マイルチャンピオンシップ 2019【予想と見解】

お疲れ様です。

今週はマイルチャンピオンシップの予想です。

よろしくお願いします。

1.コース解説

京都芝1600m外回りコース。(今週からCコース)

スタートして3コーナーまで712mと長い向こう正面なので横に広がった先行争いが起こることが多い。その為テンのスピードは速くなる。3コーナー手前から坂を上り入り口が頂上となる。頂上から4コーナーにかけて一気に下り坂、その後直線404mは平坦となっている。3コーナーの上り坂と急なカーブでラップは緩むがそれ以外は淡々と流れるコース形態。

基本内枠の方が数字は高いが外枠からも勝ち馬は出ている。しかし、位置取りでテンのスピードが速くなるので先行馬の外枠は不利という点は抑えておきたい。

マイルCS過去10年の平均ラップ

12.3-10.9-11.4-12.0-11.6-11.4-11.5-11.9

 

また有名な話で「安田記念を好走した馬はマイルCSを凡走する」(逆も然り)ということがあります。実際にこの説はかなり有力なので、予想する際には必要な知識として頭に入れておきましょう。

詳しい解説、考察は以下の記事を参照ください。

マイルCSと安田記念の関係性【連続馬券内は難関】

2.予想と見解

2.予想と見解

この馬のマイルCS適正について考察していきます。

マイラーズC 1着

12.6 – 11.4 – 12.0 – 12.5 – 11.8 – 10.9 – 10.3 – 11.1

ドスローからの瞬発力勝負。ラスト4Fから2度加速ラップを踏んでいるので、適正よりか能力面で圧倒したレース内容と言っていいでしょう。このレースだけで今回の舞台適性は見抜けないと思います。

 

金鯱賞 1着

12.7 – 10.8 – 12.1 – 12.5 – 12.9 – 12.3 – 12.2 – 11.6 – 11.3 – 11.7

スローからの瞬発力勝負。こちらもマイラーズCと似たようなレース内容です。ただ相手は強くリスグラシューに着差0.2秒つけて勝てたことは評価して良いと思います。

 

天皇賞秋 2着

12.8 – 11.4 – 11.5 – 11.6 – 11.7 – 11.6 – 11.3 – 11.1 – 11.3 – 11.9

スローからの持続力勝負。正直持続力勝負はダノンプレミアムの苦手な展開だと思ったのですが、蓋を開けたら強敵抑え2着。勝ち馬のアイ様は次元が違うので負けて強しの内容。

 

この3走でわかったことはスローになれば瞬発力勝負でも持続力勝負でも好位から抜群の末脚を使える点。ではスローじゃないと厳しいのかという点で次のレースを見ていきます。

サウジアラビアRC 1着

12.3 – 10.6 – 11.4 – 11.8 – 12.2 – 11.5 – 11.5 – 11.7

ミドルペースからの瞬発力勝負。番手競馬から直線抜け出しステルヴィオに着差0.3秒と突き放している。ちなみにこのレースで先行勢はダノンプレミアム以外全滅した後方有利の展開です。注目したいのは前後半34.3 – 34.7のやや前傾ラップですが中間11.8-12.2と緩んでいる点です。つまり前傾ラップでも中間が緩めばパフォーマンスは落ちないと予想します。

 

そしてマイルCS過去10年の平均ラップは

12.3-10.9-11.4-12.0-11.6-11.4-11.5-11.9

となっており、前後半ほぼ変わらないラップから持続力勝負の展開となります。そして第3コーナー手前の坂と急カーブで中間ラップが一度緩みます。つまりダノンプレミアムの好走条件に当てはまります。そして今回逃げ馬不在によりスローになる可能性が高く、その点もダノンプレミアムにとって追い風でしょう。加えて右回りは4戦全勝と抜群の右回り適正。

唯一の不安点は天皇賞秋のダメージです。追い切りや馬体からは疲れを感じさせない内容でしたが、2週連続坂路で馬なりなのでいつものパターンではないです。恐らく短いローテをケアした策だとは思います。ここをどう捉えるか。

個人的には問題ないと見ているので、外枠のことを踏まえても連は外さないだろうといった評価です。


◎ ダノンプレミアム

昨年の2着馬で関西圏だと成績が非常に安定する馬です。

東京・中山(0-2-0-7)に比べ京都・阪神(2-2-0-1)と成績が格段に上がる。

マイルCSでは一昨年1着、昨年2着と舞台適性の高さをみせており、適正に関して語ることはないので今年も狙えるのかという視点で近走の成績を考察していきます。

 

金鯱賞 4着

12.7 – 10.8 – 12.1 – 12.5 – 12.9 – 12.3 – 12.2 – 11.6 – 11.3 – 11.7

スローからの瞬発力勝負。直線の追い比べを瞬発力でキレ負けした形です。着差こそ離されましたが、メンバーレベルや海外帰りで前哨戦仕上げだったことを考慮すると、叩き台としては良い内容だったと思います。

 

大阪杯 11着

12.6 – 11.1 – 12.7 – 12.7 – 12.2 – 12.4 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.5

スロー寄りの流れから持続力勝負。叩き2戦目で得意の関西圏と人気を背負いましたが11着と大敗でした。敗因は馬場です。このレースは極端な内枠有利な前残りの展開でした。(先週のエリザベス女王杯のような感じ)ペルシアンナイトは大外を回し直線へ進出。これだけ馬場差があったので外差し組は総潰れでした。直線途中からミルコが追うのをやめたくらいでしたので。

 

札幌記念 5着

12.6 – 11.0 – 12.5 – 12.0 – 11.8 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.2

ミドルからの持続力勝負。2000mでは相手関係的に分が悪かったです。それでも3.4着馬のフィエールマンとワグネリアンに着差0.1秒の5着は十分走れたかと思います。

 

安田記念10着と毎日王冠4着はどちらも似たような展開。特に語る必要はないかと。ここの適正が低かったとみて良いでしょう。ただ毎日王冠でインディチャンプと着差0.1秒で4着なのは適正が低くさからして十分な内容だと思います。

見ての通り今年に入っての敗因が海外帰りの前哨戦や距離、馬場差、関東開催など敗因は明確で、意外にも負けすぎていないので能力面の評価は落としません。

今回は今年の敗因が全て好転するので十分3年連続の馬券内は期待できると思います。


〇 ペルシアンナイト

昨年の3着馬という点で適性はあると判断します。

能力的にも大阪杯の勝馬だったり、その他重賞でも常に掲示板にいる馬なので適正と能力面は評価して良いと思います。しかし、本格的に印を打つとなると前走の天皇賞秋14着は負けすぎなので、ここの因を明確にする必要があります。

天皇賞秋 14着

12.8 – 11.4 – 11.5 – 11.6 – 11.7 – 11.6 – 11.3 – 11.1 – 11.3 – 11.9

中間流れたスローからの持続力勝負。昨年の天皇賞秋も同じようなラップが刻まれその時アルアインは4着でした。なので適正や能力云々が敗因ではありません。答えはレースを見れば明らかでした。枠です。

この時アルアイン8枠16番の大外枠。この馬は先行して持続力で押し切る馬なので先行集団を狙いましたが、ウインブライトが良いスタートを切ったので位置が取れず、向こう正面で脚を使い中団から一気に先行集団に加わります。しかし結局終始大外を回される形となりました。これでは長い直線の東京で持続する余力もありません。敗因はガス欠と判断します。

なので前走の着順に関しては度返しして良いと思いますので能力が落ちたということではないと思います。

また距離適性に関してですが2000m前後を主戦としてるだけあってその辺りがベストだとは思います。しかし、昨年のマイルCSで3着に着ているようにマイルCSのペースに対応できると思います。ただし速いラップで淀みなく流れる東京マイルとかではペースに対応するのは難しいかもしれません。その点京都マイルなら東京よりか緩みますし、今年は逃げ馬不在でスロー寄りになる可能性が高いと思うので今回も上手く対応してくると思います。


▲ アルアイン

穴を開けているのは関西圏。好走した2走を見ていきましょう。

中京記念 2着

12.4 – 11.3 – 11.6 – 11.4 – 11.3 – 11.4 – 11.9 – 12.3

ミドルで流れた消耗戦での好走。後方から持続した脚を伸ばして好走。消耗戦のタフなラップや持続力を評価したいと思います。

 

朝日杯 2着

12.7 – 10.9 – 11.7 – 12.4 – 11.8 – 11.3 – 11.2 – 11.9

ややスロー寄りの瞬発力勝負。インで脚を溜め直線でグランアレグリアを捉えました。このレースはマイルCSと似たようなラップが刻まれており、直線こそ瞬発力よりのレースとなりましたが持続力は中京記念で証明しているので、この2走からマイルCS適性はあると判断しています。

 

またこの2走には共通点があります。それは馬場です。

どちらのレースもタイムは出ていたものの馬場自体は高速馬場ではなく稍タフなパワー馬場でした。先週のエリザベス女王杯の馬場と似たような馬場だと個人的に判断しています。つまりクリノガウディーにとって走りやすい馬場の可能性があります。

馬場やコース適正は高いですが能力は足りないので、前で競馬をしないと厳しいと思います。その点鞍上は藤岡祐介騎手に戻るのはプラスです。この騎手が乗ったときは4走全て先行できているので乗り替わりはプラスと捉え印を打ちます。


△ クリノガウディー

この馬は持続力を活かして前で粘る競馬を得意としています。好走レースを見ていきましょう。

スワンS 3着

12.1 – 10.8 – 11.7 – 11.7 – 11.5 – 11.7 – 11.8

函館記念 1着

12.7 – 11.7 – 11.9 – 11.7 – 11.8 – 11.9 – 12.0 – 12.0 – 11.6 – 12.3

ダービー卿 3着

12.1 – 10.8 – 11.0 – 11.2 – 11.4 – 11.4 – 11.6 – 12.2

この好走した3走の共通点は持続力勝負になった点とラップのアップダウンが少ない点にあります。つまりラップが変動しない淡々と流れるようなレースを持続力で好走している馬なのでこの舞台は合うと思いますし、京都開催は1-1-2-2と適正は高いです。

今回のマイルCSは逃げ馬不在で2枠3番と逃げるには絶好の枠なので、恐らくマイスタイルか隣のグァンチャーレが端をきると予想しています。逃げることさえできればコース形態的にもマイスタイルが得意の展開を作れます。

馬場に関しても先週のエリザベス女王杯が語るように内先行が有利です。加えてCコース替わりで内の痛みも軽減され走りやすくなっています。逃げることができれば残る可能性はあるかと思うので函館記念のようなレースを期待します。

>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG