小倉記念 2020 最終予想【難解な一戦】

お疲れ様です。

この記事では小倉記念の最終予想を行います。よろしくお願いします。

各馬細かい適性や能力に関する見解は全頭診断の記事で配信しているので、まだの方は下記リンクよりお願いします。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求めれられる適性
①持続力
②追走力
③スピード
④機動力

 

2.馬場傾向

開催週の高速馬場で傾向的に前有利。

日曜は馬場変化がない前提で予想を組み立てます。

 

 

3.展開予想

逃げ馬候補はミスディレクション。

先行馬は多数で、サマーセント、アメリカズカップ、ランブリングアレー、ショウナンバルディ、タニノフランケル辺りが筆頭でしょう。

開幕週の馬場で前が有利なので、騎手心理は前。

1コーナーまで長く、先行勢は初角までポジションを取りたいはずなので、スローは想定しずらく、個人的には平均並みのミドルペースで落ち着くと思います。

馬場傾向と合わせて、先行~中団に位置取れる馬を狙っていきたい。

 

 

4.最終予想

 ◎  ランブリングアレー

能力はまだ未知数ですが、中間緩まないタフな流れを先行して押し切る強い競馬をしています。

中間緩まない流れの経験は、この小倉記念では重要なので、経験はプラスと取ります。

外枠は折り合いの関係で残念ですが、この並びなら内に潜り込むことは難しくないと思いまし、14頭立てなのでポジションは何とかなると思います。

状態面は悪くないと思いますし、ここは本命に指名します。

 

 

 〇  タニノフランケル

近走奮わないですが、全頭診断のようにここの適性は高いと思います。

特筆すべきは追い切り内容。

非常に良い調教過程を消化してきており、近走以上に期待できます。

 

 

 ▲ レイホーロマンス

ピッチ走法で小回り巧者。

小倉の舞台は合いますし、昨年3着の実績もあります。

函館記念で対評価をしたように、小回り+持続力の評価は高いです。

 

 

 ☆ ショウナンバルディ

垂水Sのパフォーマンスは高かったと思いますし、ランブリングアレーを評価するならこちらも評価しなくてはなりません。

追い切り内容も良く、前走からの上積みが感じられる内容でした。

配当妙味込みで、面白い一頭だと思います。

 

 

 △ 紐 

サトノルークス

サトノガーネット

サラス

ノーブルマーズ

サマーセント

 

 

5.買目

14 – 9.10.12 – 1.5.6.8.9.10.11.12
3連複 18点
あくまで私自身の予想・買目になるので参考程度にお願いします。
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG