ジャパンカップ2019【最終予想】

お疲れ様です。

この記事ではジャパンCの最終予想をお伝えします。

各馬能力や適性をまとめた記事がありますので、詳しい見解は下記記事を参考にしてください。

ジャパンカップ2019【全頭診断】

また、当日の馬場傾向がどの程度回復するのか読めないので、最終的な印はLINE@の買目配信時にお伝えします。

※本命と対抗は印変えません

1.展開予想と前日の馬場傾向

展開について

逃げ候補はジナンボー、ダンビュライトの2頭。個人的に1番可能性が高いと思っているのがダンビュライトです。

理由
前走外枠から例年より早いペースで逃げて2着。過去10年逃げ馬から馬券になった馬がいない、逃げには難解なレースを外枠から逃げて残していますから、ここを自信に逃げ馬不在ならこの馬が前走と同じ手を打ってくると予想します。枠的にもジナンボーが大外へ行ったので、逃げ馬不在なら簡単に端をきれると予想しています。

有力どころだとその後ろに内枠のカレンブーケドール、スワーヴリチャード、ワグネリアン、ジナンボーが続き、その後外枠で中団に控えたい馬が並ぶと予想します。重要なのはダンビュライトが逃げるということ。恐らくスローペースになると思うので、例年通りスローからの瞬発力勝負濃厚かと思います。

 

土曜の馬場について

東京は不良開催。先行と差しが決まってる印象ですが後方からは届かず、差しなら基本中団から決まっています。なのでポジションを取れるかが大切になります。

また内ラチを走った馬が壊滅してましたが、東京のパワフル排水機能+内から水が捌けることから、天気次第では内に限り今日とは傾向変わってくるかもしれません。つまり馬場が回復するなら逆に内先行有利となる可能性があります。これに関しては午後のレースまで追って見たほうが良いかもしれません。

 

2.最終予想

◎ スワーヴリチャード

枠追い切り共に文句なしです。まず枠に関しては簡単に好位を確保できる枠なので十分です。

追い切りに関しては、ほとんどの人がタイムに目を引かれたかと思います。確かに前走からの上積みが感じられる内容でしたが、個人的に注目したいのは

①坂路追いを2週続けて行っている点

②最終追い切りでチークピーシーズを付けていた点

この2点です。①に関して、普通坂路追いは距離短縮時に見られる内容ですが、ここで行った理由は前走の敗因を修正したかった為だと推測します。つまりスタートのダッシュ力です。前走先行できなかったのが敗因と捉えているので、ここではしっかり前に出して好位を確保しようという意味で坂路を2回続けたと私は推測します。②に関しても左右を気にせず前を意識させる意味での着用だと思います。

つまり「先行して必ず好位を確保する」という意識が追い切り内容から見て取れます。鞍上も前に出すのが上手いマーフィーですし、しっかり好位で競馬ができる状態にある点、そして陣営もそれを望んでいる点は高く評価します。

道悪も過去の成績上では熟せていますし、今の東京馬場なら先行抜け出しすれば持ち前の持続力で十分戦えると思います。瞬発力で若干劣る分勝ちまではどうかな?といった評価ですが舞台適性は高いので馬券内の確率は一番高いと見ています。

 

〇 ワグネリアン

まず陣営が先行競馬を匂わせる発言を枠順確定後にしています。個人的にこの枠からの先行競馬はかなりプラスだと思っており、スローからの瞬発力を好位から抜け出せれば勝ち負けだと思っています。

追い切り内容は十分かと思いますが、前走以上というよりかは好調維持といった内容。恐らくマイナス馬体の出走ですが、大きく減らしてさえなければ問題ないかと思います。

道悪は好位に着けられれば問題ないと思っています。稍重開催で7着に敗れた皐月賞では大外を回したロスが響いただけで、上りは使えていました。その外を回したキタノコマンドールに先着されたのはラスト1Fは叩かず抑えていたからだと思います。

良馬場ですがパワー馬場寄りになっていた弥生賞や大阪杯で好走できているので、好位で運べれば問題ないといった評価です。ただしベストはパンパンの良馬場。

 

▲ レイデオロ

藤沢厩舎らしく最終でも時計は出してきませんでしたね。時計面の裏付けが欲しかったですが、動き自体は前走より良化しているので巻き返しに期待します。

全頭診断でも話しましたが前走の内容を評価していないので過度な期待はしていません。ただ見切りを立てるにはまだ早いですし、道悪は歓迎で得意の東京ということで3番手評価です。

 

△ シュヴァルグラン

追い切りは十分な内容だが海外帰りでどこまでやれるか一番評価に苦しんだ一頭。

道悪すぎると厳しいと思うのである程度回復すればチャンスあり

 

△ ユーキャンスマイル

本命候補でしたが馬場に泣きました。

天皇賞秋より展開が向くとはいえ、今の馬場状態で後方一気は厳しいと思います。明日の馬場状態が稍重くらいに回復して、且つ後方も届く馬場にならない限り買えません。

目安として稍重まで回復すれば抑えます。

 

△ カレンブーケドール

能力や適性が劣るので馬場や枠の恩恵が欲しいところでしたが、見事1枠1番を引き当てましたね。この枠引いたからには切れないです。ただ土曜の東京は不良開催の内ラチ壊滅状態だったので馬場の回復次第です。内から水捌けしていくので馬場と天気次第で期待値が高まるといった評価です。

日曜も雨でさらに馬場が悪化するようなことがあれば軽視します。

 

△ ムイトオブリガード

スローからの瞬発力勝負濃厚なので展開は向きそうですが馬場がネックです。

流石にパワフル排水機能の東京でも良回復はほぼ無理だと思いますが、回復した時のために一応印打っておきます。良馬場に回復しなければ消します。

 

☆ ダンビュライト

前走の内容を大きく評価しているので穴で一番期待しています。

枠が外寄りになってしまったことが残念ですがジナンボーが大外に行ってくれたのには助かりました。スローペースで逃げると思うので前走のような競馬が出来ればと思います。

土曜の東京が内ラチ壊滅状態でしたが、馬場が回復傾向にあれば内から水捌けする関係で馬場的にも向く可能性は十分にあります。馬場が不良のままなら消します。

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG