マイラーズカップ 2020 全頭診断【インディチャンプ以外で総合S評価1頭!】

お疲れ様です。

この記事ではマイラーズCの全頭診断をしていきます。

枠順、追い切り、馬場状態含めた最終予想は当日の朝までに公開します。

併せてLINE@の友達募集しています!

こちらでは無料で平場の推奨馬や買目など配信していますので、下記リンクより是非ご登録お願いします。

友だち追加

 

 

1.コース解説・ラップ分析

こちらの記事で細かくコース解説とラップ分析をしています。

今回はラスト4Fを走りきる持続力が求められ、条件次第では瞬発力も問われるので、その点に注目して予想していきます。

 

 

2.全頭診断

見解に加え、能力・適性を以下の表のように4段階評価で振り分けました。

※枠順や追い切り確認前の評価です

評価の内容総合評価
能力単純な能力評価
適性「距離」「舞台」「馬場」の適性評価
Sメンバー内で抜けていると評価1着まで期待できる
A評価は高いが抜けてはいない馬券内の期待値が高い
B可もなく、不可もなく紐~3列目後補
C低評価消し候補
能力または適性が未知数

 

インディチャンプ

中山記念 4着
12.4 – 11.8 – 11.8 – 11.8 – 11.5 – 11.7 – 11.9 – 11.3 – 12.1
稍スローの瞬発力勝負。最内枠から終始インべたのロスを省いたレース運びで、このとき内先行有利の馬場状態だったことを考えると、内容としては物足りない。休み明け+適性外の1800mが敗因としてありますが、瞬発力勝負よりもスピードを持続力するレースの方が向いてる印象。
マイラーズC(2019) 4着
12.6 – 11.4 – 12.0 – 12.5 – 11.8 – 10.9 – 10.3 – 11.1
ドスロー瞬発力勝負。内先行有利の馬場を内で溜めて直線だすもののキレ負けして4着。前半掛かっていたことを考えると、やはりマイルの平均ペースあたりが合いますね。今回は前半ドスローだったので、この馬に合うのはマイル平均ペースからの持続力勝負だと思います。

凡走した2レースを見てきましたが、スロー瞬発力勝負より平均ペースの持続力勝負のほうが合う印象。

ちなみに勝利した安田記念、マイルCS、東京新聞杯は全て持続力勝負。ピッチ走法ですがマイルまでならスピード+持続力の適性はかなり高いです。

そして重要なのが今回は安田記念の前哨戦だということ。

この馬の前哨戦成績は、マイラーズCを4着、毎日王冠3着と前哨戦らしい結果を残してくる馬ですし、音無厩舎の前哨戦はあくまで前哨戦として来ますから6~7割仕上げ程だと思いますし、

背負い慣れてる58キロとは言え、他馬との斤量差が2キロあるのもどうか。

ただし能力が抜けているので、昨年のような苦手な展開にならなければあっさり勝ち切るまで想定はできます。

適性評価:A
能力評価:S
総合評価:A

 

 

カルヴァリオ

馬齢の関係もあるでしょうが、重賞やリステッドでは全く通用せず能力差がはっきり出ています。

時々着順はまとめていますが、着差はまとめきれていないので評価はできず。

ここでは厳しいかと思います。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

タイムトリップ

タフな京都1400mなら大穴チャンスですが、開幕週の京都1600mでは厳しいかと思います。

能力も足りていないので軽視します。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

フィアーノロマーノ

阪神C 2着
12.3 – 10.5 – 11.1 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.5
前傾ミドルからの持続力勝負。グランアレグリアに着差付けられましたが内容は十分。
阪急杯 2着
12.1 – 10.7 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.6 – 11.9
前傾稍ハイペースの消耗戦。直線で斜行を受けましたが、これがなければ頭まであった手ごたえでした。
マイルCS 13着
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.0 – 11.7
スローの持続力勝負。前有利の展開で逃げるマイスタイルを番手でマークしていたので、ポジション的には絶好の位置取り。凡走した原因は後傾ラップ+舞台適性かと思います。

好走した2走と凡走したマイルCSの内容からこの馬の得意条件は

①前傾ラップ
②持続力or消耗戦(特に後者)
③急坂

この3点なのでこの舞台は合わないと思いますし、舞台が合わないのはマイルCSの内容からも明らかです。

今回は枠と状態次第で3列目までといった評価です。

適性評価:C
能力評価:A
総合評価:B

 

 

ブラックムーン

京都金杯 1着
12.2 – 10.6 – 11.4 – 12.6 – 12.4 – 12.1 – 11.4 – 11.6
ミドルペースの瞬発力勝負。後方に展開が向き上がり最速での勝利。終いの脚は持っているので展開が向けば強い。
マイラーズC(2018) 9着
12.2 – 10.7 – 11.0 – 11.9 – 11.4 – 11.2 – 11.2 – 11.7
ミドルペースの持続力勝負。後方に展開は向きましたが、終始外回しで4角もぶん回したので展開の助けがあっても厳しかったです。
マイルCS 15着
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.0 – 11.7
スローの持続力勝負。上がりは使えていましたが前有利の展開では出番なし。

この馬は出遅れ癖があるのでいつも後方からとなります。なのでまずは後方に展開が向かないと出番はありません

そして持続力よりも瞬発力タイプなので、展開が向いて瞬発力勝負になったときに穴を開ける可能性があります。

具体的には、

①前半ハイ→中間ラップ緩む→瞬発力勝負
②ミドルペース→瞬発力勝負

のどちらかで、且つ差しの届く馬場になれば浮上してくると思いますが、この舞台で②の線は薄いですし、①も今回逃げ馬不在なので前半落ち着く可能性が高いです。

展開読みと馬場次第で印は打とうと思いますが、好走条件が狭すぎるので高い評価はできません。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ベステンダンク

カシオペアS 2着
12.7 – 10.7 – 11.6 – 12.0 – 12.6 – 12.2 – 11.9 – 11.7 – 12.1
前半稍ハイペースの持続力勝負。外差し馬場だったとはいえ大外枠出走から先行し終始外を回されたのは楽ではなかったはず。4角も4頭分外を回し粘りの2着は評価できる内容です。相手関係も中山金杯3着のテリトーリアルに負けたものの、関屋記念3着のソーグリッタリングや愛知杯1着のデンコウアンジュに先着する内容で評価が高い。
小倉日経 2着
12.5 – 11.1 – 12.0 – 11.7 – 11.6 – 11.7 – 11.9 – 11.6 – 12.3
ミドルペースの持続力勝負。単騎逃げでラストアロハリリーに交わされるも、粘って後続は抜かせなかった内容。強い内容ではありませんが単騎逃げで自分のペースを作れるのは大きいと思いました。

この2走からこの馬の得意条件はミドルペースからの持続力勝負。

持続力が要求されやすいこの舞台の適性は高いと思います。

また今回逃げ馬不在なので、小倉日経で見せたように今回も単騎逃げで自分の得意な展開に持ち込めればチャンスはあると思います。

開幕週の馬場も味方しますし、内枠引いたら高い評価まで考えてます。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:B

 

 

ランスオブプラーナ

毎日杯 1着
12.9 – 11.5 – 12.1 – 12.2 – 12.0 – 12.2 – 11.2 – 11.2 – 11.9
ドスローの瞬発力勝負。この展開で単騎逃げできた故の好走なので評価はできない内容です。そしてこのレースから良績がパタリと止まります。
カシオペアS 9着
12.7 – 10.7 – 11.6 – 12.0 – 12.6 – 12.2 – 11.9 – 11.7 – 12.1
前半稍ハイペースの持続力勝負。前有利の展開でしたが前半のペースを番手に付けたので後半響きました。ただし、ランスオブプラーナよりも前半脚を使い先行したカフェブリッツに先着されていますから、ここは能力差が出た印象。

3歳時はスロー楽逃げorスロー先行競馬で成績はまとめてきましたが、やはりレベルが上がると楽に競馬させてもらえない関係で能力相応の成績になっていると思います。

今回逃げ馬不在なので、単騎スロー逃げからの瞬発力勝負(昨年のマイラーズCの展開)になれば、馬場の恩恵込みで残す可能性はありますが、ペースが例年くらい流れたら持続力という点で厳しいかと思います。

ただ単騎逃げできる可能性はまあまああるので、完全軽視は少し怖いです。

適性評価:B
能力評価:C
総合評価:B

 

 

リコーワルサー

芝馬ではないと思うのでここは軽視します。

適性評価:C
能力評価:C
総合評価:C

 

 

レッドヴェイロン

紅葉特別(3勝クラス) 1着
12.2 – 10.4 – 10.7 – 11.4 – 12.1 – 11.9 – 11.6 – 11.7
ハイペースの持続力勝負。この時着差なし2着のモズダディーはその後3勝クラスを勝ち上がったものの、京都金杯で5人気11着と大敗しており、着差なし3着のアントリューズは3勝クラスをまだ勝ち上がれていない。一番重い斤量を背負っていたので評価はして良いが、レースレベルや展開利を考えると評価は難しい。
東京新聞杯 9着
12.4 – 10.9 – 11.4 – 11.6 – 11.8 – 11.5 – 11.6 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。前有利の馬場状態だったので後方待機のこの馬は上がり3位を使えていますが出番なく終わりました。このレースのメンバーレベルは高かったので、着順ほど悲観する内容ではない。

爆発的な末脚を持っているタイプではないですが、どんな展開からでも中団から終いの脚を活かせる馬です。故に成績が安定しているものと思います。

こういう馬は先行できれば能力上位相手でもそれなりに通用しますが、スタートが速い方ではないのでその点マイナス。

持続力はあるので舞台が合わないわけではないですが、展開的に前有利の線が濃いので、前走のように位置取りの差で届かないことは想定できます。

ただし先行できれば上位争い可能だと思うので抑える必要はあるかと思います。

適性評価:B
能力評価:B
総合評価:B

 

 

 

ロードクエスト

関屋記念 6着
12.6 – 10.9 – 11.2 – 11.8 – 11.5 – 11.8 – 10.8 – 11.5
稍スローの瞬発力勝負。6着と敗れていますが勝馬と着差0.3秒で上がり最速を使えているので、そこまで負けてはいない。

出遅れ癖があり終いの脚を使えるタイプなので、直線が長い舞台で展開が向けば一発は警戒ですが京都の舞台ではどうか。

また瞬発力勝負でこそチャンスがあると思うので、ここでは厳しいと思います。

仮に瞬発力勝負になるとしたら、コースレイアウト的に前半ドスローにならないと瞬発力勝負にはなりません。前半ドスローだと後方は出番なしだと思うので、今回は厳しいと思います。

適性評価:C
能力評価:B
総合評価:C

 

 

 

ヴァルディゼール

洛陽S 1着
12.3 – 11.1 – 11.5 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 11.3 – 12.1
ミドルペースの持続力勝負。前有利の展開で直線入り口で先頭で並んだカリビアンゴールド、アストラエンブレムの後ろから楽々差し切り快勝。内容や持続力という点でも評価の高い1戦でした。

そもそも京都は(3-0-0-1)得意舞台で、負けたカシオペアSは前有利の展開を出遅れ+終始大外回しだったので敗因は明確。

ただしコテコテの瞬発力勝負になったアーリントンCで相手になりませんでしたから、昨年のようなドスロー瞬発力勝負になったら厳しくなります。

あとはスタートが重要になります。ゲートは上手い方ではないのでしっかり中団に付けて例年通りの持続力勝負になれば上位争い可能かと思います。

適性評価:A
能力評価:B
総合評価:A

 

 

ヴァンドギャルド

東京新聞杯 6着
12.4 – 10.9 – 11.4 – 11.6 – 11.8 – 11.5 – 11.6 – 11.8
ミドルペースの持続力勝負。痛恨の出遅れからポジションを取りにいった関係で前半脚を使い、枠に助けられ直線の入りはスムーズでしたが、直線途中で進路カットされ外へ出すロス。ただ脚色は衰えず着差0.2秒の6着で相手関係もハイレベルだったので評価の高い内容です。
三年坂特別 1着
12.3 – 11.2 – 11.6 – 12.0 – 11.9 – 11.2 – 11.8 – 11.7
ミドルペースの瞬発力勝負。相手関係は弱かったが上がり最速で着差0.4の快勝。何より京都マイルの瞬発力勝負に対応できた点は高評価。

この馬は瞬発持続共に対応できるバランスタイプだと思います。馬場に関しても高速馬場からタフな馬場まで幅広く対応可能。

前走は出遅れと進路カットがなければ、ハイレベルなメンバーで勝ち負けしていた内容なので能力の裏付けも十分とれます。

先行して上がりが使える点も評価できるので、インディチャンプ不発前提で出遅れさえなければ勝ち負けできると思います。

適性評価:S
能力評価:A
総合評価:S
>馬ノスケの予想理論を格安で販売中!

馬ノスケの予想理論を格安で販売中!


競馬予想においてその予想ファクターは人それぞれです。
私は主に「ラップ」「展開」「馬場」「レース歴とその内容」などから各馬適性や能力を判断し予想しています。

その私の予想理論をnoteにて販売しております。
価格も負担になりにくい税抜きワンコイン以内で設定し、中身の詰まった内容をお届けしています。

主に初心者~中級者へ向けた、競馬予想における回収率向上を目的とした内容となっていますので、興味のある方はご検討いただけると幸いです。

CTR IMG