菊花賞 2020 全頭診断【安田記念以来のダブルS評価】

お疲れ様です。

この記事では菊花賞の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求められる適性
①持続力
②トップスピード(展開次第)
③タフさ(展開次第)

2.総合S評価成績

 

 

3.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

 

アリストテレス

小牧特別 1着
12.6 – 10.8 – 11.2 – 12.8 – 13.3 – 12.3 – 11.9 – 12.4 – 11.6 – 11.0 – 12.0
ミドルペースの瞬発力勝負。端を切りたかったようですが奪えず、道中端を主張する形となりラップが速くなっています。その後もう一度溜めて押し切るような内容でした。ソラを使っていたりと、とにかく集中力がないなと思いましたが、道中ラップのアップダウンは少なからず体力ロスだっと思います。アリストテレスに関してはギアチェンジの質とタフさも求められてたと思います。
出雲崎特別 1着
12.9 – 10.9 – 11.4 – 12.1 – 13.0 – 12.7 – 12.2 – 11.5 – 11.3 – 11.7
スローからの瞬発力勝負。相手関係的にも掲示板組は全頭昇級していて、クラス的にはそれなりの相手と戦って瞬発力とトップスピードで差し切っています。

持続力勝負ではレクセランスに負けていたりするので、ピッチ走法なこと上記の内容を踏まえると瞬発力タイプかと思います。

出来るだけ内をロスなく運べればと思うので、枠の並びは注目。

長距離に関しては追い合いは問題ないですし、馬の集中力が足りない分長い方が良いかとは思います。

長距離でルメールは逆らいずらいですが、馬自体の適性はひと推し足りずB評価まで。

ただ小牧特別のパフォーマンス含め、総合力は高そうなので、馬の精神面含め今後に期待です。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ガロアクリーク

皐月賞 3着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。ただしキメラヴェリテが前半飛ばして単騎逃げをしたので、後続はスロー寄りの流れだったと思います。なのでスロー寄りで中間緩んだ4F持続力勝負というのがこのレースの中身だったかと思います。ちなみにこの時ブラックホールと同じ上がり3位の時計を計測しました。
ダービー 6着
12.6 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.7
スローの瞬発力勝負。ただし1000m通過後辺りから流れた展開になっているので、溜めの効きずらい瞬発力勝負だったと思います。結果的に3着馬と着差0.1秒の6着でしたが、後方から追い込み上がり34.6秒は少し評価できません。と言うのも、瞬発力勝負のスプリングSで負かしたヴェルトライゼンデに上がりタイムで0.1秒しか勝らず、皐月賞で上がり時計同タイムだったブラックホールに0.5秒差を付けられています。つまり本来の末の爆発力は不発だったと私は思います。
セントライト記念 3着
12.2 – 12.2 – 12.8 – 12.9 – 12.5 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 11.9 – 12.4 – 12.7
ミドルペースの持続力勝負。先行競馬がハマった印象で、バビットが早めにピッチを上げ後半消耗戦に持ち込んだような内容。後続もある程度バテていた為、能力だけで残したようなレース内容だったと思います。直線向かい風もあったので、前で残した内容は評価しにくい。

ダービーの末脚不発は恐らく中間ラップにあると思います。

高いパフォーマンスを発揮したスプリングSや皐月賞は、中間緩んだ中の瞬発力勝負だったり4F持続力勝負でした。

しかしダービーは中間から流れ、途中から脚を溜められない状況で瞬発力が求められました。

つまり中間緩んだレースでこそ本領を発揮できるのだと思います。ベストはスプリングSのようなスロー瞬発力勝負。

そしてセントライト記念ですが、ここは持続力で残したというより能力で残したような内容です。

溜めて良いタイプなので、例年の菊花賞なら合うと思いますが、展開が流れた場合、得意条件から外れるので展開次第と言ったところです。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

キメラヴェリテ

コントレイルと同じノースヒルズで、追加登録。

バビットを潰しに来たと言われていますね。

ただ潰すにしてもテンのスピードが足りませんし、そもそも能力的に足りないので馬券的にはまず厳しいかと思います。

当日の動きにはある意味注目です。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

 

コントレイル

特に書くことありません。

瞬発力、持続力、トップスピード、タフさ、折り合い

正直ケチの付けようもない能力値です。

コントレイルの強さは、この前サリオスが古馬相手に証明してますし。

初の長距離ですが、折り合い問題ないですし能力値が抜けているので逆らう気も起きず。

適性評価:S
能力評価:S
総合評価:S

 

 

サトノインプレッサ

ダービー 4着
12.6 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.7
スローの瞬発力勝負。最内枠からインベタのイン突きの内容。馬郡を割ってるように見えますが、パトロール見ると意外とスペースはあったので評価できる4着ではなく。

この馬は先行力と追走力が低く置いて行かれる傾向にあるので、距離は長い方が良いと思います。

前走の毎日王冠は追走で一杯一杯になった凡走かと思うので、距離延長は歓迎でしょう。

ただし折り合いに難があるので、長距離でスタミナ持つイメージはなく。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

サトノフラッグ

皐月賞 5着
12.2 – 11.3 – 12.1 – 11.8 – 12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。ただしキメラヴェリテが前半飛ばして単騎逃げをしたので、後続はスロー寄りの流れだったと思います。なのでスロー寄りで中間緩んだ4F持続力勝負というのがこのレースの中身だったかと思います。5着で掲示板に乗りましたが、3着馬と着差0.4秒は離されすぎなので着順以上に評価できず、敗因は早めに動いてポジションを上げてしまったことでラスト甘くなったことと、道悪で馬場がタフだった弥生賞の反動もあったと思います。
ダービー 11着
12.6 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.7
スローの瞬発力勝負。ただし1000m通過後辺りから流れた展開になっているので、溜めの効きずらい瞬発力勝負だったと思います。機動力+持続力の馬だと思うので、この舞台では単純にキレ負けだったと思います。ただ3着馬と着差0.4秒としっかり詰めているので、適性違いでも外枠から十分な内容だったと思います。
セントライト記念 2着
12.2 – 12.2 – 12.8 – 12.9 – 12.5 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 11.9 – 12.4 – 12.7
ミドルペースの持続力勝負。残り700m辺りから捲りを仕掛けての好走。3着のガロアクリークと着差0.1秒ですが、後方がバテて前で残しただけのガロアより、中団待機から早めに捲りを仕掛けたサトノフラッグの方が上の評価です。ただし、1000m通過後にラップを上げたバビットを捕まえられなかったのは能力差。

中山2000mで行われた1勝クラスの内容とセントライト記念の踏まえると、機動力+持続力タイプの馬かと思います。

皐月賞の時も4角捲っていくまでギアも入っていましたし、もう少し溜めていれば着差は縮まったと思います。

ダービーは完全に位置取りと枠と瞬発力でキレ負けなので度外視。

ただしこれまで中間溜めの効くロンスパ戦でハイパフォーマンスをしているように、溜めたほうが良いタイプだと思うので展開が向くか微妙。

機動力+持続力という点は活きるので適性はあると思いますが、能力面で一押し足りない印象です。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ターキッシュパレス

神戸新聞杯 5着
12.6 – 10.9 – 11.5 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 11.8 – 12.2
ハイペースの持続力勝負。稍外回しての競馬で直線進路を外に取りスムーズに追い出しての5着。ただし上がりタイムでは、スムーズに追い出せんかったマンオブスピリットと同タイムなことから、着は上でも能力面では裏付け取れず。

持続力やスタミナで粘るような競馬が多く、前走の内容は差し競馬での内容だったので収穫ですが能力値で見劣る印象。

折り合いが微妙なので3000mへの距離延長は向かない可能性はありますし、

夏場4つ使って神戸新聞杯から中4週。相手関係強化のここでは流石に厳しいか。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ダノングロワール

九十九里特別 1着
7.4 – 11.5 – 12.0 – 12.2 – 11.7 – 13.1 – 12.2 – 12.6 – 12.5 – 12.4 – 12.4 – 12.4 – 12.6
ミドルペースの持続力勝負。直線前2頭が抜け出しラスト1Fも掛かっていないラップで追い込みきれたのは強い内容だったと思います。走法的にもパワー馬場向きかと思います。

中山では機動力の成長が見られましたが、本質は広いコースの長距離向きかと思います。

折り合いも問題ないですし3000mへの距離延長は大丈夫だと思います。

パワーのいるタフな馬場の方が合うと思うので、当日の馬場状態は気になりますが、良馬場でも先週同様時計が掛かっていればその分プラスかと思います。

とは言え、高速馬場の新緑賞ではスロー瞬発力勝負で上がり33.8秒(上がり2位)の脚を使えていますし、3着と敗れていますが追い出しを待った騎乗だったので、内容はそこまで悪くない。

長距離適性はあると思いますし、持続力やタフさもあるので馬場が味方してくれれば面白いと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ディープボンド

ダービー 5着
12.6 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.7
スローの瞬発力勝負。外枠から先行し終始外を回された形となりましたが、ゴール後も垂れておらずスタミナがあると思います。ここの5着は位置取りとキレ負けですが、それでもダービーという大舞台で終始外を回されても5着に残せたのは評価すべき内容だったと思います。
神戸新聞杯 4着
12.6 – 10.9 – 11.5 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 11.8 – 12.2
ハイペースの持続力勝負。前半上り坂→後半下り坂なコース形態でハイペースだったので、前は相当辛い展開だったと思いますが、先行し終始外を回したのにしっかり粘り込み4着を確保しています。スタミナという点で高い評価をして良いと思います。

京都新聞杯はタフな持続力勝負でしたし、ダービーや神戸新聞杯の内容も加味すると適性はスタミナ寄りかと思います。

折り合いも問題ないタイプですし、スタミナ的要素を踏まえても京都3000mという舞台は合うと思います。

今回は展開的にも後半のトップスピード戦にはなりにくいと思うのでその点もプラス。

ただし、仮にペースが流れ後半タフになるとしたら、前で粘り込むのは相当難しい舞台です。

その点先行力が仇になる可能性はあります。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ディアマンミノル

高雄特別 1着
12.6 – 10.5 – 11.9 – 13.0 – 13.6 – 12.4 – 12.4 – 12.7 – 12.2 – 12.1 – 12.2 – 13.2
不良馬場でのレースでしたがバイアスはインが優勢。残り800m地点からロンスパを仕掛けて抜けた内容。バイアスの有利はありましたが、各馬内に進路をとってたので他馬比較イーブンとすると、スタミナに関しては評価できる内容だと思います。

高速馬場のトップスピード持続戦でスピード負けしたところを見ると、タフさが問われる持続質のレースに適性があると思います。

そういった面で京都の馬場状態は注目ですし、今回最内枠を引いたのでバイアスと展開次第では警戒が必要だと思います。

展開面はバビットがそれなりにタフにするか、キメラヴェリテが外から突いてペースは上がると思うので、この馬が苦手なトップスピード戦になる可能性は低い。

折り合いも問題ないタイプなので、距離延長は問題ないと思います。

ただ、結構間隔を詰めて使っていますし、前走不良馬場でのロンスパ戦の疲労を中1週で抜けるとは思いずらく

追い切りはしっかりチェックした方が良いと思います。

適性評価:A
能力評価:C
総合評価:B

 

 

バビット

未勝利戦 1着
12.8 – 11.3 – 12.0 – 12.0 – 12.4 – 12.4 – 12.3 – 12.3 – 11.7 – 12.0
ミドルペースの持続力勝負。逃げるも終始内の馬に行かせてもらえず嫌な競馬を、4角で一気に加速して突き放し着差0.4秒離したのは強い内容でしたし、機動力という点で福島の適性は高く評価して良いと思います。
ラジオNIKKEI賞 1着
12.0 – 10.8 – 12.6 – 11.9 – 12.3 – 11.9 – 11.9 – 11.6 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。イン前有利のバイアスで最内から単騎逃げ。機動力+持続力のある馬なので、これだけ楽な形で走れれば突き抜けておかしくない内容です。着差以上に評価はできませんが、機動力+持続力は証明していますし、ある程度タフなレースも問題ないと思います。
セントライト記念 1着
12.2 – 12.2 – 12.8 – 12.9 – 12.5 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 11.9 – 12.4 – 12.7
ミドルペースの持続力勝負。1000m通過からラップを上げてラスト4F目で最速ラップ。その後消耗戦に持ち込んでの勝利。後続をバテさせ自らは残した内容は単純に能力評価をして良いと思います。

持続力+機動力があり、ラジオNIKKEI賞で負かしたパラスアテナは秋華賞4着、紫苑2着と、負かした相手の能力的な裏付けもあります。

楽に端を切って自分のペースに持ち込めれば、チャンスはあると思いますが、今回キメラヴェリテが追加登録してきたことにより端争いが簡単にいかない可能性があります。

とはいえキメラヴェリテよりもバビットの方がテンは速いので、大丈夫だとは思いますが、あとはアンティシペイトの抽選次第。

ちなみにバビットの得意なペースは、タフ寄りの持続力勝負でスタミナを活かして後続に脚を使わせる逃げなので、バビットが楽に行ってもスロートップスピード戦にはなりずらいと思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A

 

 

 

ビターエンダー

ダービー 10着
12.6 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.7
スローの瞬発力勝負。先行力を武器にしている馬なので、スタート躓き後方からとなったことが着順に直結したかと思います。2桁着順ですが3着馬とは着差0.3秒詰めていますし、ガロアクリークと同じ上がりを使えているので、そこまで悪くない内容かと思います。
神戸新聞杯 11着
12.6 – 10.9 – 11.5 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 11.8 – 12.2
ハイペースの持続力勝負。前半上り坂→後半下り坂なコース形態でハイペースだったので、前は相当辛い展開だったと思います。元々持続力の馬ではないと思いますが、ここは展開不利だったと思います。

プリンシパルSや共同通信杯の内容から、ベストは東京のスロー瞬発力勝負でしょう。

この舞台では持続性能に欠けると思うので、適性は低いと思います。

前走は度外視できるので、別の機会で狙いたいと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

ブラックホール

ダービー 7着
12.6 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.7
スローの瞬発力勝負。最後方から直線入り口で詰まり、進路を求めて外へ出すロスのある競馬でしたが、外へ出してからの伸びは良く、コントレイルと上がりタイム0.1秒差の脚で追い込み7着は強い内容です。

この馬の特徴は先行力と追走力が低い為、直線競馬になって差し届かずというレースになってしまいます。(良い例がダービー)

機動力もないので、小回りよりも大箱向きでコーナーは緩い方が合います。

そして急坂が苦手となると、適性のある舞台は東京、札幌、京都外回りとなります。

なので、舞台適性的には評価できると思います。

ただし適性舞台の前走札幌記念では、古馬相手とは言え終いの脚は使えておらず不完全燃焼。

恐らく溜めたほうが良いタイプだと思います。

参考までに、中間12秒台前半で流れたレース(ホープフル・札幌記念)では終い劣る内容

中間12秒台中盤~後半まで緩んだレース(函館2つ・札幌2歳S・弥生賞・皐月賞・ダービー)は終いの脚を使えています

中間ラップの微妙な違いですが、ある程度明確に出ているので、可能性の高い仮説だと思っています。

菊花賞は中間流れても12秒台中盤~後半(スローなら13秒台)だと思うので、折り合ってスタミナさえ持てば終いの脚で追い込んでくる可能性はあります。

恐らく全く人気しないと思うので、面白い存在になるかもしれません。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

マンオブスピリット

神戸新聞杯 9着
12.6 – 10.9 – 11.5 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 11.8 – 12.2
ハイペースの持続力勝負。スタート後挟まれ後方から。4角で大外を回し直線追い出したときにターキッシュパレス・アイアンバローズ・ ヴェルトライゼンデが外へ進路を取った関係でスムーズに追い出せず。スピードに乗ったのが残り200mからだったので、不利が大きかったレース内容でした。着順は度外視できます。

タフな持続力勝負が得意条件だと思います。

ディープボンドにハナ差で敗れた京都新聞杯も、タフさに寄った持続力勝負でした。

今回ペースが流れれば後半スタミナが問われるので、その点でも適性は向きますし、折り合いも問題ないタイプで追走力も低いので距離延長は向くと思います。

全く人気ないですが、タフな展開を想定するなら拾っておきたい馬だと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

レクセランス

神戸新聞杯 7着
12.6 – 10.9 – 11.5 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 11.8 – 12.2
ハイペースの持続力勝負。出負けして挟まれて後方からになりますが、内枠だったのでそのままインベタ競馬で直線もインを突き、結果的にロスのない内容でした。ただし上がりタイム36.3秒は、上記で述べた不利ありのマンオブスピリットに0.3秒劣る内容なので、評価できる内容ではありません

上記の通り、能力面の証明にはならず。

ここを狙うならマンオブスピリットの方が評価できるので、ここは低めの評価です。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ロバートソンキー

神戸新聞杯 3着
12.6 – 10.9 – 11.5 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 11.8 – 12.2
ハイペースの持続力勝負。前が崩れた中を後方インで待機し、コントレイルが抜けた進路をそのまま抜け出しての3着。前がコントレイルではなく、そのまま壁だったらトビも大きいので詰まってそのままだったと思います。インを立ち回って進路が開いたこともありますが、持続力という点では菊花賞に繋がる内容だったと思います。

大トビで持続力タイプなので、菊花賞の舞台は合うと思います。

ただ前走は結構展開も進路も向きましたし、内から外に大きく進路を取ったヴェルトライゼンデに上がりタイム0.3秒離された内容だったので、強い内容ではない。

また前走メイチだったと思うので、上積みは期待しにくく良くて現状維持までかと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

ヴァルコス

青葉賞 2着
12.3 – 10.8 – 12.2 – 12.6 – 12.5 – 12.5 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.6 – 11.5 – 11.5
スローの持続力勝負。ラスト5Fロンスパ戦になり、後半減速ラップを踏まず終えたという点で、トップスピードの持続力が問われたレース内容。終始外を回す+道中ポジションを上げてそのまま5Fロンスパ戦に入ったので、相当長い距離を速いペースで走っています。ロンスパ持続性能は非常に評価できます。
ダービー 14着
12.6 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.7
スローの瞬発力勝負。ただし1000m通過後辺りから流れた展開になっているので、溜めの効きずらい瞬発力勝負だったと思いますヴァルコスは外枠から先行するも終始外を回され、それが後半に影響しガス欠。青葉賞の激走疲れもあったと思うので、着順は度外視可能かと思います。
セントライト記念 5着
12.2 – 12.2 – 12.8 – 12.9 – 12.5 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 11.9 – 12.4 – 12.7
ミドルペースの持続力勝負。道中置いて行かれコーナーでも加速できず直線競馬になり差し遅れ。ただし直線だけで上がり最速をマークした点を踏まえると舞台次第ではハイパフォーマンスは可能かと思います。

京都外回りなら機動力はそこまで求められませんし、エンジンの掛かりも遅いので、そういった点でも京都外回りはプラス。

持続力には長けているタイプで、青葉賞のようなトップスピード持続もありますし、タフさ寄りの持続力も持っています。

今回は展開関係なく舞台適性は高いと思うので、個人的には高い評価を与えます。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:A

 

 

ヴェルトライゼンデ

神戸新聞杯 2着
12.6 – 10.9 – 11.5 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 11.8 – 12.2
ハイペースの持続力勝負。大外枠から後方内目で追走し直線外に出して一気に加速。展開が向きロスのない競馬だったとはいえ、持続力やギアチェンジの質を評価できる内容でしたし、この舞台で上がり最速を刻めた点は高評価です。(ラップ分析で述べたように、阪神2400や中京2200などタフなコースで上がり最速を出せる馬は適性が高い傾向なので)また枠もありましたが、いつも以上に出していかなかったので、恐らく菊花賞を見据えたレース運びだったと思います。

持続力勝負だった皐月賞は、外伸びの馬場で内に進路を取ってしまったことがラスト伸びなかった原因だと思うので度外視できる内容。

この馬の一番の持ち味は持続力ですが、前走の内容からギアチェンジも評価しているので、万能型の持続力質寄りだと思います。

タフな展開や馬場でも問題ないですし、前走のような後方競馬や先行粘り込みもできる脚質の自在性。まさに万能かと思います。

どちらかと言うとタフな馬場が得意なので今の京都馬場は合うと思いますし、金曜朝方まで結構強い雨が降る予報なので、土日が晴れたとしても先週の傾向は継続かと思います。

適性や折り合いは問題ないですし、能力と実績はコントレイルの次なので、ここは素直に評価すべきだと思います。

ダービーの内容も神戸新聞杯の内容も展開やポジションが大きく影響したので能力評価はAまでですが、それができる自在性を持っているのがこの馬の特徴でもあるので個人的には嫌えません。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:S
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG