マイルチャンピオンシップ 2020 全頭診断【2強以外でS馬1頭!】

お疲れ様です。

この記事ではマイルCSのコース解説ラップ分析、全頭診断をしていきます。

よろしくお願いします。

 

1.コース解説・ラップ分析

阪神競馬場

今年は阪神1600mで開催されます。

京都との大きな違いは枠。

4角出口で馬郡が膨れる為内枠が有利になりやすい京都と、馬郡が膨れずコーナーでごちゃ付きやすい阪神は特に最内だと成績が落ちます

また、3.4角下り坂で加速しロングスパート戦になりやすい京都ですが、阪神はコース形態上では京都のようにはなりにくい。

ただ今年はレシステンシアという特殊な逃げ馬がいるので、その点に注目して適性予想をしていきたいと思います。

阪神JF2019 レースラップ(逃げ馬:レシステンシア)
前後半3F(33.7-35.2) 
12.2 – 10.5 – 11.0 – 11.8 – 12.0 – 11.2 – 11.5 – 12.5

自ら逃げハイペースの持続力勝負となったレース。

今回レシステンシアが刻むであろう展開と適性は、上記の阪神JFをモデルとして説明していきます。

ハイペースからラスト3F目で最速ラップを刻み、後半消耗戦にして突き抜けたレース内容でした。

ここで求められたのは、基礎スピード、持続力、タフさです。

この3点に注目して適性診断していきたいと思います。

なお、レシステンシアが逃げなかった場合でも、ラウダシオンが速いペースを好むので、スロー瞬発力戦の可能性は低いと見て予想します。

求められる適性
①持続力
②基礎スピード
③タフさ

2.総合S評価成績

 

 

3.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

あくまで枠順や追い切り確認前の私個人の評価ですので参考程度までに。

評価の内容
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価
A評価は高いが抜けてはいない
B可もなく、不可もなく
C低評価
能力または適性が未知数

※除外対象馬に関しては確定次第追記します。

 

アウィルアウェイ

北九州記念 3着
11.5 – 10.3 – 10.6 – 11.2 – 11.7 – 12.5
前後半(32.4-35.4)でモズスーパーフレアが飛ばしたレース。開催途中に雨が降り稍重開催で時計が掛かったことが好走要因かと思います。追走で置いて行かれての直線競馬だったので、展開+馬場要素は大きかったと思います。
スプリンターズステークス 3着
11.9 – 10.1 – 10.8 – 11.5 – 11.9 – 12.1
前後半(32.8-35.5)でモズスーパーフレアとビアンフェがオーバーペースで逃げたレース。基礎スピードがなくても後方からの差しが効く状況で、道中は置いていかれての後方一気。展開面の恩恵は大きかったと思います。

この馬の特徴は前半速くならない溜めの効く平坦コースが適性条件かと思います。

となると適性舞台は京都がベスト。

実際に京都スプリントでは(2-0-1-1)と着外は京阪杯の4着のみと好成績です。

ただし上記の近2走とも、超前傾質で差し込んできているように、スプリントでは基礎スピードが足りないので展開待ちで好走してきています。

今回レシステンシアが逃げるとしたら、L3で最速を刻んで消耗戦にしたいはずなので、近2走のようにハイペースからのバテ差しが効くので適性としては面白いです。

能力面も前走のスプリンターズステークスで、グランアレグリアと上がりタイム0.1秒差は優秀で、4角入り口まで置いて行かれた分の差だと思います。

展開待ちですが末の質は確実なので、馬場がフラットまで戻り前がバテる展開ならチャンスはありそう。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

アドマイヤマーズ

安田記念 6着
12.1 – 10.9 – 11.2 – 11.5 – 11.6 – 11.4 – 11.0 – 11.9
ミドルペースの持続力勝負。1400m質となり追走でいっぱいになってしまいました。適性違いなので度外視可能。ただし3着のインディチャンプと着差0.3秒に粘れている点など能力の高さは見せているし、ドバイ空輸送で調整不足だったので、やはり能力値は高い。
スワンS 3着
12.6 – 11.2 – 11.7 – 11.4 – 11.1 – 11.0 – 12.2
スローの持続力勝負。苦手な休み明け+トップハンデで3着に負けたものの、評価を落とす材料はない。ペースも1400mにしては緩く、後半のスピードでステルヴィオに劣ったのは仕方ない。

この馬の得意条件は、中間マイル質且つトップスピード戦にならないことが条件。トップスピード戦では一線級相手にキレ負けします。

となると高速馬場でのトップスピード戦では分が悪く、今回レシステンシアが後半消耗ラップにしてくれるのはプラスに働きます。

金曜の雨でトラックバイアスがどう出るかですが、時計は徐々に掛かってきているので、当日の馬場次第では巻き返しがあっていい一頭だと思います。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:A

 

 

インディチャンプ

安田記念 3着
12.1 – 10.9 – 11.2 – 11.5 – 11.6 – 11.4 – 11.0 – 11.9
ミドルペースの持続力勝負。いつもより後方になってしまったことが敗因。いつも通りもう少し前で立ち回れていたならアーモンドアイは抜かせなかったでしょうし、ポテンシャルは相当高いと思います。なぜ前じゃなきゃいけないかというと、トップスピードの持続力が低いく、後方だとある程度早めの追い出しになりラスト甘くなるからです

この馬のセオリーは前目で追い出しを待ってからトップスピードに入れる競馬。

それが完璧だったのが昨年の安田記念です。

基礎スピードが高いのでレシステンシアのペースは問題なく、前目で競馬することが条件ですが適性は評価せざる得ません。

外回しだとラスト甘くなる可能性が高いので、外枠はマイナス。

中間動いてるとは言え、叩き良化型のこの馬がどれだけのポテンシャルを出せるかが鍵となりそうです。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:A

 

カツジ

前走アドマイヤマーズとステルヴィオを抑えたとはいえ、両馬休み明けで仕上がってなかったし斤量の恩恵もあった。

1400mにしては前半緩み過ぎなペースを楽逃げ、馬場もタフだったのもこの馬にとって追い風。

流石にハマりすぎの勝利ですし、今回ペースは相当流れるはずなので、溜められない展開ではまず難しいか。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

グランアレグリア

阪神C 1着
12.3 – 10.5 – 11.1 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.5
ミドルペースの持続力勝負。内枠からインをロスなく回ってインを突くロスのない競馬内容。立ち回りが完璧だったとはいえ適性条件のフィアーノロマーノに着差0.8秒突き放し、上がり3Fも最速の33.5秒で以降を突き放した強い内容です。
安田記念 1着
12.1 – 10.9 – 11.2 – 11.5 – 11.6 – 11.4 – 11.0 – 11.9
ミドルペースの持続力勝負。アーモンドアイ・インディチャンプ・ノームコアといった強敵相手に快勝。基礎スピードや持続力が非常に優秀で、1400質マイルの適性が非常に高いです。実際に1400mの阪神Cでは適性条件のフィアーノロマーノに快勝していたりと、ここの舞台適性は非常に高かったと思います。

この馬の最大の武器は、追走でも速いラップを持続力できるということ。

スプリントで基礎スピードが足りないところをみると、やはりベストは1400m。

今回レシステンシアが速いペースで逃げる想定で、ぱっと見適性はありそうですが、レシステンシアは中間で一度緩めて来るので、そういう意味では若干適性がズレます。

能力は言うことなしなので、恐らくポテンシャルでカバーできるでしょうが、今回間隔が詰まった輸送競馬によりポテンシャルを落とす可能性もあります。

間隔は開けたほうが良い馬なので、臨戦は評価できません。

と不安点を述べてきましたが、ポテンシャルを発揮できる状態にあれば能力で誤魔化せると思うので軽視は無理です。

適性評価:A
能力評価:S
総合評価:A

 

 

 

ケイアイノーテック

富士S 3着
12.4 – 10.6 – 10.8 – 11.6 – 12.0 – 11.5 – 12.2 – 12.3
ハイペースの持続力勝負。前が競り合った関係で展開の恩恵が大きく、外が伸びるバイアスもプラスだったと思います。恩恵があってのラウダシオンに着差0.2秒差なので、評価としては難しいレース。

基礎スピード不足で先行力もない為、展開待ちのバテ差しでないと届きません。

なので、今回レシステンシアが引っ張る流れは良いと思います。

ですが能力が明らかに足りなく、今回も確実に置いて行かれると思うので追い込み切れないと思います。

こちらを取るなら、似た適性で人気しないであろうアウィルアウェイを上に取りたい。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

サウンドキアラ

スワンS 10着
12.6 – 11.2 – 11.7 – 11.4 – 11.1 – 11.0 – 12.2
スローの持続力勝負。休み明けでしたが斤量54にしては動かなかったと思います。1400mにしては前半流れは遅かったですし、内が荒れていたとはいえ、道中は上手く内を避けており、直線でも特に不利なくサウンドキアラより内にいたメイショウオーパスにラスト交わされています

前走は負荷を掛けない調教で、前哨戦仕上げだったのは明白ですが、馬自体追い切りは動いてましたので、やはり前走内容は評価できない内容でした。

ここで巻き返すにも、ヴィクトリアマイルとは違って今回は牡馬の一級品相手。

能力的に考えて少し厳しいかとは思います。

適性的には、万能型+立ち回り型なので適性は問題ないですし、この手のタイプは切りずらいですが、能力比較と前走評価で今回は難しいという私の判断です。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

サリオス

ダービー 2着
12.6 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.7
スローの瞬発力勝負。枠と若干の出負けから後方競馬。4角でも大外を回す競馬でしたが、ここで2着に追い込めたのは実力ある証拠でしょう。4角位置で前にいたヴェルトライゼンデやガロアクリークには着差離してますし、コントレイルとも上がり3Fで0.1秒差。枠と位置取り次第ではコントレイルと着差詰められたと思います。強い内容でした。
朝日杯 1着
12.2 – 10.5 – 11.1 – 11.6 – 11.8 – 11.8 – 11.6 – 12.4
ハイペースの持続力勝負。 (33.8-35.8)前傾2.0秒を先行し、他の先行馬は壊滅した差し決着をそのまま押し切る強い内容。2着のタイセイビジョンはNHKマイルで不利があっての4着なので、着差0.4秒はかなり破格の内容。

クラッシク路線や相手が手薄だったとはいえ毎日王冠で古馬に大楽勝したあたり、やはり能力は世代では抜けており、条件次第ではコントレイル並みだと思います。

今回レシステンシアのペースが想定されますが、朝日杯をハイペースで押し切っているように、適性は問題ないと思います。

ただし中間に疝痛があったとのことで、天秋を使えなかったあたり理想の調教過程とは違かったと思います。

とはいえ軽傷とのことで、中間内容の動きは問題なく熟せてきていますが、最終追い切りまで強めに負荷を掛けてくるパターンは初めてで、若干急仕上げ感があるのは引っ掛かります。

とは言え追い切りでは動けていますし、本来の状態ならまず上位争い必須な1頭かと思います。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:A

 

 

スカーレットカラー

クイーンS(2019) 2着
12.2 – 11.9 – 12.1 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.5 – 11.1 – 11.9
スローからの持続力勝負。前半落ち着いた関係である程度前にいたカリビアンゴールドとミッキーチャームが1.3着と好走した中、4角10番手から上がり最速で追い込んだのがスカーレットカラー。インでロスを削れた影響もありますが、それにしても後方からぶち抜いたのは強い内容でした。持続力やトップスピードの質という点で適性面高く評価して良いです。
阪神牝馬S 2着
12.3 – 10.8 – 11.4 – 12.0 – 11.9 – 11.2 – 11.7 – 11.6
ミドルペースの瞬発力勝負。中間も流れ前有利の展開を後方15番手から馬郡を割って上がり最速でぶち抜きました。クイーンSと同じくトップスピードの質が求められたレースで前有利を馬郡を割っての2着は非常に強い内容ですし、ヴィクトリアMの2着馬サウンドキアラより斤量1キロ重い状態で、着差0.2秒まで詰められている点も評価できます。

この馬の得意条件はトップスピードの質が問われるレースです。

タイプ的には瞬発力タイプですが、トップスピードの質+持続力が問われるクイーンSを2年連続好走しているので、トップスピード戦になれば瞬発持続戦はどちらも問題なく好走してきます。

なので今回想定されるハイペース戦では基礎スピードが足りず、後半はトップスピード比べとならない点で適性違い。

ピッチ走法で基礎スピードを考えても馬場は渋った方が良く、高速馬場ではこのメンバーで劣るので馬場が鍵。

前走は休み明け+14キロで太目感あったので、叩いた上積みはあると思いますが、相手関係と良馬場条件では推せない一頭です。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

タイセイビジョン

富士S 5着
12.4 – 10.6 – 10.8 – 11.6 – 12.0 – 11.5 – 12.2 – 12.3
ハイペースの持続力勝負。後続はミドルだったので位置取り的には文句なし。マークしたラウダシオンに着差0.4秒は力負けかと思いますし、ラウダシオンより斤量が2キロ軽かった点でも能力差かと思います。

NHKマイルは不利や掛かり通しだったことを踏まえると強い4着ですが、夏越して馬体重が増えていないのは少々気になります。

基礎スピードは足りますが、前走のラウダシオンとの着差はそのまま能力差だと思っているので、馬体重の成長も踏まえ能力不足かと思います。

適性評価:A
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ブラックムーン

ハイペース消耗戦になった中京記念で後方から差し切れず。

着差0.5秒ですが、この相手に結果が出せてない以上能力はまず足りないと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ベステンダンク

マイラーズCで2着と好走していますが、スロー逃げがハマった形で評価はできず。

ここでは基礎スピードが足りないので、能力的にも適性的にも足りないと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ペルシアンナイト

安田記念で基礎スピードが足りなかったように、ここでもまず置いて行かれると思います。

昨年のマイルCSで出遅れながら3着に好走しましたが、この時は京都開催のスロー競馬。

レシステンシアの展開を想定すると距離は短い印象で、中間溜めてこそ力を出せる馬なので、その点でも適性は向かないか。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

メイケイダイハード

中京記念はハイペース戦の消耗戦になり、スタミナ比べになったのがハマった形。

前傾質の京成杯AHで全くだったように、能力や適性は通用しないか。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

ラウダシオン

富士S 2着
12.4 – 10.6 – 10.8 – 11.6 – 12.0 – 11.5 – 12.2 – 12.3
ハイペースの持続力勝負。2頭飛ばして逃げ後続はミドル。離れた3番手を追走する絶好のポジションからラスト伸びての2着。斤量56で古馬と渡り合えた点評価は高いですが、相手関係的には手薄なので格上げ戦で通用するかと問われると、ここを完璧に運んだだけあって難しい。

NHKマイルではレシステンシアを下していますが、この時レシステンシアは桜花賞激走明けで馬体重-6キロ。調教後馬体重500キロから-24キロで重馬場ハイペースの桜花賞明け。

状態面踏まえてもレシステンシアとの上下関係はハッキリしていません。

ただし基礎スピードは足りているため、レシステンシアのペースは問題なく、それはNHKマイルでも証明しているので適性は問題ないと思います。

ただし能力面でここでは足りないと思うので、今回評価は下げました。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

レシステンシア

阪神JF 1着
12.2 – 10.5 – 11.0 – 11.8 – 12.0 – 11.2 – 11.5 – 12.5
ハイペースの持続力勝負。レースの展開を作ったのはレシステンシア。確かに馬場は味方したとは言え、前傾1.5秒で逃げて上がり最速は圧巻です。
チューリップ賞 3着
12.2 – 11.2 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 11.3 – 10.9 – 11.8
スローの瞬発力勝負。このレース内容は同じ逃げでも阪神JFの時と真逆の展開を演出しており、マルターズディオサとクラヴァシュドールにキレ負けしての3着。溜めてキレるタイプではなく、それを試した陣営の意図もあったので、ある意味で収穫のあったレース。

この馬の得意な展開はハイペース逃げからの持続力勝負。

溜めてキレるタイプではないことはチューリップ賞の内容からも明らかなので、今回も速い流れで逃げてくることが想定されます。

NHKマイルは前傾質で逃げラストラウダシオンに交わされますが、道悪ハイペース消耗戦の桜花賞激走明けで馬体重-6キロ。調教後馬体重500キロから-24キロでの輸送競馬で状態はかなり悪かったです。

レース後に骨折(軽傷)が発覚しており、やはり馬のダメージは大きかったと思います。

なのでNHKマイルは度外視可能。

金曜の雨で馬場がどうなっているか分かりませんが、金曜午後から晴れてレースまで晴れが続くので馬場は回復すると思います。

出来れば高速馬場寄りだとこの馬にとって追い風なので、先週に近い馬場状態ならこの馬向きになります。

まだ底を見せていませんし、個人的には桜花賞が良馬場だったらデアリングタクトに逆転まであったと思っているので、能力値の評価はかなり高いです。

今回休み明けでの参戦ですが、中間内容は文句なしで、1週間前追い切りで坂路51.9秒で終いも11.6にまとめられています。

調教後馬体重も514キロで、馬体もしっかり戻りかなり成長してきていますし、追い切りも上記の通り動いてるので休み明けでも問題ないと思ってます。

今回他に逃げたい馬はいませんし、自分のペースに持ち込めれば、一線級でも通用して良い馬だと思います。

また、本質は1400mだと思いますが、阪神マイルなら足りると思っています。

適性評価:S
能力評価:S
総合評価:S

 

ヴァンドギャルド

富士S 1着
12.4 – 10.6 – 10.8 – 11.6 – 12.0 – 11.5 – 12.2 – 12.3
ハイペースの持続力勝負。2頭飛ばして逃げ後続はミドルで差しにはもってこいの条件でした。基本溜めて弾けるタイプなので、その点でもかなり適性条件だったと思います。

基礎スピードが足りず、タイプ的にも溜めて弾ける瞬発力タイプなので適性面では評価できず。

能力比較でもやはり劣るので、適性が高くない以上ここでは厳しいか。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B
>馬ノスケの予想理論を販売中!

馬ノスケの予想理論を販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「映像回顧」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しており、低価格でも中身の詰まった内容を提供しています。

主に初心者~中級者の人向けに、できるだけ分かりやすく作成したので、興味のある方はご検討ください。

CTR IMG