京成杯AH 2020 最終予想【荒れ期待!本命2桁人気から大穴勝負!】

お疲れ様です。

この記事では京成杯AHの最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求めれられる適性
①持続力+スタミナ
②追走力
③後方の馬は機動力

 

2.馬場傾向

土曜は予報よりも少ない雨量で稍重まで、内外フラットで稍時計の掛かる馬場状態でした。

日曜は朝から晴れ予報で気温も30度まで上がるので、乾いて高速馬場に近い状態になると予想します。

傾向的には高速馬場の内先行有利に傾くと見て予想を組み立てます

 

 

3.展開予想

逃げ候補はトロワゼトワルとスマイルカナ。

枠とテンのスピードから、逃げるのはトロワゼトワルだと思います。

昨年この舞台を逃げてレコード勝ちしてますし、典さんが逃げ宣言していますからまず行くでしょう。

そのまま単騎逃げならハイペース寄り

もしもスマイルカナが突っつくなら超ハイペースまで想定されます。

超ハイペースなら差しが突っ込んで来てもおかしくないですが、トロワゼトワルが単騎逃げした昨年は高速馬場で前が残ったので、馬場傾向次第では昨年同様の傾向になる可能性も頭に入れて予想します。

 

 

4.最終予想

※当日の馬場傾向次第で印と買目に変更がある可能性。
変更がある場合は、14時ごろに変更してTwitterでもお知らせします。

◎ ジャンダルム

昨年の3着馬。

今年もトロワゼトワルがペースを作ると思われ、昨年同様好位からの競馬なら押し切れると思ってます。

近走成績がパッとしませんが、ここは全頭診断で述べたように度外視可能で、得意条件で巻き返しに期待しています。

ちなみに関屋記念で求められた適性はトップスピード+持続力。

今回は持続力+スタミナで機動力も活かせる舞台なので、ピッチ走法寄りで機動持続型のジャンダルムには向く舞台替わりです。

また最終追い切りは非常に良い内容で、枠も4枠確保で文句なし。

スタート決めてインの好位で立ち回れれば、機動力+持続力で馬券内(2.3着)の期待値は高いとみます。

 

 

〇 アルーシャ

最後まで本命にするか迷いましたが、馬場が回復してイン前有利のバイアスになる想定をしたので対抗に下げました。

VMではシゲルピンクダイヤと同じ上がりを計測するなど、末の爆発力はここでも上位

展開も流れるので、トラックバイアスさえ味方してくれれば一発あると思います。

気性面で行ってしまう面もあるので、内枠で壁を作れるのはプラスと捉えますが、内過ぎて詰まる可能性もあるのでここはトントン。

※差し馬場なら本命に浮上させる可能性あり

 

 

▲ ラセット

全頭診断で述べた通り、スタミナ+持続力はあるので、展開と馬場が向いたバテ差しパターンなら1発警戒

坂路でしっかり動けているので、1400質のスピードが問われるこの舞台は合うでしょう。

状態も良く人気もお手頃なので、抑える価値はありそうです。

 

 

☆ ボンセルヴィーソ

ダービー卿2着しているように、ここの適性は高いです。

好位から立ち回れるので、イン前有利のバイアスなら十分勝負になると思います。

最終追い切りは単走坂路で自己ベストと状態の良さが伺えます。

勝ち切れずとも、絶好枠確保で2.3着なら走れて良いと思います。

 

 

△ トロワゼトワル

新潟記念激走からの参戦ですが、追い切り内容も問題なく、前走並みで臨めると思います。

昨年レコード勝ちしているように、良の高速馬場まで回復すれば舞台設定は問題ないでしょう。

スマイルカナが突いてくる可能性もあるので、高い印は避けましたが単は抑えておきます

※馬場が回復せず、道悪+時計の掛かる馬場だったら切ります。

 

 

5.買目

7 – 2.3.10.11 ワイド4点
10 単勝 ※馬場状態が回復しなかったら買いません
あくまで私自身の予想・買目になるので参考程度にお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG