力はそこまで評価できませんが、機動力はあるので道中のポジションと折り合い次第では警戒必要かと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

バイオスパーク

飛鳥S 1着
12.8 – 11.6 – 12.1 – 12.6 – 12.6 – 12.0 – 11.2 – 11.4 – 11.8
ドスロー瞬発力勝負。前半~中間も緩みラスト3F勝負を中団インでロスを削っての勝利。レース運びが完璧だっただけに高い評価はできず。
京橋特別 3着
12.8 – 11.3 – 12.3 – 12.4 – 12.2 – 12.3 – 11.9 – 12.0 – 11.5 – 12.0
スローの持続力勝負。中間は比較的流れたレースで前有利の展開。逃げ馬をマークして番手追走するも直線で伸びを欠き1.2着馬との着差0.7秒と離された3着。

京橋特別でラスト伸びを欠いた点から持続力が疑われますが、次走の嵯峨野特別でドスロー4F持続力を快勝しています。

このことから、中間流れた場合この馬にとっては厳しくなると私は思います。

函館記念は中間流れる為、適性は低めの評価とします。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

プレシャスブルー

新潟大賞典 3着
12.4 – 11.0 – 11.7 – 12.1 – 12.5 – 12.0 – 11.5 – 11.2 – 11.4 – 12.8
ミドルペースの持続力勝負。ラスト4Fのロンスパ戦になり前有利の中後方10番手から上がり最速で追い込み3着。トップスピードの持続力を高く評価できる内容でした。
初富士S 1着
12.5 – 12.7 – 12.3 – 12.7 – 12.1 – 12.3 – 11.8 – 11.1 – 11.9
ドスロー瞬発力勝負。前半~中間緩み稍重の中山でしたが瞬発力が問われたレース内容。2着のトーセンスーリヤは新潟大賞典の勝馬を楽に差し切りました。

これまでのレースを見る限りポテンシャルは非常に高いと思います。

ただしトップスピードの質が問われるレースでポテンシャルを発揮してきているので、ある程度タフな展開になると厳しくなる可能性があります。

例えば福島民報杯は前傾ラップでタフなレースで不発でした。

ディープ産駒の函館は成績が良くないことは有名ですが、その血統らしくやはりキレで勝負するタイプかと思うので、適性面は厳しい評価です。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

ベストアプローチ

メトロポリタンS 1着
13.2 – 11.6 – 12.3 – 12.6 – 12.6 – 12.2 – 12.6 – 11.9 – 11.6 – 11.3 – 11.3 – 11.6
ドスロー持続力勝負。ラスト4~5Fのロンスパ戦を勝ちましたが、2着馬のノーブルマーズはその後目黒記念と宝塚記念を連続好走した実績馬。その馬を差し切れた点でトップスピードの持続力やキレは高く評価できる内容かと思います。
巴賞 6着
12.6 – 12.1 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.9
スローの持続力勝負。外枠で終始外を回して4角も大外ぶん回しの競馬。上がり最速は計測しましたが、イン前が圧倒的有利なレースでこの内容ではまず厳しかったです。着順に関しては度外視可能かと思います。

トップスピードの持続力が高く、巴賞でも機動力を見せた走りだったので適性面は最低限あると思います。

ただしこれまで中間緩んだレースやスロー競馬でポテンシャルを発揮してきており、巴賞も内枠だったら着順は上げられたはずなので、適性面で若干疑いたくなる内容です。

なのである程度タフな流れになった時に対応できるかが鍵となりそうです。

巴賞の着順は度外視できるので、これで人気を落とすようなら抑えたいですが、まずは内枠確保できればといった評価です。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

マイネルファンロン

函館記念(2019) 2着
12.7 – 11.7 – 11.9 – 11.7 – 11.8 – 11.9 – 12.0 – 12.0 – 11.6 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。例年よりも前半流れなかったレースで番手に付けてそのままといった形。能力面で評価ができるレース内容ではないですが、先行力や小回り適性は評価して良いと思います。
福島民報杯 5着
12.2 – 10.9 – 11.2 – 13.1 – 12.5 – 12.2 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 13.2
ハイペースの消耗戦。タフな展開タフな馬場で行われたレースで後方有利の展開。そのレースを先行して早めに仕掛け途中から逃げる形でラスト捉えられた内容です。着差も勝馬と0.3秒、3着馬と0.1秒に粘り込む内容で、スタミナや持続力という点で評価できる内容です。

この馬の好走歴は札幌・函館・中山といった小回り系やタフなコースでの好走が多く、昨年2着の実績や福島民報杯での内容も頷けます。

最近成績はパッとしませんが、先行力と持続力で十分好走可能だと思うので、近走の成績から人気を落とすなら積極的に狙っていきたい馬です。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ミスマンマミーア

マーメイドS 9着
12.4 – 11.2 – 12.7 – 12.5 – 12.0 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 12.2 – 12.9
ミドルペースの持続力勝負。タフな展開やタフな馬場は得意でしたが、イン前有利の展開を後方競馬で直線だけ伸びてきた内容なので機動力不足が目立ったレース内容でした。

マーメイドSの内容から先行力や機動力が評価できないので、舞台適性は低いと思います。

道悪で後方差しの効く展開になればチャンスはありそうですが、今週雨は降りそうにないですし、メンバー見ても超ハイペースはないと思うので厳しいと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

ランフォザローゼス

安土城ステークス 15着
12.1 – 11.2 – 11.7 – 11.6 – 11.7 – 10.9 – 12.1
そもそもこのレースの敗因は距離適性ですが、中間流れると全く力を発揮できない。つまり追走力が低いことは収穫できました。

安土城ステークスもそうですが、中間流れたレースでは全く伸びてないです。

逆に中間緩んだ青葉賞や京成杯では好走しており、溜めてこその馬かと思います。

それに加え先行力や追走力不足なので、適性面は低いと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

レイエンダ

富士S 2着
12.2 – 10.9 – 11.9 – 12.0 – 11.9 – 11.3 – 11.1 – 11.7
スローの瞬発力勝負。勝馬はノームコアに着差0.1秒で上がり3Fは0.2秒上回る最速33.0秒を計測できた点など非常に評価の高いレースです。
ダービー卿 3着
12.2 – 11.1 – 11.0 – 11.1 – 11.7 – 11.6 – 12.0 – 12.1
ハイペースの消耗戦。上記の富士Sとは真逆のラップでの好走には驚きです。好走した理由は前が崩れた+中団インでギリギリまで溜めた+追い込み勢が大外ぶん回した中レイエンダはインを突けた+好走馬の追走経路は全て内目で先行勢の後ろのポジション。つまりやや後方だったものの良い位置でギリギリまで溜めインを突けたことが好走した理由かと思います。ただ得意なラップとは真逆なので驚きました。

前走のエプソムカップは不良馬場で度外視可能ですが、先行力・持続力・機動力という点で高い評価はできず。

ダービー卿を好走しましたが、これは位置取りや展開、馬場の恩恵が非常に高かったレースなので、適性面の評価には繋がりずらいです。

得意条件はスローの瞬発力勝負だと思うので、先行力や機動力も合わせ人気するなら嫌いたい馬です。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

レイホーロマンス

愛知杯 3着
12.3 – 11.1 – 11.9 – 12.6 – 12.2 – 12.0 – 12.0 – 12.2 – 12.4 – 12.4
ハイペースの消耗戦。ラスト交わされて3着に敗れますが、敗因は早仕掛けで上位2頭は内でギリギリまで溜めたのでその差だと思います。ただ逆に機動力という点で評価できる内容だったので収穫はあります。

ピッチ走法なので小回りがベスト。(道悪なら尚良し)

持続力や機動力は愛知杯で証明しているので、適性面は高く評価しています。

先行力がそこまで高くないので、道中のポジション次第にはなりますが、中団を取れれば4角で前付けできる機動力はあると思います。

内枠がベストで、逆に外枠へ行くとピッチ走法なので行ったら行っただけマイナス要素です。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

レッドサイオン

巴賞 7着
12.6 – 12.1 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.9
スローの持続力勝負。中団インを追走し直線伸びずといった内容。イン前有利だったので前付けできなかった敗因もありますが、着差0.9秒は負けすぎています。ポジションはインの5.6番手を取れていましたが機動力不足な印象でした。
春興ステークス 1着
12.7 – 11.4 – 11.5 – 11.5 – 11.2 – 11.5 – 11.8 – 13.1
ミドルペースの消耗戦。前日不良馬場まで渋った影響で内がかなり荒れていましたが、その内を突いての勝利。ただし機動力不足で直線だけ伸びてきたレース内容でした。

持続力勝負やタフな展開でも好走している馬なので、評価したいところですが、先行力が特別高い訳でもなく機動力も不足しています。

この場合、中団後方からだと機動力不足で届かない可能性が高いので、この馬の先行力だと岩田+内枠は欲しいです。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG