菊花賞 2020 最終予想【信頼度の高いS馬2頭から勝負】

お疲れ様です。

この記事では菊花賞の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

 

1.コース解説・ラップ分析

求めれられる適性
①持続力
②トップスピード(展開次第)
③タフさ(展開次第)

 

2.馬場傾向

土曜の芝最終は稍重開催で、1日通して時計は掛かっていました。

バイアス的には中~外が伸びており、外回りだとその傾向は強い。

明日は晴れて良馬場に回復するでしょうが、ここ最近の傷み具合を考慮すると、傾向は土曜と変わらないと見て予想を組み立てます。

 

 

3.展開予想

逃げ候補はバビットかキメラヴェリテ。

コントレイルと同じノースヒルズのキメラヴェリテの動きに注目ですが、この馬が大外なので突いてペースアップも一応視野に入れます。

ただどちらが逃げるにしろ、キメラヴェリテは淡々と流すでしょうし、バビットも道中速めて後半はタフな展開にしたいはずなので、後半求められる能力はタフさ>トップスピードだと思います。

ペースとしてはミドルを想定するので、今の馬場状態で前の馬は厳しいはず。

狙いとしては好位中団からの差し馬を狙っていきたい。

 

 

4.最終予想

 ◎ ヴェルトライゼンデ

前走タフな中京2200mのハイペース戦で、後方からしっかり上がり最速を計測できた点は非常に好感を持てます。

持続力戦は得意ですし、皐月賞は直線荒れた内を選択してしまったので度外視可能。

コントレイルには2.3枚能力で劣るも、長距離の舞台なら1発は警戒必要。

何より、前でも後ろでも勝負できる自在性は評価してますし、この大舞台で鞍上池添は強力。

 

 

 〇 コントレイル

大きな不利さえなければ、8割方3冠に輝くと思います。

特に言うことなし。

 

 

 ▲ ブラックホール

前走札幌記念は凡走ですが、新潟大賞典勝馬のトーセンスーリヤに着差0.1秒はそこまで悪くない。

全頭診断で述べたように、追走力がないので延長してペースが緩むのは歓迎。

中間緩んだ時の後半の爆発力は評価できますし、何より坂のない機動力が問われない舞台(東京・札幌・京都外回り)が適性舞台だと思っていたので、待望の初京都外回りです。

この馬の欠点である、追走力と機動力はこの舞台では必要ないですし、先行力低く後方待機策も、今の馬場と展開なら十分チャンスはある。

 

 

 ☆ マンオブスピリット

全頭診断で述べたように、前走は不利のあったレース。

追い出しが遅れ、残り200m辺りからようやく加速し、それなりの上がり時計を計測できた点は高評価。

まだ能力は隠していると見て、朝の段階で14番人気なら狙う価値あり。

 

 

 △ ヴァルコス

乗り替わりに関して、長距離視点で言うとプラス

ただし乗り難しいタイプの馬なので、そういう面でテン乗りはマイナスに働く可能性。

こればっかりは走って見ないとわからないが、適性と能力がある以上抑えは必要。

 

 

 △ アリストテレス

将来性のある馬だと思っているので、ここは大敗の可能性もあると思いますが、長距離は問題ないのと鞍上ルメールは抑えが必要。

長距離で騎手の腕を舐めてかかると良いことないので抑えまで。

 

 

5.買目

オッズを見て、お昼頃更新します。
あくまで私自身の予想・買目になるので参考程度にお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG