阪急杯 2020 最終予想【能力よりも適性重視!消耗ラップに強い馬は⁉】

お疲れ様です。

この記事では阪急杯の予想を行います。よろしくお願いします。

また無料のLINEもやってます。

こちらでは買目や日曜の平場推奨馬を見解付きで配信しています。

是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

1.コース解説

阪神競馬場

1200mのスタート地点から200m後ろに下がった位置からスタートする為、下り坂に加えコーナーまでの距離が伸びるためテンが速くなる傾向。

ペースが上がると下り坂の影響でそのまま流れ、直線の急坂を迎える為直線のキレ(瞬発力)ではなくスピードとタフさが必要なコースレイアウトです。

京都1400mは道中の上り坂で緩み直線は平坦なので上がり競馬になりやすい京都と比べ、阪神1400mは下り坂から直線急坂と真逆なので同じ1400mでも求められる適性が違う点注意が必要です。(事項のラップ分析で詳しく述べます)

コーナーまで距離が長い為枠順の有利不利はあまりなく、過去10年のデータを見ても内外フラット。

脚質的にもフラットで展開次第といった形になりやすい。

毎年荒れるレースですが、特徴的なコースレイアウトからリピーターが出やすいコースでもある。

 

2.ラップ分析

過去10年の平均ラップ
12.3 – 11.2 – 11.5 – 11.2 – 11.3 – 11.5 – 12.4

平均ラップだと消耗ラップになっています。基本的に下り坂+短距離で前半流れてそのまま直線に入るパターンが多い。なので瞬発力は求められにくく、基本的に持続力やタフな消耗ラップに対応できる馬が中心となる。

ちなみに過去10年で瞬発力ラップになったレースはなく、持続力勝負or消耗戦のどちらか

またラップ的にはマイルよりではなくスプリント寄りのラップとなるため、スプリントでの好走歴があるとラップ的には後押しになります。

参考までに距離延長時と短縮時のデータを載せます。

前走距離着数勝率連対率複勝率
同距離3-3-4-356.7%13.3%22.2%
今回延長4-3-2-487.0%12.3%15.8%
今回短縮3-4-4-495.0%11.7%18.3%

延長時と短縮時を比較すると、勝率・連対率で延長時の成績が上回りデータ的にもスプリント経験や好走は大切なことがわかります。

ただこれはあくまでプラス要素としてなので、重要なのは消耗戦や持続力勝負に長けた馬です。

 

 

3.土曜の馬場状態

開幕週となり内の痛みが軽減され内先行有利の馬場状態

時計も速く午後から雨が降り時計が掛かり始めましたが、明日は1日晴れ予報なのでメインレースの頃には回復して、土曜午前中並みに戻ると思います。

 

 

4.展開予想

このメンバーならマイスタイルかニシノフラッシュが逃げると思いますが、枠的にマイスタイルが押し出されるようにして端を切ると思います。

ただし開幕週の1400mということもありスローよりかは平均前後で流れ、今日の馬場傾向も合わせて逃げ~中団でポジションを取れる先行or差し馬を中心的に考えていきたいと思います。

ちなみに過去10年で後傾ラップになった年は一度もありません。基本的に平均前後の前傾ラップで予想を組み立てます

 

 

5.最終予想

◎ フィアーノロマーノ

阪神C 2着
12.3 – 10.5 – 11.1 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.5
ミドルからの持続力勝負(前傾ラップ)。出遅れましたがスミヨン騎手の好騎乗もあり近走の大敗から復活しましたね。休み明けで馬体重+8キロでしたが十分な内容だったと思います。

ダービー卿 1着
12.1 – 10.8 – 11.0 – 11.2 – 11.4 – 11.4 – 11.6 – 12.2
ハイペースの消耗戦(前傾ラップ)。プリモシーン・ダイアトニック・マイスタイルを破っての勝利で能力面の裏付けもできます。

2018ファイナルS 1着
12.1 – 10.7 – 11.2 – 11.4 – 11.6 – 11.8 – 12.6
ハイペースの消耗戦(前傾ラップ)。

この馬の適性はわかりやすく、上の3レースも含め馬券内に入った5/7が前傾ラップとなっており、好走レースは全て持続力勝負か消耗戦となっています。また急坂適性(中山と阪神)では4-1-0-0と抜群でこの舞台の適性はかなり高いと見ています。

今回展開としては平均前後を予想していますが、過去10年で後傾ラップになったことはこの阪急杯では一度もなく、開幕週の阪神1400mということで今年も前傾ラップ寄りにはなると思います。

枠も3枠偶数番と絶好の位置ですし、追い切りでも前走好走した時と同様仕上がっていると思います。

 

 

〇 クリノガウディー

東京新聞杯 3着
12.4 – 10.9 – 11.4 – 11.6 – 11.8 – 11.5 – 11.6 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。外枠から抜群のスタートを決め内ラチに潜り込み経済コースを追走、直線もインを突き3着。典さんの好騎乗が目立ったレース内容でしたが、そもそも速い時計の出る馬場や持続力勝負では厳しいと踏んでいたので、馬体重の面も含め馬自体の成長も感じられた一戦でした。

中京記念 2着
12.4 – 11.3 – 11.6 – 11.4 – 11.3 – 11.4 – 11.9 – 12.3
ミドルからの消耗戦。消耗ラップでの好走歴がある点プラス要素として捉えて良い。

上記のレース内容から持続力勝負や消耗戦への対応はできるので今回のレースに繋がります

近走で負けた京成杯と富士Sは直線壁で詰まったので着順に関しては度返し可能

マイルCSでは7着と能力差で負けはしましたが、脚は最後まで止まっていませんでしたし、着差もそこまで離されていないので十分な内容だったと思います。枠がもう少し内なら着差は縮まったと思います。

最後に状態面ですが、相性の良い森騎手が騎乗し栗東坂路を強めに追って51.8-11.7)と文句なし。坂路が得意なのはこれまでの実績や追い切り見ててもわかるので阪神も問題ありません。

枠順にも恵まれ展開も味方しそうな今回、いつも通りスタート決めて先行競馬が出来れば問題ないと思います。

ひとつ課題となるは1400mへの1F短縮ですが、前傾ラップに強い馬なのでむしろ1400mの方が合う可能性が高いと予想しています。

 

 

▲ マイスタイル

展開と馬場を一番味方に付けられる点評価を上げました。

単騎逃げで開催週の内を2枠から走れるのは非常に大きいですね。

阪神C 13着
12.3 – 10.5 – 11.1 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.5
敗因は状態面です。追い切り不足で内容も馬なりで攻め切れていない形でした。

前走の大敗に関しては、今回しっかり追い切りで攻めてきているので問題ないと思いますが舞台適性には疑問です。

距離は1600~2000mがベストだと思いますし、どちらかと言うと平坦向きかなとも思っています。中山で行われたダービー卿では好走しましたが、阪神1400mへの適性が疑問なので3番手評価まで

仕上がりは問題ないですし、馬場や展開も向くので距離と舞台さえ熟せれば。

 

 

△ ダイヤトニック

京都1400mにめっぽう強く、前走の京都金杯でも1F延長の壁を越え好走。

ただしコース解説で話した通り京都1400mと阪神1400mでは求められる適性が違います

ダイヤトニックは距離は問題ないですが平坦の方が合うので、下り坂急坂の阪神でいつも通りのパフォーマンスが出来るかどうか

展開的には平均なので最後方からでは届かないと思います。その点それなりの位置で競馬をしないといけません。

急坂のダービー卿で後方から追い込み4着と健闘しているので、ここも熟してくる可能性は高いですが、展開が平均ペースで落ち着きそうなのと、内枠なので詰まる可能性を考慮して今回は抑えまで

状態面は追い切り見る限り問題ないです。

 

 

△ ステルヴィオ

この馬に関しては能力が高いことは皆知っているので、あとは1400mに対応できるか否か。それだけです。

阪神1400mのロードカナロア産駒は抑えておいた方が良いので抑えまで。

状態は良さそうです。

 

 

△ スマートオーディン

昨年の勝ち馬なので舞台適性は証明済み。

ただし高い確率で後方競馬になると思うので、ペースが流れてこその馬です。

今回予想している平均前後のペースではまず届きませんが、仮にハイペースになれば最後方から突っ込んで来れます

展開読みが外れたときの為に念のため抑えまで。

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG