きさらぎ賞 2020 最終予想【アルジャンナに不安要素⁉】

お疲れ様です。

この記事ではきさらぎ賞の予想をお伝えします。

またLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

1.コース解説

京都競馬場

京都芝1800m外回りで行われます。

スタートして3コーナーまで約900mと長い向こう正面なので横に広がった先行争いが起こることが多い。

その為テンのスピードは速くなる傾向。3コーナー手前の坂でペースが一度緩むがその後の下りでまたスピードが上がる為、最終コーナーから直線を向いたときに馬群が外に広がりやすく、上手くインを突いて好走する差し馬も目立つ。

コーナーの下り坂でペースアップするため4F走りきる持続力が要求されやすいコースでもある。

コーナーまで長いだけあって枠順は過去10年の成績からは有利不利はなく、唯一8枠が複勝率で20%を下回る

ただし馬券になっていないのは馬番14番以降なので小頭数の今回は特に気にしなくていいと思います。

なので馬場傾向と枠順を照らし合わせた判断を優先すべきでしょう。

脚質的には過去10年で逃げの複勝率が50%ありますが、中団からでも40%と高く、上り3F1位を計測した馬は過去10年で(4-3-3-0)複勝率100%となっている。

小頭数の今回は枠順関係なく、逃げ馬と上がりの使える馬を重視して予想するのが過去の傾向から得策かと思う。

 

 

2.ラップ分析

過去10年の平均ラップ
12.9 – 11.4 – 11.8 – 12.4 – 12.5 – 12.2 – 11.8 – 11.6 – 11.8

平均値を見ると持続力勝負が想定されるが、直近4年は全て瞬発力ラップとなっている。

この現象に関しては前半3Fがスローになると起こりやすい

理由として、前半3F(登り坂まで)のペースがスローだった場合、中間の登り坂でまたラップが緩み、且つ前半のスローで各馬脚が溜まっているので、

34コーナー中間(残り800m地点)で早仕掛けしてくる馬がいない限り、直線入るまで緩やかな加速ラップが形成され、直線向く前後あたりから一気に加速。そこで瞬発力が問われます。

ちなみにこの場合、各馬脚を余した状態で早仕掛けは致命的なので、基本的に最終コーナー(ラスト3F)で各馬仕掛けてくるため、前半スローなら瞬発力勝負となりやすいです。

展開に関しては次項で話します。

 

 

3.展開予想

結論から言うとスロー濃厚

理由として大きいのは8頭立ての小頭数

脚質に関しては若駒戦なのでまだハッキリしませんが、枠の並びから逃げるのはコルテジアかギベルティだと思います。

先週や土曜の京都馬場は内先行が垂れて外差しが目立った馬場状態。

その馬場状態で内枠からハイペース逃げはまず考えずらい

なので想定されるのは大まかに平均~スローだが、個人的には極めてドスローに近い競馬を想定しています。

となると2章で話した通り持続力勝負より瞬発力勝負となる可能性が高く、今回は瞬発力タイプに目を向けて予想していく。

 

 

 

4.馬場状態

先週からBコースに替わり外差し馬場に一変しましたが、今週も変わらず外差しが目立っていました。

直線内側に進路を取った馬から好走馬は出ておらず、馬場の真ん中~外の馬で決着しています。

スローになった土曜9レースは(36.2-35.4)1000m通過1:01:0のスロー寄りの展開でしたが、番手競馬をした勝馬以外は中団~後方7.8番手からの差し馬で、先行勢には厳しい差し有利の馬場でした。

また変わらず時計の掛かるタフな馬場状態なので、馬場適正も考慮して予想する必要があります。

 

 

5.まとめ【狙うべき馬の特徴は?】

①上り3F1位を計測した馬は過去10年で(4-3-3-0)なので上がりは重用視

②スロー濃厚で瞬発力勝負の可能性が高い

③外差し有利の馬場状態

④スローを想定するので、後方過ぎず先行~中団から上がりの使える馬

これらに最も該当する馬を本命にしたいと思います。

 

 

6.人気馬考察

アルジャンナ

ここまで2走とも高速馬場での好走

大トビな走りでキレ味抜群だが今のタフな京都を熟せるかが課題となる。

素質は高いし能力上位も間違いない。

おまけに追い切り内容も十分で1人気間違いなしだが、馬場適正がどう出るか。

陣営からも来週の共同通信杯の方が良かったと発言している通り馬場への懸念はある様子

陣営のコメントや走法から馬場が味方するとは思えないので、勝ちを取りこぼす可能性は高い

ただしここでは能力上位に間違いないので馬券内期待値は高い。

 

 

グランレイ

タフな馬場はまず熟せるだろうが出遅れ癖があるのは気がかり。

今回スロー濃厚なので、スタート出て中団へ付けないと展開的に厳しくなるだろう。

また瞬発力でも足りない可能性がこれまでのレースで推測される。

新馬戦 3着
12.6 – 11.2 – 11.6 – 12.2 – 12.5 – 12.1 – 12.2 – 11.4 – 11.9
ミドルからの瞬発力勝負を逃げて3着。先着した2頭は重賞3着馬と未勝利突破した馬なので、よく残したと評価したいところだが2着馬からも着差0.3秒と離されている。且つ4.5着馬はその後のレースで掲示板にすら入れていない。よく残したと言うより3着以降が弱すぎたと言った方が正しいかもしれない。

朝日杯 3着
12.2 – 10.5 – 11.1 – 11.6 – 11.8 – 11.8 – 11.6 – 12.4
ハイペースの持続力勝負。出遅れ最後方からとなり完全に展開が味方した形での好走。G1での好走となるが正直評価はできない。

未勝利戦と朝日杯は持続力勝負の展開。この2走を好走していて新馬戦の瞬発力勝負は着差付けられていることから持続力タイプの可能性が高く、今回求められるのは瞬発力。その点適性的には厳しめの評価。それに加えて出遅れ癖もある。

また陣営のコメントで「気性的に詰めて使うことができないし、トモ高でキ甲もまだ抜けていない。精神、肉体両面でこれからの馬なんですよ。今回は無理に結果を求めるのではなく、今後につながる競馬をしてほしい」とある。

つまりここが勝負ではない。

追い切りで首が高いのはいつも通りで内容としては十分だが勝負気配は薄い。

以上のことから紐の評価が妥当だと考えます。

 

 

サトノゴールド

タフな函館と札幌を熟せているので今のタフな京都は問題ないと思いますが、どうしても前走の札幌2歳Sを評価しきれません。

札幌2歳S 2着
12.3 – 11.5 – 12.2 – 12.3 – 12.3 – 12.5 – 12.5 – 12.3 – 12.5
ハイペースの持続力勝負。出遅れ後方となり展開が向いた形。勝馬のブラックホールより外を回した分位置取りの差が出たが、そのブラックホールが次走のホープフルSで相手にならなかった。

ホープフルSでブラックホールは内枠から中団インを追走する絶好のポジションながら直線伸びを欠いた。休み明けプラス体重だったが追い切りは順調で陣営もここを目標に仕上げたと強気の発言。状態面による敗因ではないとすると自力不足での負け

つまり展開が向いたにも関わらずそのブラックホールに着差0.2秒つけられたのは評価できない。

新馬戦は瞬発力勝負で勝ったが前後半3F(40.0-35.1)という超ドスローの番手競馬でこちらも評価対象外

瞬発力への裏付けがなく札幌2歳Sとブラックホールの評価から今回本命は避けます。

 

 

ストーンリッジ

新馬戦 1着
13.4 – 12.1 – 12.7 – 12.7 – 12.7 – 11.2 – 11.0 – 11.0
ラスト4Fのラップは失速せず走りきれたが中間が緩み過ぎており(38.2-33.2)のドスロー番手競馬で評価は難しい。また相手関係も弱く2着馬はその後掲示板外が続き、3着のヒメカリスが次走未勝利戦を勝ち上がったが、その未勝利戦の相手が弱かったのでこの馬が強いのか疑問。

そして高速馬場とまでは行かないが、かなり速い時計の出る馬場状態。今回のタフな馬場は初となります。

血統面はディープ×クロウキャニオン。ディープ産駒は苦手な馬場ですが、母系の子にはタフ馬場を得意としている馬も多い。これがどちらに強く出るかまだ未知数ですが、新馬戦の内容からしてディープ産駒らしい軽い馬場の方が合う印象。

また新馬戦で上がり3F33.1秒を計測したが、時計の出る馬場でドスロー、番手競馬だったので今回の評価には繋がらない

外差し傾向で外枠確保したので、馬場さえ熟せれば中団で脚を溜めて届く可能性はあるが、前走は評価できる内容ではないので本命は避けたいと思います。

 

 

 

7.本命

ギベルティ

新馬戦 1着
12.6 – 12.2 – 12.5 – 12.8 – 12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.9
良馬場ながら雨の影響で稍時計の掛かるタフな馬場となったスローの瞬発力勝負。内枠からスローの先行競馬だったが注目したいのはラスト4Fのラップ(12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.9)です。ラスト4~2Fで2段階の加速ラップを刻んでおり、お互い端で並んでいたスナイプトウショウは失速し最下位。ギベルティは瞬発力ラップを刻んで勝利しています。

普通なら早仕掛けだった分ラスト1Fでもっと失速していいはずですが、詰め寄られることなく2馬身付けて快勝。相手関係や直線だけみたら勝ちっぷりに欠けるが、2段階加速ラップを踏めてラスト詰められなかったのは着差以上に瞬発持続能力の裏付けになります。

また瞬発力やスタート技術、タフな馬場適性も証明できたので、スロー濃厚のこのレースで脚質と展開はマッチし、求められる瞬発力も持ち合わせています。

実は条件戦を見据えてた馬でしたが、武豊に進言を受けきさらぎ賞へ出走を決め、今回その武豊が継続騎乗する。新馬戦のラップもそうだが大物ジョッキーの推薦もあり素質の高さも感じる。

1週間前と日曜にしっかり負荷をかけ、最終追い切りは時計こそ平凡だが加速ラップ。武豊騎手を乗せて馬なり手ごたえ十分。折り合い重視の内容だったと思うので評価できる内容

頭まで期待して本命を打ちます。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG