阪神大賞典 2020 最終予想【本命は好仕上がり+適性の高いあの馬から!】

お疲れ様です。

この記事では阪神大賞典の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

阪神大賞典 2020 全頭予想【持続力が求められる舞台!高適性の馬は!?】

 

 

1.コース解説・ラップ分析

下記リンクより詳しく説明しています。

阪神大賞典【コース解説・ラップ分析・過去10年の消去&買いデータ】

 

2.馬場状態

稍時計が出始めてきた阪神競馬場。サンデー系が得意とする馬場状態ですね。

傾向としては内先行有利。ペースがハイにならない限り後方は難しい。

 

 

 

3.展開予想

逃げ馬候補はキセキとドレッドノータス。

キセキ陣営は特に逃げに拘っていないようで、川田騎手に任せるとのことです。有馬記念の出遅れも気になりますし、キセキが必ず逃げるとは言い切れません。

ドレッドノータスが逃げるとするとスローからの持続力勝負

キセキが逃げるとするとミドルからの持続力勝負+ロンスパ競馬

どっちにしろ持続力は問われるので、この能力は必須だと思います。

ただキセキが逃げて早めに動きだしてきたら、先行勢は苦しくなるので中団からの差しが効く展開になると思います。

 

私の結論として逃げるのはドレッドノータスで展開はスローを想定

トラックバイアスも含め前有利の展開になると想定し最終的に印を打ちました。

仮にキセキが逃げてもスタミナのある持続力タイプなら、トラックバイアス含め前で残せると予想して印を打っています。

 

 

4.最終予想

◎ ボスジラ

ここまで強い相手に勝ってきた3連勝ではないですが、長距離と持続力の適性はかなり高いと評価しています。

また鞍上も長距離の武豊ですので油断なりません。

枠は少し外ですが、内に速い馬はいないので楽にポジションは取れるはず。

トラックバイアス的にも内のポジションは取りたいので、キセキとドレッドノータスが揃って外に行ったのはプラスですね。

追い切りでも馬なり→強めの勝負パターン。タイムやフォームも問題なく内容の良い追い切りでした。

仮にキセキが逃げてロンスパを仕掛けてきても、持続力とスタミナ+鞍上の腕でなんとかなると思っています。

 

 

 

〇 キセキ

能力と適性で言ったら頭一つ抜けていますが、それは逃げてこそなので、逃げるかわからない今回は評価をひとつ下げました。

全頭診断でも離した通り、直線でのキレはないので逃げて自分のペースを作ってこそだと思います。

逃げたらまず馬券内でしょうが、前走のように出遅れたら馬券外だと思います。後方からのキレならユーキャンスマイルやトーセンカンビーナの方が上ですからね。

ただ追い切りは良く、良いころのキセキに戻ってきたので状態は良いと思います。

 

 

 

▲ メイショウテンゲン

全頭診断で述べたように持続力勝負でこそ力を発揮する馬です。

なので持続力が問われやすいこの舞台では当然上位後補となります。

今回3番手評価に下げた理由は脚質。

トラックバイアスも含め内先行有利なので、後方からどこまで届くかといったところなので今回は3番手評価。

ただステイヤーズSはスローでマクリ差しを決められたので、持続力勝負なら押し切れるだけの力はある

 

 

 

☆ レノヴァール

最内欲しいって言ったら最内来ました。この枠ならチャンスあります。ありがとうございます。

全頭診断で述べたように、負けはしましたがダイヤモンドSと万葉Sでは非常に強い内容でした。

このメンバーならある程度前に出すと思うので、トラックバイアス込みで展開と馬場の助けはありそうです。

状態も維持できているので穴として期待しています。

 

 

 

△ ムイトオブリガード

持続力は評価していないので、ドレッドノータスが逃げて極端にスローの展開になり瞬発力が求められれればチャンスあり

追い切りは良く好仕上がり。

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG