目黒記念 2020 最終予想【混戦模様!この馬で単複勝負!】

お疲れ様です。

この記事では目黒記念の予想を行います。よろしくお願いします。

 

1.コース解説

東京競馬場

東京2500mで行われます。

ダービーと100mしか違いませんが、比べると目黒記念は上がりのかかるレースです。

その為持続力やスタミナが要求されるレースです。

過去の好走馬はステイヤーが多く、ローテーション的には2400m以上で成績を残している馬に注目するのが吉です。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠1-2-2-135.6%16.7%27.8%
2枠2-1-1-1411.1%16.7%22.2%
3枠0-1-1-160.0%5.6%11.1%
4枠1-1-2-155.3%10.5%21.1%
5枠0-2-2-160.0%10.0%20.0%
6枠1-1-2-155.3%10.5%21.1%
7枠4-0-0-2215.4%15.4%15.4%
8枠1-2-0-233.8%11.5%11.5%

枠順はCコース替わり初週ということもあり内枠有利。

 

 

脚質・上り着別度数勝率連対率複勝率
逃げ0-1-0-90.0%10.0%10.0%
先行2-3-3-305.3%13.2%21.1%
中団7-5-5-549.9%16.9%23.9%
後方1-1-2-412.2%4.4%8.9%

脚質は逃げが苦戦し、馬券の中心は先行〜中団です。

 

 

2.ラップ分析

過去10年の平均ラップ
7.2-11.2-11.3-12.5-12.4-12.2-12.2-12.4-12.2-12.0-11.5-11.6-12.0

前半のペースが極端に落ちない限り、基本的に持続力が要求されるレースです。

今年は逃げ馬不在+坂スタートでスロー濃厚なので瞬発力勝負にも対応できる馬を探してい行きたいと思います。

 

 

3.馬場状態

Cコース初週の馬場で内先行有利の傾向。

差し馬も4角入り口である程度のポジションを取らない限り好走が厳しい状態。

時計が相変わらず早くて前が止まらない馬場状態です。

 

 

4.展開予想

逃げ不在+坂スタートも合わさりスロー濃厚です。

展開的には先行馬中心に、持続力やスタミナのある馬前提で瞬発力勝負にも対応できるタイプを探していきたいと思います。

 

 

.最終予想

 ◎ ウラヌスチャーム

中山牝馬S 2着
12.5 – 11.6 – 11.9 – 12.3 – 11.5 – 12.4 – 12.2 – 11.4 – 11.9
スローからの瞬発力勝負。ハナさ届かなかったものの勝馬のフロンテアクイーンは後の府中牝馬Sの2着馬。以下アッフィラート、デンコウアンジュ、フローレスマジック、クロコスミア、ノームコアに先着しており相手関係的にも評価できるレース。
メトロポリタンS 1着
12.9 – 11.5 – 12.7 – 13.0 – 12.4 – 12.2 – 12.9 – 12.6 – 12.0 – 11.0 – 11.0 – 11.6
ドスロー瞬発力勝負。逃げてスローに落とし瞬発力勝負で逃げ切り勝ち。展開はハマりましたが、タイセイトレイルやオセアグレイトに抜かせなかった点などメンバーレベル的に評価できるレースです。

前走は展開がハマった感がありますが、そもそもこれまで後方過ぎて差し切れなかったり馬場に泣かされたりと不完全燃焼の競馬が続いていたこの馬にとって、脚質転換で逃げて結果を残せた点は大きくプラス。

逃げ宣言はしていませんが、陣営は積極的な競馬をしたがっているので、そこに松山弘平はプラスと考えて良いと思います。

展開的にも流れず前が有利になるならこの先行力は武器になりますし、瞬発力勝負は対応可能。東京の高速馬場もトビが大きい走法なので前走の内容を見ても適性の高い舞台だと思います。

スタミナに関しても、スタミナ色の強いトニービンの血をもっておりその点もプラス。

状態面は中2週ですが追い切りでは見劣りせず、前走と同等かそれ以上のできにはあると思います。

>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG