阪神大賞典 2020 全頭予想【持続力が求められる舞台!高適性の馬は!?】

お疲れ様です。

この記事では阪神大賞典の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

1.コース解説・ラップ分析

下記リンクより詳しく説明しています。

基本的に持続力と上り性能が求められるのでその点について各馬考察していきます。

阪神大賞典【コース解説・ラップ分析・過去10年の消去&買いデータ】

 

 

2.全頭診断

キセキ

有馬記念 5着
6.9 – 11.1 – 11.4 – 11.4 – 11.5 – 12.2 – 12.3 – 12.1 – 11.7 – 12.3 – 13.4 – 12.2 – 12.0
ハイペースの持続力勝負。出遅れ後方競馬となりましたが、逆に展開が向きました。ただ展開が向いたとはいえ、普段とは違う競馬で4着のフィエールマンと着差なし5着なのでその点は評価できます。ただ上位馬には離されたのでやはり前で運んでこその馬だと思いました。

宝塚記念 2着
12.6 – 11.4 – 11.5 – 12.4 – 12.1 – 11.9 – 12.0 – 11.6 – 11.5 – 11.4 – 12.4
ミドルからの持続力勝負。800m地点からラスト1Fまでの加速ラップを好走しており、このレース内容は今回の舞台に結びつきます。

距離に関しては菊花賞を勝っていますし、ジャパンCでも中間淀みないペースで逃げて脚色衰えずアーモンドアイについでの2着なのでスタミナもあります

ただ上がり性能を求められると厳しいので、長距離適性や持続力は高くても先行できなければ厳しい。有馬記念のうような後方競馬では切れ負けするので、先行競馬はマストだと思います。

今回逃げ馬不在なので、枠順次第では逃げると思いますが(0-0-3-7)逃げ馬は過去10年で3着までなので本命には少しリスクですし、凱旋門と有馬を立て続けに出遅れているのでその点は気になります。

 

 

タイセイトレイル

アルゼンチン共和国杯 2着
7.2 – 11.2 – 11.9 – 12.9 – 12.7 – 12.6 – 12.7 – 12.4 – 12.0 – 11.8 – 11.3 – 11.1 – 11.7
スローの瞬発力勝負ですが、1400m地点からラスト1Fまで加速ラップが刻まれたので持続力も求められたレース。烏丸Sで負けたアフリカンゴールドに先着。

烏丸S 3着
12.6 – 12.0 – 12.0 – 12.7 – 12.3 – 12.2 – 12.5 – 12.7 – 11.9 – 11.4 – 11.0 – 12.0
スローからの瞬発力勝負。この時アル共で先着したアフリカンゴールドに負けていますが、アル共より持続力が求められなかったレースなのでその点先着を許した形になったと推測します。

日経新春杯 4着
12.6 – 11.2 – 11.9 – 12.9 – 13.0 – 12.9 – 12.1 – 12.8 – 12.2 – 11.8 – 11.7 – 11.8
ミドルからの持続力勝負。4角で勝馬モズベッロの後ろに付けていましたが、コーナー出口で外に膨れその遅れが最後のハナ差に響きました。この時内先行有利の馬場状態だったので外に膨れたロスはかなり大きかったと思います。ただそれでも持続した脚でゴールまで伸びてきていたので持続力の評価はできます。

ダイヤモンドS 5着
13.2 – 12.0 – 12.1 – 12.6 – 12.7 – 12.5 – 12.5 – 12.4 – 12.3 – 11.7 – 12.1 – 12.3 – 12.2 – 12.5 – 12.4 – 12.7 – 13.0
ミドルペースの持続力勝負。展開や位置取りは問題なかったが直線で伸びを欠いていました。上がりも使えていませんでした。着順はまとめてはいますが、長距離適性という面で劣った印象です。

これまでのレース内容からこの馬の持ち味は持続力だと判断しますが、ダイヤモンドSを見る限り長距離適性は低い印象

この馬が馬券に絡むとすれば、スローでスタミナがあまり求められず+直線で持続力が求められる展開。

極端なスローになると瞬発力勝負になる可能性もありますし、例年通りのペースでいけば前後半3F(36.6-36.5)-5F(61.5-61.1)これが平均値となるのでスタミナ等の長距離適性は求められます。

可能性はありますが、好走条件が狭いので私は枠や状態次第で抑えの評価までとします。

 

 

トーセンカンビーナ

とにかく出遅れるけど最後はしっかりと追い込んでくる馬です。

瞬発力も持続力もあるので今回のレースにも対応できると思いますが、やはり脚質がネック。

後方(0-0-2-29ですし、展開も落ち着きそうなので追い込むも届かずといった内容になりそう。

3連系なら紐までといった評価ですね。

 

 

ドレッドノータス

折り合いに難があり掛かる馬なので、この距離では積極的に推せないですね。

京都大賞典では大穴開けましたが、内先行有利の馬場状態でロスなくインを先行する完璧なポジションから直線抜け出しました。内容は強くないので、展開や位置取りがあってこそのレース内容だったと思います。

またスタートは安定していますが、上がり性能でも劣るので今回は厳しめの評価です。

 

ボスジラ

現在3連勝中。昨年夏から一気に成長し、距離も伸ばしてハマりました。

早春S 1着
12.5 – 11.5 – 12.2 – 11.9 – 11.9 – 12.2 – 12.2 – 11.8 – 12.0 – 12.3 – 12.4 – 11.8
ミドルからの持続力勝負。出遅れ後方からとなりましたが4角で捲り長い直線でも最後まで脚は止まらず上がり最速で差し切り。徐々に加速してくるタイプ。

グットラックハンデ 1着
6.8 – 11.4 – 11.9 – 12.4 – 12.8 – 13.1 – 12.7 – 12.6 – 12.3 – 12.1 – 11.9 – 11.7 – 12.3
スローからの持続力勝負。中団馬郡の中で追走し4角で外へ出して差し切り勝ち。

ゆったりとしたストライド走法に、徐々に加速していくタイプ。そしてここ3連勝全て持続力勝負で好走していることから、この馬は持続力タイプの馬です。

なので今回の舞台適性は高いですし、それなりに上がりも使えるので、出遅れなければ先行して好位差しができる点で脚質的にもプラスです。

今回長距離は初となりますが、走法や持続力から距離延長は向くと思いますし、「長距離は騎手で決まる」と言いますが今回の鞍上は武豊なのでその点も問題ないですね。

1つ懸念したいのは、本格化してから強い相手と戦っていない点です。能力面でまだ底を見せていませんが、この相手にどこまで通用するかですね。

 

 

ムイトオブリガード

アルゼンチン共和国杯(2018) 2着
7.2 – 11.8 – 11.8 – 12.9 – 12.9 – 12.6 – 13.3 – 13.0 – 12.6 – 12.3 – 11.1 – 11.0 – 11.2
ドスローからの瞬発力勝負。

アルゼンチン共和国杯(2019) 1着
7.2 – 11.2 – 11.9 – 12.9 – 12.7 – 12.6 – 12.7 – 12.4 – 12.0 – 11.8 – 11.3 – 11.1 – 11.7
昨年と同じようにドスローからの瞬発力勝負。この2走見てもわかるようにスローからの瞬発力勝負がベストです。

逆に持続力勝負では出番はないと思います。その理由としてアルゼンチン共和国杯と同じコースで行われた目黒記念を見ていきます。

目黒記念 5着
7.4 – 11.0 – 11.0 – 12.2 – 12.0 – 11.7 – 11.8 – 12.0 – 11.6 – 11.7 – 12.0 – 12.0 – 11.8
昨年のアルゼンチン共和国杯より中間で1秒ほど速く、直線では持続力が求められるレースでした。

つまり持続力勝負になれば分が悪く、スローの瞬発力勝負がベストです。

今回は持続力が求められるレースなので適性は低いと思いますが、ラップ分析で話した通り前半が極端に緩み瞬発力が求められる展開になれば出番はありそうです。

舞台適性に関してはベストは東京。阪神は(0-1-0-3)と相性は良くない。距離延長+阪神+持続力勝負でどこまでやれるか。

 

 

メイショウテンゲン

弥生賞 1着
12.7 – 11.7 – 12.5 – 12.5 – 12.4 – 12.3 – 12.2 – 12.1 – 12.3 – 12.6
ミドルからの持続力勝負。

ステイヤーズS 4着
13.5 – 11.7 – 12.9 – 12.4 – 12.3 – 13.0 – 13.4 – 13.9 – 13.7 – 12.3 – 12.6 – 12.2 – 12.0 – 12.1 – 11.7 – 11.5 – 12.0 – 12.9
スローからの持続力勝負。二桁着順続きでしたがここへきて強い競馬。出遅れと4角で外に押し出される不利がなければ馬券内だったでしょう。

ダイヤモンドS 2着
13.2 – 12.0 – 12.1 – 12.6 – 12.7 – 12.5 – 12.5 – 12.4 – 12.3 – 11.7 – 12.1 – 12.3 – 12.2 – 12.5 – 12.4 – 12.7 – 13.0
ミドルからの持続力勝負。2着と負けましたが、勝馬の斜行を受けた関係もあるので着順に関しては仕方ないです。展開は向きましたが上がり最速で持続力と長距離適性を評価できる良い内容だったと思います。

この馬は持続力タイプの馬で良績が持続ラップのレースに偏っています。逆に瞬発力勝負では惨敗が続いていました。

今回求められる能力は持続力と上り性能なので、前走のレース内容はここへ結びつきます。

ただし出遅れ癖があり、ステイヤーズS4着も出遅れと4角の不利なければ3着の逃げ馬は捉えられていた内容。今回も後方競馬になると思うので2.3着~掲示板が無難。内回りの舞台なのでどこまで届くかといったところ

ちなみに後方(0-0-2-29)なので軸にするには勇気がいる。

舞台適性や能力面は評価できるので上位後補です。それと今回乗り替わりもあるので、叩き2戦目の上積みも含めて追い切り内容などはしっかり確認していきたいですね。

 

 

メロディーレーン

この馬の特徴は持続力ですが、このメンバーだと上り性能も含めた能力面で劣る印象。

また舞台適性でも高速馬場の平坦巧者なので、高速馬場と比べると時計の掛っている今の馬場状態で坂のある阪神では条件に当てはまらない。

坂適性に関してはレースもそうですが、坂路調教でも動かないので厳しいと思います。

斤量も4キロ増の53キロになる点も割引ですね。

話題性のある馬ではありますが、軽視する方向で考えています。

 

 

ユーキャンスマイル

天皇賞秋 4着
12.8 – 11.4 – 11.5 – 11.6 – 11.7 – 11.6 – 11.3 – 11.1 – 11.3 – 11.9
スローからの持続力勝負。前有利でしたが後方13番手から上がり最速で無理やり追い込んできました。しかも同じく追い込んできたワグネリアンと追い比べで勝っています。2.3着馬との着差はわずか0.1秒と着順以上に評価のできるとても強い内容でした。

能力面は天皇賞の見解で十分だと思うので適性に関してお話しします。

まずこの馬のベスト条件は左回りのスロー瞬発力勝負で右回りは苦手としています。その点今回の阪神開催は割引。

瞬発力勝負に関してですがこの馬は追走力がないので、なるべく流れが緩んだ展開でこそ直線のキレ味が増します。なので距離は2400m以上の方がこの馬に合うと思っています。

その点で言ったら今回の距離延長はプラスに働くと思いますし、持続力勝負になってもポテンシャルでカバーできると思います。

ただし苦手な右回り+明け初戦でそのポテンシャルを発揮できるかが鍵。追い切りは要注目。

 

レノヴァール

烏丸S 1着
12.6 – 12.0 – 12.0 – 12.7 – 12.3 – 12.2 – 12.5 – 12.7 – 11.9 – 11.4 – 11.0 – 12.0
スローからの瞬発力勝負。先行3番手から上がり最速で抜け出し勝利。スローの先行競馬でしたが、同じ競馬をしたアルゼンチン共和国杯の2.3着馬を抑えての勝利は高く評価できます。

万葉S 3着
13.5 – 12.6 – 12.6 – 12.9 – 12.2 – 12.4 – 13.2 – 13.2 – 12.5 – 12.6 – 12.7 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.3
スローからの持続力勝負。勝馬のタガノディアマンテに着差0.7と離されましたが、向こう正面でタガノディアマンテが一気に位置を上げたときに煽られ接触、8番手から13番手に後退してしまいます。ただ直線で追い上げ3着と好走した内容は強く高い評価します。

ダイヤモンドS 4着
13.2 – 12.0 – 12.1 – 12.6 – 12.7 – 12.5 – 12.5 – 12.4 – 12.3 – 11.7 – 12.1 – 12.3 – 12.2 – 12.5 – 12.4 – 12.7 – 13.0
ミドルの持続力勝負。中団内目を追走し4角で外へ出し9番手から3番手まで捲り直線へ進出。仕掛けが早かったもののゴールまで脚は止まっておらず上がり3位の脚を使えていました。上がりタイムが1,2着の馬に離された理由は仕掛けの差なので問題ありません。4着と敗れてしまいましたが、3着馬とはハナ差負け。3着のオセアグレイトはインでロスなく立ち回った結果なので、この負けは枠順の差。内容はレノヴァールの方が十分強いです。

持続力勝負となった万葉SとダイヤモンドSの内容が強いので、評価は落としません。むしろ人気が落ちるなら美味しいので穴の期待値はかなり高めです。

枠と状態次第で高い印まで考えています。枠は最内が欲しいです。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG