函館スプリントステークス 2020 全頭予想【スタミナ系の先行馬に注目】

お疲れ様です。

この記事では函館SSの全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

1.コース解説・ラップ分析

スタミナが問われるスプリント戦です。

その点に注目して全頭解説していきます。

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アリンナ

バーデンバーデンC 1着
12.1 – 10.7 – 10.9 – 11.2 – 11.5 – 12.0
ミドルペースの差し決着。内の馬場が荒れ大外を回す競馬でも各馬届いていました。能力の高さよりも展開や馬場の恩恵が大きかったように思えます。相手関係的にも評価は難しい一戦でした。

まずこの馬はテンのスピードが劣るので、後方競馬から回して一気のような競馬が多いです。

2走前の中山も同じく回して差すような競馬でした。

開催2週目の函館でこの競馬はまず能力が抜けていない限り届く可能性が低く、先行力という点ではマイナスです。

ある程度スムーズな競馬で展開が味方すれば一発は警戒したほうが良いですが、特別推したい材料もなく。

まずは中~外目の枠を引きたいところです。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

エイティーンガール

シルクロードS 2着
12.2 – 10.8 – 10.9 – 11.1 – 11.5 – 12.5
モズスーパーフレアがお決まりの速いペースで逃げ前が壊滅し、後方差し決着になったレース。ラスト1Fがタフになりバテ差しが効く展開には強いです。

その後鞍馬ステークスを1番人気3着と凡走。

馬場差もありますが、シルクロードSより高速決着になり差し切れずと言った内容

位置取りの差もありますが、スピード決着で前に押し切られると厳しい印象です。

ベストはシルクロードSの時のように、ラスト1Fで上がりが掛かった時のバテ差し

その点今回の舞台は合うと思うので、その点は評価して良いと思いますが、後方からだとこの舞台では展開頼みになるので、どれだけポジションを取れるか重要かと思います。

少し流れただけでは今の函館は前が止まらないと思うので、後方からだと展開頼みです。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

グランドボヌール

オーシャンS 4着
11.8 – 10.5 – 10.8 – 11.4 – 11.2 – 11.7
直線の急坂など違う点も多いですが、オーシャンSと函館SSはラップ的に似ている部分があります。スタミナという点で問われる適性は似ているので、ここの4着は素直に評価します。3着のタワーオブロンドンと着差なし。斤量2キロ差で上がりタイムで0.1秒差付けられたのは流石に能力差ですが、ゴール盤手前では差し返す勢いでしたし、ゴール後はしっかり差し返しています。今回のレースに繋がる内容だったかと思います。

今回は何といっても人気勢が後方ばかりで、この馬の先行力はプラスに働きますし、その先行力を最大限に活かせる舞台設定かと思います。

木曜夜のオッズですが、単勝13番人気で95倍ですが、前走の評価と適性、舞台設定や展開を考慮したら面白い存在だと思います。

内枠引けば本命まで考えてます。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

シヴァージ

高松宮記念 5着
12.1 – 10.8 – 11.3 – 11.4 – 11.2 – 11.9
後傾ラップで前が残った展開。ラスト1Fでかなり時計が掛かるも差してこれたのはグランアレグリアのみ(ここは能力が高すぎた)ただ、シヴァージもグランアレグリアと同じ上がり33.1秒を計測しており、位置取りの差が出た印象。終いの脚は高く評価していい。

この馬は終いの脚が非常に強力ですが、先行力がない為にいつも差し損ねて掲示板という競馬。

こういうタイプはペースが流れてバテ差しを狙うのが賢明ですが、今の函館で差し切れるかは強力な末脚があっても展開次第

馬場的にもタフな方が合うと思うので、今の高速馬場も合わない印象。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

ジョーマンデリン

UHB賞 1着
11.8 – 10.3 – 10.6 – 11.5 – 11.3 – 12.0
先行集団の後ろを追走し直線抜け出し競馬。開催週の函館で理想な形で競馬ができました。ラスト1F時計は掛かりましたが、後続にも詰められず適性面の評価に繋がります。

適性に関しても先行力に関しても評価すべきなので、そういう面では面白い一頭ですが状態面は気になります。

連闘で重賞挑戦というのも無理はありますが、それ以上に今回で明け5戦目になるので、連闘と合わせると状態面はやはり不安です。

追い切り内容よりも当日の馬体重を気にしてみたいです。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

スイープセレリタス

晩春ステークス 1着
12.4 – 10.7 – 11.5 – 11.8 – 11.3 – 11.0 – 11.6
1400mにしては流れず瞬発力も問われたレース内容。ここでのレース内容は距離短縮よりも延長に向くような内容だったので評価は難しいです。

過去のレース内容から、この馬の特徴は瞬発力勝負でこそ活かせると思います。

この舞台で瞬発力は全くいらないですし、血統的にもサンデー系のハーツ産駒でマイナス材料。

距離短縮と斤量減でデータ的には面白いですが、適性は低いと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

スリーケープマンボ

札幌で2勝上げていますが、札幌と函館では求められる適性も変わってきますし、そもそもの能力値が足りていないのでここは厳しいと判断します。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ダイアトニック

高松宮記念 3着
12.1 – 10.8 – 11.3 – 11.4 – 11.2 – 11.9
後傾ラップで前が残った展開。内枠から馬場的な恩恵もあり評価としては平凡な内容ですが、追走スピードの持続力の高さからスプリントへの適性は証明できたと思います。

不安点をあげるなら先行力。

近走ゲートをしっかり出ていますが、もともとゲートは下手で先行力も低いタイプの馬。

出遅れや行き脚つかず後方競馬では致命的になるので、スタートが一番重要。

斤量58もスタートに影響しなければ良いが、こればっかりはゲートが開かないとなんとも。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ダイメイフジ

UHB賞(2019) 3着
12.0 – 10.4 – 11.0 – 11.3 – 11.4 – 11.8
開催週の函館スプリントで最内枠からインベタ好位待機の直線スムーズに抜け出し3着。枠や馬場の恩恵が大きく能力面の評価は難しい。

その後成績を落としダート挑戦。OPクラスで快勝していますが、ノーマークの単騎逃げで前が圧倒的有利の展開での勝利で評価できず、その後は大敗続きで今回芝戻り。

買い材料が「先行力」以外全く見当たらないので、枠と追い切り次第では考えます。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

ティーハーフ

高松宮記念(2019) 5着
12.0 – 10.1 – 11.1 – 11.4 – 11.2 – 11.5
内枠から直線も内を伸びての5着。4着のダノンスマッシュの方が強い競馬をしましたが、4角8番手から着差0.3秒まで詰められているので、十分健闘した5着かと思います。

オーシャンSでも前有利で展開不利があり9着と凡走しましたが、終いの脚は使えており、タワーオブロンドンやナックビーナスより速い上がり34.2秒を使えているので評価できる内容。

ただしこの舞台の適性は低いと思うので、後方から差し届かず良くて掲示板までかと思ってます。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

フィアーノロマーノ

阪急杯 2着
12.1 – 10.7 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.6 – 11.9
前傾ミドルペースの持続力勝負。直線で不利を受け3着→2着。力は見せた内容で、やはり消耗ラップ寄りの流れは合う印象

この馬の特徴は

①坂適性抜群

②消耗戦>持続力勝負>瞬発力勝負

③ギアチェンに時間が掛かる

なので、消耗ラップ気味になるスプリント戦はラップ的に合いますが、今回は平坦函館で直線も短い為①③は合いません。

先行出来ればギアチェンに時間が掛かる分補えますが、テンのスピードはそこまで速くないので、スプリント戦だと中団~後方競馬の可能性が高いです。

この舞台で後方からだと、トップスピードに入った辺りでレースは終わってそうなので、差し遅れる可能性は高いと思います。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

マリアズハート

南総S 1着
12.0 – 10.6 – 11.0 – 11.2 – 11.1 – 11.8
ラスト1F時計が掛かりタフな流れをバテ差しで勝利。

この舞台もラスト1Fで時計が掛かりやすいので、その点適性はあると思いますがやはり脚質がネックです。

ゲートやテンのスピードは評価できないので、後方から展開待ちといった形でしょう。

あとは前走休み明けをマイナス馬体で出走しているので、今回状態面は要チェック。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

ミキノドラマー

1000直専用で、今回距離延長でテンも速くない。

買い要素がないので軽視します。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

メイショウショウブ

阪神C 3着
12.3 – 10.5 – 11.1 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.5
前傾ラップを前で粘り込みフィアーノロマーノと着差なしの競馬。持続力やスタミナという点で評価して良いレース内容

ここ最近パッタリ止まっていますが、京都金杯は大外枠で出負けから前半脚を使うも逃げられず終始回される展開。

京都牝馬Sは道悪も影響して惨敗なので、特に気にしなくていいと思っています。

追走スピードの持続力があるのでスプリントへの短縮は熟せると思いますし、この舞台で先行力は一つ武器になりますので、状態次第では上位評価の一頭です。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

 

ライトオンキュー

京阪杯 1着
12.1 – 11.0 – 11.1 – 11.3 – 11.4 – 11.9
展開も馬場もタフな中前が崩れ後方から差し切り快勝。

この馬の得意条件はタフな馬場やタフな展開だと思います。

タフな展開という点で適性は高いと思いますが、どれだけポジションを確保できるかが鍵となります。

近走ゲートもイマイチでテンのスピードも速くないので、ポジションを取れないと届くか難しいですし、今の高速馬場は合わないと思うので馬場の適性から外れて厳しくなる可能性も考慮します。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

リュウノユキナ

芝馬ではない。ここは軽視。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG