阪神芝コース【距離別コース解説】

お疲れ様です。

この記事は阪神芝の各コースレイアウトと枠順、脚質の関連性についてまとめたものです。

競馬予想においてコースレイアウトを理解することは重要です。ここを理解すれば有利な枠や脚質を根本から理解することができます。根本が理解できれば応用も効きます。

この記事ではそういったコースレイアウトやデータを丸暗記しなくても、この記事を見ればわかるよう作成しました。

もちろんこれだけのデータでは勝てません。その日の馬場状態(トラックバイアス)や展開等で色々変わってくるのが競馬です。

あくまで予想の基盤としてご活用ください。

 

 

1.阪神芝1200m(内回り)

阪神競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠10-13-11-1336.0%13.8%20.4%
2枠21-16-15-12911.6%20.4%28.7%
3枠17-13-14-1498.8%15.5%22.8%
4枠13-14-18-1606.3%13.2%22.0%
5枠18-19-15-1598.5%17.5%24.6%
6枠14-19-17-1706.4%15.0%22.7%
7枠14-15-14-1876.1%12.6%18.7%
8枠12-11-15-1955.2%9.9%16.3%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ31-17-13-5826.1%40.3%51.3%
先行47-52-46-27111.3%23.8%34.9%
中団33-40-41-4845.5%12.2%19.1%
後方8-11-19-4681.6%3.8%7.5%

スタートからの緩やかな下りが直線半ばまで続く。直線は350mでゴール手前に急坂がある。

下り坂の影響で逃げ先行馬がそのまま押し切るパターンが多く、特にAコース使用時や下級条件ではこの傾向が目立つ。

それに比べ上級条件になってくると差しも決まりやすくなる。

枠的には3コーナーまでの距離が243mと距離が短いため内枠有利だが、コーナーまでの距離が短い分最内は揉まれやすく若干数字を落とす。

 

 

 

2.阪神芝1400m(内回り)

阪神競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠29-26-20-2229.8%18.5%25.3%
2枠31-22-27-23010.0%17.1%25.8%
3枠20-26-20-2556.2%14.3%20.6%
4枠24-24-23-2587.3%14.6%21.6%
5枠23-20-19-2846.6%12.4%17.9%
6枠21-27-33-2785.8%13.4%22.6%
7枠25-21-25-3755.6%10.3%15.9%
8枠22-31-27-3844.7%11.4%17.2%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ38-22-18-11719.5%30.8%40.0%
先行71-79-61-49010.1%21.4%30.1%
中団68-72-86-9126.0%12.3%19.9%
後方17-23-29-7652.0%4.8%8.3%

1200mのスタート地点から200m後ろに下がった位置からスタートする。下り坂に加えコーナーまでの距離が伸びるためテンが速くなる傾向。

脚質は1200mと同じく逃げ先行有利

枠は3コーナーまでの距離が伸びる分、1200mと比べ最内の数字が良くなる。

それ以外はあまり有利不利がなく、最初のコーナーまでに各馬ポジションを確保しやすい為枠順の有利不利があまりなくなる。

 

 

 

3.阪神芝1600m(外回り)

阪神競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠34-23-26-2649.8%16.4%23.9%
2枠19-20-36-2885.2%10.7%20.7%
3枠18-30-23-3034.8%12.8%19.0%
4枠35-28-25-3078.9%15.9%22.3%
5枠31-36-26-3307.3%15.8%22.0%
6枠35-34-35-3328.0%15.8%23.9%
7枠36-36-34-4097.0%14.0%20.6%
8枠33-34-37-4456.0%12.2%18.9%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ29-20-22-17012.0%20.3%29.5%
先行89-87-77-61010.3%20.4%29.3%
中団90-100-99-10126.9%14.6%22.2%
後方32-34-43-8763.2%6.7%11.1%

最初のコーナーまで444m。外回り682mの3~4コーナーから474mの直線を走る。

スローペースになることが多く基本的に平均~後傾ラップの瞬発力勝負

ゴール前の坂が影響し京都芝1600m(外回り)に比べて差しが届きやすいので、速い末脚を伸ばせれば脚質や位置取り関係なく好走しやすい

枠順の有利不利はないので各馬走りやすい枠なら問題ない。

 

 

 

4.京都芝1800m(外回り)

阪神競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠29-28-20-2349.3%18.3%24.8%
2枠24-33-26-2447.3%17.4%25.4%
3枠28-21-21-2698.3%14.5%20.6%
4枠28-32-29-2647.9%17.0%25.2%
5枠32-28-23-2918.6%16.0%22.2%
6枠23-24-31-3155.9%12.0%19.8%
7枠28-28-40-3676.0%12.1%20.7%
8枠39-38-42-3727.9%15.7%24.2%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ22-19-26-1649.5%17.7%29.0%
先行92-94-81-55211.2%22.7%32.6%
中団90-85-83-8518.1%15.8%23.3%
後方26-33-40-7783.0%6.7%11.3%

芝1600mスタート地点から200m下がった位置からスタート。

3コーナーまで665mと長いため枠順の有利不利は少ない。

基本的に芝1600mと傾向はほぼ同じでスローからの瞬発力勝負となりやすい。

 

 

 

5.阪神芝2000m(内回り)

阪神競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠19-18-17-1688.6%16.7%24.3%
2枠20-21-27-1688.5%17.4%28.8%
3枠22-27-17-1868.7%19.4%26.2%
4枠16-20-27-1976.2%13.8%24.2%
5枠27-25-19-2079.7%18.7%25.5%
6枠28-20-31-2299.1%15.6%25.6%
7枠33-23-23-24310.2%17.4%24.5%
8枠21-31-24-2606.3%15.5%22.6%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ34-20-19-11817.8%28.3%38.2%
先行76-76-79-39512.1%24.3%36.9%
中団57-66-58-5527.8%16.8%24.7%
後方17-19-27-5742.7%5.7%9.9%

1コーナーまでの距離が325mに加え、スタート直後に上り坂があるためペースは速くなりにくい。

坂を2回登るので瞬発力に加え持続力やスタミナも問われやすい

枠の有利不利はないが、スローペースになりやすいため脚質は逃げ先行有利となっている。

 

 

 

 

6.阪神芝2200m(内回り)

阪神競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠5-6-7-477.7%16.9%27.7%
2枠11-5-8-4515.9%23.2%34.8%
3枠5-3-10-537.0%11.3%25.4%
4枠4-5-5-615.3%12.0%18.7%
5枠8-14-4-5310.1%27.8%32.9%
6枠3-6-8-693.5%10.5%19.8%
7枠9-5-6-818.9%13.9%19.8%
8枠7-8-4-856.7%14.4%18.3%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ9-7-8-3016.7%29.6%44.4%
先行23-22-21-11712.6%24.6%36.1%
中団15-15-15-1776.8%13.5%20.3%
後方4-7-8-1642.2%6.0%10.4%

1コーナーまでの距離が525mと長く、下り坂スタートということでテンは速いラップになりやすくそのまま流れる。

向正面からはペースが落ち着くため全体的にスローペースなことが多い。

直線は基本的に持続力勝負となりやすくポジションで大きく変わってくるので、前にいる逃げ先行馬は有利な傾向にある。

その為枠順もポジションを確保しやすい内枠が若干有利。

 

 

 

7.阪神芝2400m(外回り)

阪神競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠12-7-9-6812.5%19.8%29.2%
2枠5-12-6-794.9%16.7%22.5%
3枠13-11-7-7811.9%22.0%28.4%
4枠10-14-8-818.8%21.2%28.3%
5枠10-6-12-918.4%13.4%23.5%
6枠7-10-14-955.6%13.5%24.6%
7枠12-7-14-1108.4%13.3%23.1%
8枠11-13-11-1117.5%16.4%24.0%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ14-5-8-5816.5%22.4%31.8%
先行32-30-22-19311.6%22.4%30.3%
中団26-31-31-2407.9%17.4%26.8%
後方5-10-20-2132.0%6.0%14.1%

スタート地点は2000mと変わらず外回りコースを使用。

基本はスローの瞬発力勝負で、いかに速い上りを使えるかが重要。

このコースで開催される神戸新聞杯では今年サートゥルナーリアが上がり32.3秒を計測して突き放したのが例にあるように基本スローからの瞬発力勝負となる。

上がりが重要なだけあって脚質や枠順は基本どこからでも問題ない。

成績的には逃げ先行有利となっているが、他のコースと比べると中団後方の数字が上がっているように、位置取り関係なく上がりが重要となることが多い。

 

 

 

8.阪神芝2600m(外回り)

阪神競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠0-1-0-150%6.2%6.2%
2枠0-0-0-150%0%0%
3枠2-1-0-1312.5%18.8%18.8%
4枠1-1-1-145.9%11.8%17.6%
5枠2-0-2-1311.8%11.8%23.5%
6枠1-2-2-125.9%17.6%29.4%
7枠1-2-2-164.8%14.3%23.8%
8枠2-2-2-178.7%17.4%26.1%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ0-0-1-10%0%50.0%
先行4-2-3-1814.8%22.2%33.3%
中団1-0-3-79.1%9.1%36.4%
後方0-0-1-00%0%100%

※開催レースが少ないため枠や脚質のデータが少ないです。

スタート地点は2200mと同じで外回りコースを使用。

中盤までペースは緩むが残り1000m付近からペースが上がるため好位、中団につけられる馬が有利な傾向。

後方の馬はペースアップ時に位置を上げられる機動力が必要

 

 

 

 

9.阪神芝3000m(内回り)

阪神競馬場

枠番着数勝率連対率複勝率
1枠2-0-2-620.0%20.0%40.0%
2枠0-2-2-60.0%20.0%40.0%
3枠1-1-1-98.3%16.7%25.0%
4枠0-1-1-100.0%8.3%16.7%
5枠0-0-1-120.0%0.0%7.7%
6枠1-4-1-106.3%31.3%37.5%
7枠2-0-2-1311.8%11.8%23.5%
8枠4-2-0-1420.0%30.0%30.0%
脚質着数勝率連対率複勝率
逃げ0-0-3-70.0%0.0%30.0%
先行5-5-3-2214.3%28.6%37.1%
中団1-4-2-223.4%17.2%24.1%
後方0-0-2-290.0%0.0%6.5%

阪神大賞典のみに使用されるコース。

最初の直線までの距離は約360mでコーナーを6つ回る。

長距離なだけあって基本的にテンの先行争い後はペースダウンしスローペースになりやすい。

直線では持続力が求められることの多いコース形態となっている。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG