小倉記念 2020 全頭診断【小倉適性の高い馬は?狙いたい穴馬多数】

お疲れ様です。

この記事では小倉記念の全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

 

 

1.コース解説・ラップ分析

求めらる適性

①持続力
②追走力
③スピード
④機動力

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

ノーブルマーズ

小倉記念 3着
12.0 – 11.5 – 12.0 – 12.9 – 12.0 – 11.5 – 11.5 – 11.6 – 11.6 – 12.2
ミドルペースの消耗戦。先着されたメールドグラースとカデナは共に重賞勝馬で、その二頭に着差0.1秒の3着は評価できそうですが、先行有利の舞台で交わされたので能力差は出た内容ですが、上がりの掛かるレースで結果を残しました。
京都記念 4着
13.0 – 11.4 – 12.4 – 12.3 – 12.0 – 12.6 – 13.1 – 12.7 – 12.4 – 12.2 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。道悪で結構時計のかかる馬場でした。勝馬のクロノジェネシスに着差0.8秒、2着のカレンブーケドールに着差0.4秒つけられますが、どちらもG1実績のある馬で斤量2.3キロもあれば着差仕方ないです。評価すべきは、道悪でタフな馬場+持続力勝負をG2.3では馬券内常連のステイフーリッシュに着差0.1秒に迫れた点です。上がりの掛かるレースは合うと思います。

小回りで持続力が求められる舞台で適性を示し、小倉記念のような消耗戦でも結果が出ています。

この馬は基本的に、上がりの掛かるレースを前で粘り込むことが得意です。

目黒記念や中山金杯なども、上がりの掛かるレースで掲示板は確保しています。

昨年の小倉記念が良い例で、前目で粘り込みが出来ても切れる脚がないので、ラスト交わされることが多いです。

小倉記念は道中速い追走でスピードが求められる分、後半は上がりの掛かるレースになるので、舞台適性は高いと思います。

あとは能力と位置取りでどこまで残せるか。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ミスディレクション

尼崎S 1着
12.5 – 12.0 – 11.9 – 13.1 – 12.8 – 12.4 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 11.2 – 11.8
ドスロー持続力勝負。単騎逃げがきまり好走しましたが、前半~中間緩み逃げ馬には楽すぎたレース内容。
サンタクロースS 1着
12.6 – 11.7 – 13.2 – 12.6 – 12.7 – 12.1 – 11.5 – 11.4 – 11.5 – 12.2
ドスロー持続力勝負。単騎逃げ、前半~中間緩み逃げ馬には楽すぎたレース内容。

基本的に好走条件は、ドスロー単騎逃げで中間も緩むレース。

小倉記念は終始11秒台のラップになる為、ここでの好走は厳しい可能性。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

アールスター

英彦山特別 1着
12.6 – 10.6 – 11.8 – 12.7 – 12.3 – 12.1 – 12.3 – 11.8 – 11.4 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。残り600m付近で外からポジションを上げてそのまま押し切るといった内容で、一見強そうに見えますが、中間ラップ (12.7-12.3-12.1-12.3)とかなり緩んでいるので脚は溜まっている状態でした。なので特に推せる要素はないです。
垂水S 6着
12.4 – 10.5 – 11.9 – 11.8 – 11.8 – 12.2 – 12.0 – 12.1 – 12.0 – 12.4
ハイペースの持続力勝負。中間も11秒台で流れ追走力も問われたレースでした。ポジション的に着順は仕方ないですが、後半から脚は使えず物足りない内容でした。

最近は中間緩んだ内容でしか好走しておらず、流れると垂水Sのように後半使える脚が鈍くなると思います。

追走力は低いと思いますが、機動力はそこそこなので、枠と斤量でどこまでやれるか。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

アウトライアーズ

関門橋S 1着
12.6 – 11.8 – 12.6 – 12.9 – 12.6 – 12.0 – 12.2 – 11.4 – 11.8
ドスローの瞬発力勝負。勝はしましたが、小倉記念と中身が真逆のレースです。評価はできません。

昨年の小倉記念では差せるレース展開でしたが、5着馬に着差0.2秒の6着と離される内容。

機動力ではなく、直線競馬だけで差してきた内容で、上りは使えても爆発力が足りません。

ここは能力的にも適性的にも厳しいと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

サトノガーネット

中日新聞杯 1着
12.7 – 10.9 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 12.1 – 11.8 – 11.3 – 11.6 – 11.6
スローからの持続力勝負。コーナリング性能が低く、大外ぶん回し直線競馬で上がり最速で追い込み勝利しました。中間脚が溜まれば爆発力はあります。

この馬は追走力、先行力、機動力に欠けるタイプなので、好走条件が非常に狭いです。

広いコースで差し有利の展開と馬場で一発ありそうだと思います。

小倉記念は適性違いだと思いますが、ラップ分析で述べたように、前傾ラップから4F目で12秒台半ばまでペースが1度落ちます。

そこで脚さえ溜まれば、この馬の爆発力なら直線一気でも届く可能性はあります。(昨年のカデナ、メルドグラースが例)

ワンチャンスはあると思うので、適性は低めの評価ですが展開待ちで一発ある可能性はあります。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

サラス

マーメイドS(2019) 1着
12.2 – 10.9 – 12.2 – 12.2 – 12.3 – 12.4 – 12.1 – 11.8 – 11.4 – 12.8
ハイペース寄り持続力勝負。中間緩み後方差しに展開が向いたレースを後方一気で勝ちました。展開は向いたものの、直線競馬だけで差し切った末脚の爆発力は評価できます。

この馬はトビが大きく先行力と機動力に欠ける為、基本的に後方一気の直線競馬しかできません。

なので、適性的には小倉で推す材料が少ないです。

サトノガーネット同様、展開待ちの後方一気に欠けるしかないですが、近走全く走れていないので状態面も一つ鍵だと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:B

 

 

アメリカズカップ

好走時は何れも京都で、馬場が渋った場合や中間緩んだ時です。

開幕週の小倉で馬場も渋る気配なし。

ここは適性外だと思いますし、能力的にも足りません。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

サマーセント

マーメイドS 1着
12.4 – 11.2 – 12.7 – 12.5 – 12.0 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 12.2 – 12.9
ミドルペースの持続力勝負。前傾ラップで後半タフにたった展開を番手から押し切り勝ちました。確かに内有利の馬場は味方しましたが、前傾ラップから中間緩み、逃げたナルハヤ以外の先行馬には厳しい展開だったと思います。斤量50と馬場の恩恵もありましたが、タフな展開で評価できる内容だったと思います。

小倉記念は開幕週で馬場が荒れる気配もないので、マーメイドSの時のような馬場ではないですが、

前傾ラップになりやすいレースなので、適性はそこまで低くないと思います。

先行力と機動力はあるので、斤量52のハンデ込みなら粘り込みも可能かと思いますが、前走メイチだったと思うので状態面は鍵

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

タニノフランケル

小倉記念(2019) 4着
12.0 – 11.5 – 12.0 – 12.9 – 12.0 – 11.5 – 11.5 – 11.6 – 11.6 – 12.2
ミドルペースの持続力勝負。番手に付け直線抜け出すも、ノーブルマーズとの競り合いでハナさ先着され4着。ただし、ノーブルマーズと互角の争いをしていましたし、持続力や機動力、先行力を評価できる内容だったと思います。

得意条件は、持続力や機動力が活かせる舞台で良馬場平坦コース。

つまり小倉は実績通り適性評価をしていいです。

ここ最近成績はパッタリですが、今回の条件戻りなら警戒必要かと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

レイホーロマンス

愛知杯 3着
12.3 – 11.1 – 11.9 – 12.6 – 12.2 – 12.0 – 12.0 – 12.2 – 12.4 – 12.4
ハイペースの消耗戦。ラスト交わされて3着に敗れますが、敗因は早仕掛けで上位2頭は内でギリギリまで溜めたのでその差だと思います。ただ逆に機動力という点で評価できる内容だったので収穫はあります。
函館記念 5着
12.4 – 11.2 – 11.7 – 11.7 – 11.8 – 11.8 – 12.0 – 12.1 – 12.4 – 12.6
ハイペースの持続力勝負。後方に展開が向き、上がり2位の脚で3着馬と着差0.1秒の5着でした。ピッチ走法なので小回りがベストかと思います。

持続力や機動力は愛知杯で証明しているので、適性面は高く評価しています。

先行力が低く、末脚の爆発力が足りないので、函館記念のように差し切れないことが多いです。

ただその分機動力でカバーできるので、小回りコースなら抑えは必要かと思います。

小倉記念は中団からの差しも決まりやすい舞台なので、ポジション次第では好走可能かと思います。

上手く中団内目に潜り込めるのがベスト。

ただし使い詰めているので、状態面はチェックが必要です。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

サトノルークス

鳴尾記念 8着
12.2 – 11.0 – 12.8 – 12.2 – 11.8 – 12.2 – 11.6 – 11.7 – 12.1 – 12.5
ミドルペースの持続力勝負。内有利で大外回した分の差はあったと思います。ただ、着差や上がりタイム、先行力や追走力などは評価できず。叩き台だと思いますが、乗り込み量多めで時計も出ていました。

セントライト記念では置いてかれず中団に付け、追走力は特に低くないように思えましたが、鳴尾記念では置いてかれて後方から脚も使えずといった内容でした。

セントライト記念ぐらいやれれば好走可能ですが、前走がさっぱりだったので、どこまで上積みがあるかでしょう。

懸念点は他にもあり、開幕週の高速馬場は合わない可能性もあります。

スピード不足な印象なので、セントライト記念や菊花賞のようにある程度時計の掛かる馬場がベストかと思います。

適性評価:B
能力評価:A
総合評価:B

 

 

ショウナンバルディ

垂水S 1着
12.4 – 10.5 – 11.9 – 11.8 – 11.8 – 12.2 – 12.0 – 12.1 – 12.0 – 12.4
ハイペースの持続力勝負。縦長の速い展開を番手で残した内容。ある程度前が残る展開でしたが、追走力や先行力を評価きる内容でした。

明石特別もそうですが、中間速いペースをしっかり前で粘り込む競馬ができているので、追走力や先行力も加味して小倉記念の適性は高いと思います。

前走大敗していますが、乗り替わりで折り合い欠きまくりだったので度外視可能です。

今回鞍上も乗り慣れた鮫島騎手に戻るので、その点もプラスです。

能力面は足りませんが、その分斤量53の恩恵があるので、人気薄なら狙う価値はありそうです。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ロードクエスト

1400~1600主戦の馬なので追走は問題ないと思いますが、2000mへの距離延長+先行力が低いので、能力面も含めて厳しいと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ランブリングアレー

垂水S 1着
12.4 – 10.5 – 11.9 – 11.8 – 11.8 – 12.2 – 12.0 – 12.1 – 12.0 – 12.4
ハイペースの持続力勝負。道中ペースが緩まない中先行して、上がり3位の脚を使って着差0.3秒で快勝したのは強い内容だったと思います。追走力や持続力という点で高く評価できる内容です。

連勝していますが、どちらも速いペースを先行して抜け出すと言った強い内容。

先行力や追走力、持続力があり、小倉や内回りコースでの実績もあり、小回り適性も高いと思います。

いきなり重賞で能力面通用するかが問題ですが、今回斤量53の恩恵もあるので面白い一頭かと思います。

適性評価:A
能力評価:A
総合評価:A
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG